2019年09月19日(木) 更新

歯科技工士の採用に有利な履歴書を書くポイントとその例文

履歴書には義歯を作れるだけの手先の器用さを書く

歯科技工士は、患者の大切な歯の代わりとなる義歯を作り上げる仕事です。精密に作り上げなくてはいけないので、履歴書や職務経歴書では「手先の器用さ」をアピールするのがポイントだと言えます。して求められるのは、まず手先の器用さです。非常に細かい作業になりますので、手先が器用でなければ患者に合った義歯を作れないでしょう。もちろん、口腔、歯科全般に関わる知識が前提となります。歯科技工士を目指すなら、履歴書の志望動機に手先の器用さを書くのがおすすめです。

器用さを身に着けるまでの努力もアピールできる

ただし、履歴書に嘘を書いてはいけません。歯科技工士に必要な手先の器用さを身に着けるには、歯科技工士の養成校で行われる授業や実習で学び、努力を続けることが大切です。元々は手先が器用でなくても、先生のアドバイスなどを参考にすれば仕事に必要なレベルの器用さを身に着けられるでしょう。そういった歯科技工士を目指すまでの努力を履歴書でアピールするのもおすすめです。

履歴書は基本的なルールやマナーを守る

履歴書を作成する際は、誤字脱字に気を付けること以外にも基本的なルールやマナーを守る必要があります。履歴書には細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか作成前後にチェックすることが大切です。そこでぜひ活用したいのが「履歴書作成マニュアル」です。無料でGETできるので、履歴書の書き方に悩んでいる就活生におすすめです。実際に履歴書を作成する際のお手本としても、持っておいて損はありません。

コミュニケーション能力のアピールも履歴書を書くポイント

歯科技工士には義歯を作り上げる手先の器用さだけでなく、コミュニケーション能力も求められます。したがって、履歴書にはコミュニケーション能力についても触れておくと良いでしょう。義歯を作り上げるには、患者の歯にどんな問題があるのかを把握していなければ難しいと言えます。歯科技工所、歯科医院、関連企業に就職したとしても職場の人との連携が必要です。人とのコミュニケーションが好き、得意である点は歯科技工士の選考において有利になるでしょう。履歴書の志望動機やアピール欄に書くのがおすすめです。

志望動機の例文①

『歯科技工士は患者が楽しく「食」を楽しむためにも、大切な存在だと考えます。目立つ仕事ではないかもしれませんが、「歯」を作ることで多くの患者の手助けをしたいと考えています。学生時代は、歯科技工士として精密な作業をできるように努力しました。仕事ではその知識や技術、ボランティア活動を通して学んだコミュニケーション能力を活かしたいです。』

履歴書には「なぜそこで働きたいのか」を明確に記載する

歯科技工士を目指すなら、履歴書になぜそこで働きたいのかを明確に書きましょう。歯科技工士の主な就職先には、歯科技工所、病院、関連企業があると言えます。歯科技工所や病院によって、重視していることや求める人材は異なると言えるでしょう。履歴書では共感したポイント、魅力的に感じたことを書くのが大事です。

志望動機の例文②

『私は貴所(貴医院)の歯科技工の分野における技術を追求する姿勢に共感し、その仕事に携わりたいと思いました。私は手先の器用さには自信があり、多くの患者様が幸せになるような「歯」を作りたいです。学生時代で得た知識や技術、コミュニケーション能力を活かして、貴所(貴医院)で高い技術力を持った歯科技工士になりたいと考えております。』

歯科技工士の履歴書にはコミュニケーション能力や会社や病院を選んだ理由を書こう

歯科技工士として採用されるには、履歴書や職務経歴書の書き方が重要です。履歴書の志望動機には、手先の器用さ、コミュニケーション能力の高さ、なぜそこで働きたいのかを書くのがポイントだと言えます。自分に合った歯科技工所や病院を見つけ、歯科技工士として仕事できるようにポイントを参考にしてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント