2016年11月29日(火) 更新

H2Oリテイリングの評判と職場環境における特徴

H2Oリテイリングは関西を中心に百貨店・食品・不動産事業を行う

H2Oリテイリングは本社を大阪府大阪市に置くH2Oリテイリンググループの持株会社です。阪急阪神東宝グループという企業グループにも属しています。H2Oリテイリングは百貨店事業、食品事業、不動産事業が主要な事業だと言えるでしょう。いずれも大阪を中心に展開しており、百貨店事業では「阪急百貨店」と「阪神百貨店」を営み、食品事業では「阪急OASIS」と「スーパーマーケット イズミヤ」を運営しています。関西における巨大な企業だと言えるでしょう。会社の業績や評判はいいのでしょうか。

売上高のデータから業績は非常に好調と判断できる

H2Oリテイリングの公式サイトに掲載されている「業績ハイライト」の項目によると、業績は非常に好調と判断できます。平成24年度の売上高が505,588円(単位:百万円)なのに対し、平成28年度の売上高は915,690となりました。また、平成24年度の従業員数は5,693名ですが、平成28年度では8,456名となっています。これらのデータからH2Oリテイリングの業績は好調だと言えるでしょう。次は具体的な取り組みについて見ていきましょう。

H2Oリテイリングの中期計画における強気の決断が評判

H2Oリテイリングは中期計画において強気な姿勢で取り組んでいます。H2Oリテイリングは事業計画「GP10」を策定し、2005年~2034年の間で実行しており、2015~2024年度では中期計画が行われているのです。当初2020年まで国内経済が成長すると見込んでの計画でしたが、2016年現在では国内経済が足どまりと言う状況になってしまいました。しかし、H2Oリテイリングはこの計画を前倒しで実行しています。具体的には、店舗の改装工事や老朽化店舗の建て替え工事だと言えるでしょう。こういった強気の決断が業績や評判に反映されていると言えます。

チャリティーのイベント運営が主なCSRの取り組み

H2Oリテイリングでは運営企業においてCSRを実施しています。例えば阪急うめだ本店では、「チャリティーネットワーク H20サンタ」という活動が始まりました。この活動は社会貢献をしている団体の紹介、募金の収集、美大生の作品を販売し売上をチャリティーに回す、といった内容です。H2Oリテイリングは、チャリティーのイベント運営が主なCSRと言えるでしょう。

社員からはジョブローテーションを採用した人材育成が評判

H2Oリテイリングの社員からの評判について確認していきましょう。H2Oリテイリングは、百貨店やスーパーマーケットをいくつも所有しているため部署によって環境が異なります。特に上司との相性で働きやすさが大きく変わるものです。大卒で総合職として入ってきた場合、ジョブローテーションを採用しているため様々な職種に就くことができるでしょう。また、福利厚生は完璧とは言えないまでも充実しています。

働くなら職場の雰囲気を見抜く観察眼や評価基準が必要

H2Oリテイリングは上司との関係性によって働きやすさが決まり、かつジョブローテーションを実施しています。したがって、ジョブローテーションの間に自分に適した職種を見つけられる人材を求めていると言えるでしょう。そのため自分がやりたい仕事を自覚しているだけでなく、職場の雰囲気を見抜く観察眼や評価基準を持っている方を募集していると言えます。

H2Oリテイリングは強気の決断やジョブローテンションによる人材育成が評判の企業

H2Oリテイリングは、「阪急百貨店」や「阪神百貨店」、「阪急OASIS」といった店舗を擁する巨大な企業です。評判となっている事業計画や決断力から業績は好調であり、CSRはチャリティーイベントが主なものとなっています。ただ店舗数が膨大なため現場によって環境は異なるものとなるでしょう。また、ジョブローテーションを採用していることで評判です。そのため自分のやりたい仕事や条件を自覚していて、短時間で現場を評価できる観察眼を持っている方にとって良い職場となるでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント