2019年06月20日(木) 更新

面接で志望動機を効果的に伝えるポイント|業界別の例文10選付き

志望動機は選考において必ず聞かれる質問

志望動機は、就活の選考において必ずと言っていいほど聞かれる定番の質問です。必ず聞かれる質問であるため、選考に臨むにあたっては質問の回答をしっかりと考えておくべきです。

ここでは、面接でより有利に進められるよう、自分の志望動機を企業に伝えるためのコツについて解説します。この記事を参考に、自分の就職への思いを正しく企業に伝えていきましょう。

志望動機を聞かれる理由

入社意欲を確認するため

会社が採用したいと思う人材とは、能力がある人や、仕事への熱意がある人です。その企業への志望度が高く、熱意がある人は、採用後もモチベーションを維持しながら仕事に取り組み、活躍してくれると考える面接官は多いでしょう。

面接で就活生に志望動機を聞くことで、その人がどれだけ入社への熱意を持っているかが分かります。企業への入社意欲や仕事に対するやる気を確認したいという意図があるため、面接官は志望動機について質問するのです。

企業についてどのくらい調べているのかも入社意欲につながる

就活生がどれだけ企業についてを理解しているのかも、入社意欲に表れます。志望度が低い企業であれば、そこまで時間をかけて企業研究はしないでしょう。

同じ業界でも他社との差別化や、企業理念など企業研究がしっかりとできていると、志望度が高いと思われます。

自社と人柄のマッチ度

会社にはそれぞれ特徴があります。業務内容だけでなく、社風や社員の人柄は、会社によってさまざまです。

面接官は、応募者と自社の特徴が合うかどうかを判断し、ミスマッチを防がなければなりません。入社後にミスマッチが発覚すると、新入社員が早々に退職してしまう危険性があります。採用した人材に活躍してもらうためにも、志望動機からも就活生が自社の雰囲気・方向性に合うかどうかを見ているのです。

志望動機ではなぜその企業でなくてはいけないのか述べる

「業界の中でも、なぜこの企業でなければならないのか」という点をしっかり伝えることで、志望度の高さがアピールできます。その点が伝わらないと、面接官に、「同じ業種や職種であればどこでもいいのだろう」と思われてしまうでしょう。

企業研究をしっかりおこない、「その企業に関心を持った理由」「その企業にしかないもの 」「会社説明会の印象 」などを挙げ、その会社でなければならない理由を伝えましょう。

根拠のない内容は志望度が低いと思われる

志望動機の内容によっては、企業が聞いた時に「この人はウチの会社への志望度が低いのだろうな」と思われてしまうこともあります。特に、内容に根拠がないと感じられる場合は、志望度が低いと捉えられがちです。

例えばIT企業への就職を目指していて、志望動機に「パソコンを触るのが好きだから」と述べるとします。パソコンに触ることは、特定の企業や業界でなくても、どこでも通じる動機なので、根拠が薄い内容になってしまうのです。

こういった内容は他社でもいいと思われやすく、志望動機作成に重要でもある企業研究自体浅いと思われがちです。
きっかけは例に挙げたように「パソコンを触るのが好き」だとしても、志望動機の場合は「志望企業でなくてはいけない理由」をアピールしましょう。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。

面接で志望動機を効果的に伝えるポイント

話す時間は1~2分

面接で志望動機を述べるときは、長すぎず短すぎない時間でおさまるようにしましょう。

短いと志望度が低いと思われる可能性があり、長いと話がまとまらずに何が伝えたいのか分からなくなるおそれがあります。話す時間は1~2分、長くても3分以内を意識してください。

結論から伝える

志望動機の内容がよくても、だらだらと話してしまっては意味がありません。相手に言いたいことを伝えるには、結論を先に述べることが効果的です。結論を話したあとに理由を述べることで論理的になり、面接官に内容が伝わりやすくなります。

面接では履歴書よりも具体的に述べる

履歴書に記載する志望動機は、面接でも高い確率で「志望動機を教えてください」と聞かれます。履歴書に記載してある内容と全く同じように、伝えれば言い訳ではありません。

志望動機は、履歴書に記載しているよりも具体的に、そして棒読みではなく表情を付けて伝えましょう。履歴書に記載している内容をそのまま伝えると、面接官からは「それは履歴書に書いてあるからわかっている」と思われかねません。履歴書には記載できなかった、出来事における自分の考えなども合わせて述べましょう。

正しい言葉遣いを意識する

面接では、企業のことは「御社」と言いましょう。自分のことは「わたくし」と言うのが適切です。

緊張すると言葉遣いに自信が持てなくなるかもしれませんが、「です」「ます」を使うように心掛けておきましょう。「~でぇ」や「~でしたぁ」など語尾を伸ばすような話し方は、マイナスの印象を与えるためNGです。

志望動機で控えた方が良い内容

成長させてほしいという受け身な姿勢

企業の教育制度に魅力を感じ、志望動機にも「制度を利用して成長したい」「入社後は、厳しいお言葉で成長させてほしい」と書く就活生は少なくありません。

企業は、人を育てるために存在するわけではありません。会社の経営のために、社員が存在し、お給料をもらうのです。そのため、志望動機で育ててほしいからと伝えるのはNGです。

他人からの勧め

就活をする際に、「就職エージェント」を利用する学生が増えてきました。就職エージェントを利用すると、応募する企業の選定や面接支援などにおけるサポートが受けられます。

就職エージェントを利用すること自体は悪くありませんが、企業の志望動機として「勧められたから」と面接で言ってしまうのはNGです。主体性がないという印象を持たれかねません。

過信しての貢献

志望動機を述べる際、ある程度自分の能力を誇張したくなるかもしれません。ですがあまりに能力を過信すると、採用担当者にはマイナスに映ってしまいます。

企業側が、インターンとして就活生が自社で働いていない限り、即戦力を求めることや、有しているスキルを活かしてもらおうと考えていることは少ないです。入社後、研修によって学び、実際で働きながらスキルを身に付け、企業なりのやり方で力を発揮してほしいと感じていることが多いです。

そのため、過信して自分自身のスキルを活かして貢献するというよりは、企業の役に立てる能力としてひとつアピールしたうえで、企業への熱意アピールがおすすめです。

面接で好印象を与える志望動機例文10選【大手企業内定者】

福祉機器メーカー志望動機例文

まずは、福祉機器メーカーに内定した就活生の志望動機例文を紹介します。

志望動機例①

私は、より豊かな福祉、介護サービスを提供し、介護者の負担を減らしたいと思い御社を志望いたしました。私は大学生時代、病気の祖父の介護を経験しました。祖父の介護は主に母と祖母が協力して行い、大学が休みの日に私が手伝っていました。訪問介護も利用していましたが、母と祖母の負担は大きく、介護による疲れやストレスから頻繁に体調を崩すようになりました。介護に疲れている母と祖母の姿、実際に介護を手伝った経験から、介護の大変さを目の当たりにしました。
介護施設や訪問介護だけでなく、福祉機器の開発、販売など総合的な福祉事業を展開している御社ならば、私の目標を達成できるのと確信しています。入社後は、営業として福祉機器の普及に尽力し、将来的には企画開発部で介護者の負担を減らすような製品を開発したいと考えております。

コンサル系企業志望動機例文

次に、コンサル系企業の志望動機例文をみていきましょう。

志望動機例②

中小企業のコンサルティングに携わり、経営を支えたいと考え、志望いたしました。大学では、中小企業の経営をテーマに研究を重ねてきました。研究の中で、多くの中小企業が経営の知識不足が原因で倒産すると知り、この問題を解決しなければ、日本市場に悪影響を及ぼし続けると考えました。
中小企業を支えるコンサルタントを目指し、コンサルタント会社のインターンシップに参加しました。そこではコンサルタントのアシスタントとして、現場で経験を積みました。的確な解決策を提案し、経営を好転させる姿を実際に見て、コンサルタントへの意欲はますます強くなりました。
御社は数あるコンサルティング会社でも、大手企業から中小企業まで、幅広くコンサルティングを行っています。御社であれば、目標を達成できると確信しています。入社したら、まずアシスタントとして現場で経験を積み、将来は一人前のコンサルタントとして中小企業の良きパートナーとして関わっていきたいと考えております。

製造業志望動機例文

3つ目に、製造業の志望動機例文をご紹介します。

志望動機例③

私は、ものづくりを通じて環境に貢献できる仕事がしたいという強い想いがあります。御社は「ハイブリッドの先駆者」として世界中のドライバーに環境への意識を芽生えさせています。常に業界を牽引する御社の高い技術力によってより豊かな車社会が実現できると考えています。
また、会社見学会に参加させて頂いた際に、製造段階における「埋め立て廃棄物0」の挑戦を聞きました。「ゴミ」という概念自体をなくそうとする取り組みから御社の環境意識の高さを感じ取ることができました。
自動車における「走るエコ」と「作るエコ」を両立する御社でなら自分の想いを実現できると考え志望しました。御社に入社後は、EHVのパワートレインシステム開発で燃費や走行性能に直結する製品に携わりたいと考えています。EHVの航続距離をエネルギー効率の面から向上し、自分の開発した製品を世界中の車に使ってもらうことが目標です。

IT企業志望動機例文

4つ目に、IT企業の志望動機例文をご紹介します。

志望動機例④

私には【人々の生活の根底を支え、世の中の多くの人に喜びを与える】という夢があります。障害に強い次世代光通信ネットワークの研究を通じ、さらに【生活や社会に安心快適な通信を届けたい】という思いが一層強くなりました。
御社はめまぐるしく変化する通信分野で総合通信事業者として発展し、そして【繋ぐ】という使命を果たすため毎秒2ペタビット光ファイバー伝送等の技術挑戦をし続けています。
私は、その使命を持ち高度な技術を有する御社の技術開発に携わり、【災害等による障害や更なる通信量の増大にも柔軟に対応可能なネットワーク】を開発したいです。そして、人々に安心を届け、喜びを与えられる技術者になりたいです。

商社志望動機例文

5つ目に、商社の志望動機例文をご紹介します。

志望動機例⑤

私は、日本と海外を繋ぐ御社で、さまざまな事業に貢献したいと思い志望しました。私は、カナダに語学留学をした経験があります。はじめは現地の暮らしに馴染めませんでしたが、自分から積極的にコミュニティに入っていくことで次第に楽しく過ごせるようになりました。コミュニティの中で人間関係の問題が発生した際は、意見を主張し解決に努めました。御社の海外事業における人と人との繋がりは、会社が発展していく上で重要な財産だと感じています。御社に入社できましたら、持ち前の探究心と行動力で円滑な取引を実現していきます。

金融志望動機例文

6つ目に、金融の志望動機例文をご紹介します。

志望動機例⑥

あらゆる情報を織り込んで日々変化する金融市場を理解することは、世界の動向を把握することに不可欠であると考えています。日々変化する刺激的な環境は、自らの成長機会にもなると感じ、金融市場に身を投じて働きたいと思うようになりました。
金融業界は世界経済の動きにタイムリーに接することができ、私にとっては最適の環境であると考えています。中でも御行は、強力な顧客基盤をもち日本経済を支えています。さらに、御行は近年カンパニー制を導入したことで、多様化する顧客ニーズに対して多くのソリューションを提供しています。 自分も御行に身を投じて、日本経済の根底を支える一員として働きたいです。

自動車メーカー志望動機例文

7つ目に、自動車メーカーの志望動機例文をご紹介します。

志望動機例⑦

御社で国際物流に携わり、日本企業として世界をリードしている分野をさらに成長させたいです。別々の場所にあるモノとモノ、モノと人とを出会わせ、互いの価値を最大化させるという物流の仕事に価値を感じています。また、創意工夫による改善の結果が数値で見えやすいことも魅力です。
御社で将来やりたい仕事は、プロフェッショナルとして、途上国での新たな物流網の立ち上げに携わり、世界中どこでも、必要とする人にトヨタ車を届けることです。そのためにも、まずは既存の流通網で基礎を積みます。担当の部品や車種に関して、既存の輸送の方法やルートを徹底的に調べ上げ、新たな技術や取り組みにもアンテナを張り、慣例にとらわれず最善の方法を提案したく思います。

不動産志望動機例文

8つ目に、不動産の志望動機例文を紹介します。

志望動機例⑧

街作りを通して世の中に貢献したいです。私は幼少期に火事にあった経験から、環境が人に与える影響を感じました。自分にとっては当たり前だった家がなくなり、住環境が変化したことで、いかに家が人々の生きるということに密接であるか実感してきました。
この経験から家の大切さを改めて痛感し、将来は社会人として快適な住環境を提供する仕事に携わりと思いました。御社において、人々が安心・快適に生活できる住環境作りに貢献していきたいです。自分はまだまだ未熟ですので、貪欲にスキルを学んでいきたいと思います。この観点でも不動産業界で歴史のある御社では多くの知見を有していると感じ、優秀な社員の方々と働けることは自らの成長にとっても素晴らしい環境だと思っております。また、常に向上心をもって物事に取り組み、達成困難な成果を残すことにモチベーションを感じる私にとっては、住環境作りという大きな規模の事柄に向かっていくことは大変やりがいを感じ、最適な仕事であると思っております。

広告志望動機例文

9つ目に、広告の志望動機例文をご紹介します。

志望動機例⑨

御社の社員全体の目標達成に尽力したいと考えています。御社の社員の方を訪問した際に、業界2位としての自覚があると伺いました。ひとつの仕事においてのコンピテンスを高めることに、会社として挑戦していると感じました。
その中で、自分の多角的な見方を業務に反映させながら、アイデアに深みを出していきたいです。自分が他と違う考え方ができる理由は、3カ国語を話すこと出来る点です。これは言語だけではなく、彼らの物事の捉え方を理解しているということです。
例えば、スペイン語では、愛してるの表現を「君が欲しい」と表現します。このように、ひとつの事象を様々な方向から捉えられます。オーストラリアへの留学経験もあり、滞在中は様々な文化に触れました。勉学の面で見ても、大学でリベラルアーツを専攻したこともあり、広い分野での知識を取得しています。これらの理由から、御社の事業ごとでのコンピテンシーを、自分の考え方の多様性で高めることに挑戦したいと思っています。

事務志望動機例文

最後に、事務の志望動機例文をご紹介します。

志望動機例⑩

私は事務職として御社の業務を支え、社員の方々が100%の力を発揮できるような環境を作りたいと思い志望いたしました。私は以前、御社の事務職インターンシップに参加させていただきました。その中で思ったのは、事務職の業務領域は売上を稼ぐことではなく、快適さを提供するということです。
営業の方が取ってきた案件に対してスピーディーに書類作成し、お客様へのアクションの速度を上げる。丁寧な電話対応で、会社の声としてお客様に安心感をお届けする。どの業務も、社員の方や先方を快適な環境で仕事が出来るようにする大切な業務だと体感しました。
私は事務の重要度を気づかせてくれた御社で、縁の下の力持ちとして活躍したいと思っております。

面接の志望動機は履歴書よりも具体的に述べ意欲ある伝え方をする

面接で志望動機を答える際は、履歴書に書いた内容よりも具体的に述べた上で、企業での仕事に意欲があるように伝えるようにしましょう。

言葉遣いや、伝え方によっても志望度の高さや人間性の印象が変わります。内容は、自分の能力を必要以上に大げさにアピールするのは避け、あくまでも自分の能力を正しく理解した上で、その能力を正しくアピールすることが大事です。

自分の強みや企業の求めている人材をしっかりと理解した上で、自分の意欲をはっきりと企業に伝えていけるように志望動機を作成しましょう。自分の就職したい、という意欲を企業に正しくアピールするためにも、志望動機はしっかり内容と、伝え方をを考えるようにしておきましょう。

【面接対策におすすめ】サービス5選

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント