2020年06月30日(火) 更新

大阪ガスを受ける就活生が知るべき業務内容と労働時間

大阪ガスの労働環境について①:事業内容

大阪ガスの労働環境について、初めに事業内容を見ていきます。大阪ガスは、天然ガスをはじめとしたエネルギー事業を中心に展開しています。そのほか、豊かな暮らしの創造と地域社会の発展を目指す事業を幅広く展開しています。

もっと詳しく業界研究をする

インフラの中でも電力、ガス、石油といったエネルギー業界で働きたいという就活生は、エネルギー業界の仕組みや各企業について把握することが大切です。業績推移や各社の強みを知っておくことで、「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。そこでおすすめなのが「エネルギー業界大研究Book」です。今後の課題や展望についても把握しておきましょう。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

IRからわかる会社の状況

IR情報から分かる大阪ガスの状況について解説します。「有価証券報告書」によると、第198期第3四半期の売上は944,798(単位:百万円)で、当期純利益は73,901に対し第199期第3四半期の売上は807,406で、当期純利益は39,448、と業績は減少の傾向にあるようです。ガス事業で原料費調整制度により、都市ガスの販売単価が低めに推移し、売上の減少につながったようです。ガス事業だけでなくLPG・電力・その他・海外のエネルギー事業の売上も、減少しています。

職種ごとの業務内容を把握しよう

それでは、大阪ガスの業務内容を職種別に分けて見ていきましょう。業務内容として、以下のような例が挙げられます。また、このほかにも様々な仕事や業務内容があります。東北ガスでは、ゼネラル/スペシャリストコース(総合職)と、プロフェッショナルコース(プロフェッショナル職)があります。簡単な内訳は、以下のようなものです。

総合職:事務系・技術系
プロフェッショナル職:営業・メンテナンス・施工管理

ゼネラル/スペシャリストコース各部の業務内容の例

◆商品技術開発部
マシンの頭脳である電装基板の、開発時の設計検証、発売後の品質管理を行う。

◆財務部
市場リスク(原油・LNG等コモディティの価格変動リスク、為替変動リスク、金利変動リスク)を統合的に管理し、デリバティブ(金融派生商品)を用いて全社の収支変動を抑制する。
あるときはアナリスト、ある時は社内コンサルタントとして、大阪ガスが展開する事業を成功に導く。

◆導管事業部 計画部
ガスを安全・確実・安価に顧客に提供するため、ガス工事の品質向上、コスト低減に向けた取り組みを行う。

◆広報部
社会と会社をつなぐ窓口として、新聞、TV、雑誌などのメディアに対して、新商品やサービス、新会社設立などの発表や取材対応などを行う。

◆資源・海外事業部 資源トレーディング部
新規LNG船の技術仕様の検討に携わる。燃費の改善は大きなコスト削減につながる

◆エンジニアリング部
電力事業を支えるコンピュータシステムの開発、監理業務を行う。
また、LNGタンクの設計業務なども行う。

◆情報通信部
エネルギー消費データを分析・活用することで、新しいサービスや施策を検討し、提案・開発を行う。

◆ガス製造・発電事業部 発電部
新規火力発電所の建設を実現するために、発電所のコンセプト、規模、レイアウトなどの基本計画の策定や、技術的な課題を検討する。

◆ガス製造・発電事業部 計画部
都市ガス製造工場の操業・収支管理・対外調整を担当しながら、将来需要を見越した設備計画や、ガスシステム改革後の施策立案など、製造所の未来像を描く仕事をする。

◆エネルギー事業部 京滋エネルギー営業部
エネルギーの安定供給を実現するため、ガスを利用した分散型エネルギーシステムの提案を行う。

◆導管事業部 京滋導管部
ガス導管の新設工事や入替工事を、安全、安心、安価に行うための工事設計と折衝業務を行う。

プロフェッショナルコース各部の業務内容の例

◆エネルギー事業部 南部エネルギー営業部
産業用分野で、工業用設備のメンテナンス業務を行う。
工場の顧客に対して、エネルギーソリューションの提案営業を行う。

◆エネルギー事業部 大阪エネルギー営業部
大阪市内を中心とした病院や福祉施設を主な顧客とし、ガス機器だけでなく、総合的な省エネ提案を行う。

◆リビング事業部 法人第1営業部
新築戸建住宅に多くのガス機器を採用してもらうために、日々の営業活動や、キャンペーンの企画、商品勉強会の実施、提案資料の作成などを行う。

◆リビング事業部 法人第2営業部
新築一戸建てを建築する地場の工務店に対して、エコウィルや床暖房、浴室暖房乾燥機などのガス機器を提案する。

◆リビング事業部 地域開発営業部
一般家庭の顧客へ、新しく都市ガスを導入してもらうための営業を行う。

大阪ガスの労働環境について②:労働時間

続いて、大阪ガスの労働時間についてご紹介します。大阪ガスの勤務時間は、9時~17時40分となっています。また、一部ではフレックス制も導入していますから、しっかりと確認しておきましょう。

大阪ガスの年間休日は122日

大阪ガスの休日・休暇制度についても見ておきましょう。大阪ガスの年間休日は、122日となっています。土曜日、日曜日、祝日、年末年始などが休日となります。また、夏期休暇、育児休暇、ボランティア休暇、裁判員制度休暇などがあるほか、有給休暇は15~20日付与されます。年次有給休暇制度は事前の申請が必要なので、会社規定を把握してから申請しましょう。

大阪ガスの労働環境について③:残業時間

大阪ガスの労働時間の次は、残業時間を見ていきましょう。大阪ガスの残業時間は、職種によって異なります。また、繁忙期と閑散期の差もあるようです。配属される職種がどのくらい残業しているのか、労働時間と合わせて確認できると良いですね。

大阪ガスの業務内容はガス・エネルギー事業に携わるものが中心で労働時間は職種によって異なる

大阪ガス株式会社の業務内容と労働環境、労働時間についてご紹介しました。就活生は、この業務内容やガス業界の一般的な労働環境を知り、エントリーしましょう。大阪ガスの業務内容はガス・エネルギー事業に携わるものが中心で、新しいガス機器の営業なども行っています。残業時間は、繁忙期と閑散期で差が大きくなるといった声もあります。
このような業務内容や業界の研究は、志望動機やエントリーシートにも役立ちますので、エントリー前に把握する必要があります。入社後のミスマッチを防ぐためにも、労働時間や業務内容をしっかり把握しておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント