2016年11月29日(火) 更新

加藤産業の気になる事業内容と評判

加藤産業は食品・飲料卸売事業をメインで行っている

加藤産業の主要な事業内容となっているのが食品・飲料卸売事業です。ジャムやパスタ、調味料といった商品を食品メーカーから仕入れ、スーパーマーケットやレストランなど卸売りしています。また、自社でもオリジナル商品を企画して、高品質低価格の商品を販売しているでしょう。物流倉庫や仕分け工場も所有していますので、顧客の要望に応じた配送方法が可能となっています。

直近3年間は売上高が着実に増加してきている

加藤産業の近年の業績をみてみると、直近3年間は売上高が着実に増加してきています。食品メーカーからの卸売り事業は、競合他社が多く採算が悪化してきていますが、自社オリジナル商品の販売が好調となっており、売上高を増加させているのでしょう。また、ベトナムでの事業展開も拡大しており、現地の会社買収や工場整備にも躍起になっています。

加藤産業は新たにリテールサポート事業へ取り組んでいる

加藤産業の最近の取り組みとして顕著にみられるのが、リテールサポート事業への取り組みです。単に食品や飲料を小売店に卸売りするのではなく、売上高向上に貢献できるようなサポートをおこなっています。売り場の作り方やチラシ・ポップに関する提案、季節ごとの販売計画などを、自社の社員が小売店にアドバイスしています。

ゴミの減量化など環境に対する取り組みも行っている

加藤産業がCSR活動として取り組んでいるのが、環境に関する取り組みです。自社の生産工場では、ゴミの減量化を図るために無駄な容器や包装紙を使用しないとしています。また、詰め替え用商品の開発によって、ボトルやトレイなどの使用頻度減少に貢献しているでしょう。環境コミュニケーションと位置付けて、周辺の子供たちを招いて工場見学を実施するケースもあります。

業界の中でも安定経営を実現していると評判

加藤産業の評判としてよく聞かれる意見が、業界の中でも安定経営を実現していることです。長年の経営努力のおかげで実質無借金経営を実現しており、全国に工場や物流システムを整備できている点に会社の強みがあります。この経営の安定性を背景として、優秀な人材の確保や従業員のスキルアップを図る研修制度を実現しています。

市場のトレンドや商品の売れ行きなどの情報整理ができる人材を求めている

加藤産業では、多くの食品メーカーとの取引があるため、これらの担当者から市場のトレンドや商品の売れ行きを確認しながら商品を仕入れなければなりません。また、こうして聞き取った情報を元に小売店や飲食店に営業活動をおこないますので、きちんと情報整理ができる人が理想の社員像といえます。この情報が小売店のポップやチラシの文言にも利用される場合がありますので、重要な職務といえます。

加藤産業は食品卸事業などを展開しており業界の中でも安定経営を実現していると評判

加藤産業では、小売店や飲食店を顧客ターゲットとして飲料や食品の卸売り事業を展開しています。加藤産業では単に食品メーカーの商品を販売するのではなく、自社で企画・開発したオリジナル商品の販売も手掛けています。現在の加藤産業は、ベトナムでの事業に熱心に取り組んでおり、現地の顧客確保と工場と、物流システムの整備が急がれている段階です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント