2017年07月14日(金) 更新

【環境コンサルタントとは】志望するなら知っておきたい仕事内容・年収・適性を徹底解説~志望動機の例アリ~

環境コンサルタントのイメージとは?

キャリアパーク会員の就活生を対象に「環境コンサルタントと聞いてどのような仕事をイメージしますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の声

  • 環境整備
  • 有毒ガス削減
  • 環境を整備する人
  • エコな社会の実現
  • 環境問題に取り組む

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「環境コンサルタントと聞いてどのような仕事をイメージしますか?」

環境コンサルタントと聞いてどんな仕事をイメージするか、というアンケートに対して、多くの就活生が「環境整備」や「環境問題に取り組む」などの回答をしています。環境コンサルタントという仕事自体、初めて聞いたという人もいるでしょう。そんな環境コンサルタントとは、どういった仕事なのでしょうか。本記事では環境コンサルタントがどういった仕事をしていて、就職するために必要なスキルや知識には何があるのかなどをご紹介したいと思います。

PR

コンサル業界の「基本+α」を理解!マッキンゼー、ボストンコンサルティングのES・面接対策に使える業界研究ガイド

選考突破を確実なものにするためには、どれだけ業界研究しているかが重要!実際、業界研究の精度が高いほど、ESや面接での言葉に説得力が増すもの。そこでコンサル業界の「基本+α」が理解できる業界研究ガイドをご紹介!この1冊を読んでおけば、マッキンゼー、ボストンコンサルティングなどの選考を通過する確率もグンと上がるでしょう。

業界研究をする!

環境コンサルタントとは専門知識を持った人や企業

仕事内容や年収などを見ていく前に、そもそも「環境コンサルタント」とはどういった職業なのかについて、把握しておきましょう。環境コンサルタントとは、環境保全に関する専門知識を持った人や企業のことを指します。環境コンサルタントは、環境への影響を調査し、評価もおこなう専門知識の必要な仕事なのです。

主要な業種としては6つ

環境コンサルタントにおける主要な業種としては、6つあります。それぞれ業務内容は違いますが、いずれも環境保全に全力を尽くしている業種といえるでしょう。

主な業種

・建設
・アセスメント
・法規制
・CSR
・カーボンオフセット/排出権取引
・廃棄物

年収658万円ほどの環境コンサルタント会社もある

環境コンサルタントを手掛けている【いであ株式会社】の四季報を見てみると、年収は658万円というデータがあります。もちろん年齢や経験などで差はあるかかもしれませんが、比較的高い年収だといえるのではないでしょうか。

環境コンサルタントの需要は高まってきている

地球温暖化が進んでいるといわれている昨今、環境保全への意識の高まりは著しいといえます。平成28年5月13日に閣議決定された地球温暖化対策計画によると、2030年までに温室効果ガスを2013年度比26.0%の水準にすることになっているのです。こうした対策を受け、企業としても環境保全に取り組む姿勢が見られるようになりました。

CSRとして環境保全に注力する企業が増えた

CSRとは、企業の社会的責任のことです。代表的な会社でいえば、ソフトバンクグループや株式会社クボタなど大手の企業が、社会的責任として環境保全に取り組んでいます。こうしたCSRとして環境保全に取り組む企業が増えてきたのが、環境コンサルタントの需要を高めている1つの理由かもしれません。

環境コンサルタントの仕事内容は多岐に渡る

一般的に環境コンサルタントとはどのような職種なのか、具体的にどのような業務をするのかなどの知識を持っておきましょう。
環境コンサルタントとは、環境保全に関する専門的な知識を用いて、企業や自治体の活動をサポートする役割を担っています。大気、水質、騒音などさまざまな観点から調査・分析を行い、環境保全に関する対策を立案します。他にも、セミナーや経営支援などを行う企業もあり、環境保全には欠かせない役割だといえるでしょう。

生態調査に取り組んでいる企業もある

また、会社として生態調査などに取り組んでいる企業もあります。生態調査では、陸上や海中生物の生態を調査して、保全対策や復元などをおこなうのです。温室効果ガスの増加などにより、陸や海に住む生き物に悪影響があるのも問題となっています。そのため、環境コンサルタントを手掛ける会社で生態を調査し、保全や必要があれば復元の施策を練るのです。

環境コンサルタントになる方法

環境コンサルタントになるのに、必須といえる資格は現段階ではありません。しかし、環境コンサルタントはお客様の質問などにプロとして答えなければならないため、それ相応の知識は必要になるでしょう。会社に入社して、経験を積んでからお客様の前に出るケースがほとんどです。 また、経験はもちろんですが知識や情報が必要な仕事内容のため、入社してからも勉強は必要だといえるでしょう。

資格取得をしていた方が印象が良い

環境コンサルタントになるのに必須の資格はありませんが、取得しておくのが望ましい資格はあります。なかでも技術士やビオトープ管理士、技術士補や測量士補などは取得しておいて損はないでしょう。また、取得しておいた方がよい資格は、自分が進みたい分野によっても違いが出てくるものです。したがって、どういった分野で環境コンサルタントとして活躍したいかを明確にしてから、資格取得に取り組んでみてください。

キャリアアップするならさらなる資格取得がおすすめ

環境コンサルタントのキャリアアップには、具体的にどのようなステップがあり、どのような基礎が必要となるものなのでしょうか。
環境コンサルタントとしてキャリアアップをしたいのなら、まずは資格を取得するべきです。環境コンサルタントと一口で言っても、その働き方はさまざまです。自分の目指す働き方にあった資格を取得するといいでしょう。環境コンサルタントとして取得する資格の中では、自然環境調査資格や環境アセスメント調査資格などが挙げられます。

長く働き経験と知識を身につけるのも大切

もちろん、資格を取得するだけではキャリアアップは難しいでしょう。コンサルティング業というのは、企業や自治体にプロとしてアドバイスするのが仕事になります。そのために必要なものは、豊富な知識量です。豊富な知識を身につけるためには経験を積むのが一番でしょう。クライントが満足できるような提案を行えるようにならなければ、コンサルタントとしてのキャリアアップは難しいかもしれません。

キャリアアップとして海外でも働ける会社もある

会社によっては、海外に事業を展開しているところもあります。そのため、キャリアアップとして海外で働ける可能性もあるのです。そうなると、通常のビジネス会話だけではなく、専門的な用語も外国語で話さなければなりません。そのため、高い語学力が必要になる可能性がありますので、将来海外で活躍したいと考えている人は、今のうちから勉強しておくとよいでしょう。

環境コンサルタントは体力に自信がある人におすすめ

環境コンサルタントは、体力に自信がある人におすすめといえます。環境コンサルタントの仕事内容には、実地での調査なども多くあるため、体力がある人の方がよいのです。また、分析などを含む調査は、結果がすぐに出るとは限りません。そのため、根気も必要といえるでしょう。 そしてもちろん、環境問題を解決したいという目標がなければ環境コンサルタントは務まりません。

コミュニケーション能力も必要不可欠

コンサルタント業には豊富な知識が欠かせませんが、それを活かすためにはコミュニケーション能力も必要になります。クライアントがどのような要望を持っているのか、ニーズを把握するためには話し合いは不可欠ですよね。コミュニケーションを取るのが得意な人は、環境コンサルタントに向いているといえるでしょう。

環境コンサルタントになるための志望動機の例

では最後に、環境コンサルタントになるための志望動機の例を見ていきたいと思います。

例文

貴社の説明会に参加した際、貴社の環境保全に対する熱意と海外での活躍を拝見した際に感銘を受けたのが志望理由です。私は学生時代、環境保全のボランティア活動を通して、将来は環境保全に関する仕事がしたいと考えるようになりました。将来的に海外で環境コンサルタントとして活躍したいと考えているため、学生時代に学んだ知識と資格を活かしながら、貴社の徹底した教育のもと技術やスキルを積み、社会に貢献していきたいと思います。

環境コンサルタントとは専門知識を持った人や企業!需要は比較的高く勉強と体力が必要

環境コンサルタントについて、仕事内容や年収、志望動機の例などをご紹介しました。環境コンサルタントとは、環境保全に関する知識を持った人や企業のことを指します。また、環境問題が深刻化している昨今、環境コンサルタントの需要は高まっているといえるでしょう。環境コンサルタントになるには、資格を取得しておくのをおすすめします。必須ではありませんが、仕事で経験を積んでいく上で必要になるため、取得しておいて損はありません。

マッキンゼー、ボストンコンサルティングのES・面接を突破する業界研究マニュアル

マッキンゼーに受かる人はやっている 

業界研究はなぜ大切なのか。それはズバリ、人事側がそこを採用の軸に置いているからです。業界研究が浅い就活生は志望度が低い、熱意が足りないと判断されます。
マッキンゼー、ボストンコンサルティングのような人気企業から内定を取りたいなら、充実した業界研究を。

業界研究をする!

関連コラム

このコラムに近いイベント

【人気/上場企業の参加実績あり】最短2回!複数社の内定を狙えるイベント「job commit」
  • 2018年卒
  • 就活セミナー

【人気/上場企業の参加実績あり】最短2回!複数社の内定を狙えるイベント「job commit」

  • 開催場所: 東京都, 神奈川県
  • 開催日時:  2016.11.28 13:20 ...

2018卒の就活は、今まさに本番。今回紹介する内定直結型イベント「ジョブコミット」は、最短でイベント当日に「内定」の獲得が可能です!

192795 view

【少人数限定】たったの90分であなたの面接を徹底分析できる、面接対策×企業紹介イベント
  • 2018年卒
  • 就活セミナー

【少人数限定】たったの90分であなたの面接を徹底分析できる、面接対策×企業紹介イベント

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2017.04.12 09:30 ...

18卒のみなさんへ、就活生に様々なサービスを提供するBEYOND CAFEが開催している、模擬面接会をご紹介します。あなたの志望企業や選考ステップに合わせた想定模擬面接を実施してくれるので、これから本格化する面接選考に向けて、有益な訓練になるでしょう!

6533 view

就活早期に、自分の仕事の軸を『発見』する。4DaysサマーインターンDISCOVER!
  • 2019年卒
  • インターン説明会

就活早期に、自分の仕事の軸を『発見』する。4DaysサマーインターンDISCOVER!

  • 開催場所: 東京都, 大阪府
  • 開催日時:  2017.06.16 12:00 ...

人の心を動かす極意を学び、就活を勝ち抜く。チームで高度な課題の解決に挑む、3泊4日の宿泊型インターン!

7383 view

もっと見る

おすすめの就活イベント

すでに100,000人以上の就活生が活用しています!
D5f9063995506d2f