2016年11月29日(火) 更新

ロームが行っている取り組みと気になる評判

ロームは主に機械部品の開発を行っている

ロームの主な事業内容は機械部品の開発事業です。ICメモリやモジュール、半導体素子などの機械部品は、スマートフォンやパソコンの組み立て時に用いられるものです。また、LEDディスプレイの開発もおこなっており、テレビやゲーム、電子掲示板などの用途で幅広く使用されています。今後はさらに技術を向上させて新たな機械部品の開発をおこなっていくでしょう。

半導体素子の販売が低調により業績は減収減益

ロームの近年の業績を見てみると、今期は減収減益となっています。テレビに使用される半導体素子の販売が低調になってきているのが業績を下押しした一つの要因といえるでしょう。ただ、国内外問わずにスマートフォンとタブレット向けの機械部品の受注は年々増えていますので、今後はこちらを主力にして業績挽回を狙っています。

ロームは医療とヘルスケア部門の強化に取り組んでいる

ロームの最近の都取り組みとして顕著にみられるのが、医療とヘルスケア部門の強化です。従来は自社の技術を家電製品や情報機器といった分野で活かしてきましたが、最近は医療器にもその技術を応用させています。例えば、CTスキャナや血圧計、デジタル聴診器の組み立てに用いられる電子部品の開発を医療器メーカーと協力しておこなっています。

CSR活動として音楽を通じた教育活動を行っている

ロームがCSR活動として取り組んでいるのが、音楽を通じた教育活動です。自社が独自に設立した音楽団体を通じて、音楽を学ぶ学生に奨学金を給付しているのです。これに加えて音楽の研究や発展に寄与する人には助成もおこなっています。また、自社の社員とその家族を対象にしてクラシックに親しんでもらおうと、音楽セミナーやクラシック音楽界を開催して音楽界の振興にも一役買っています。

ロームは製品の開発技術を向上させる取り組みが評判

ロームの評判として多く聞かれる意見が、製品の開発技術を向上させる取り組みについてです。ロームの扱っているモジュールや半導体素子などの電子部品は、家電製品や医療機器などの組み立て時に必須のパーツとなっています。そのため新しいハードウェアが出てきた時のために、資格取得や研修などの実施で社員の技術向上をバックアップしています。

理想的な社員は電子部品の取扱い方法や知識が豊富な人

ロームの開発・製造している電子部品は、小型でかつ繊細なものばかりです。そのため電子部品の取扱い方法や用途についての知識が豊富な人が理想の社員像といえます。それぞれの電子部品をどのような機器に搭載するのか、安全面や耐久性に問題ないのかを開発の段階でしっかり把握して、次の製造に繋げていかなければなりません。

機械部品の開発を展開するロームは技術を向上させる取り組みが評判

ロームは、モジュールや半導体素子といった電子部品の開発を手掛けている企業です。このような電子部品は、テレビやDVDレコーダーなどの家電の他にもスマートフォンやタブレットといった情報機器の組み立て時にも使用されます。また、近年はこの開発技術を活かして、医療機器に使用する電子部品の開発にも力を入れています。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント