2016年11月29日(火) 更新

オムロンの企業研究に役立つ情報と会社の評判

オムロンは体重計や改札機などを製造する東証1部上場企業

オムロンは、京都府京都市に本社がある東証1部上場企業です。オムロンは体重計や体温計といった家庭用のヘルスケア用品で有名ですが、主な事業としては制御機器や電子部品の生産となります。制御機器にはセンサ、スイッチ、セーフティ、リレーなど数多くの部品があり、日本の製造業を支えている存在と言えるでしょう。他に改札機や券売機といった社会インフラについても携わっています。では、業績や評判は良いのでしょうか。

業績は好調でありキャッシュフローが年々増加している

企業研究を進めていく際は、口コミなどの評判だけでなく業績にも注目してみましょう。オムロンが2016年に公表した有価証券報告書を見ると、業績は好調だと言えます。平成24年における売上高が619,461(単位:百万円)であるのに対し、平成28年には833,604と上がっているのです。年々売上高を上昇させることに成功しているため、業績は好調だと言えるでしょう。特に投資活動によるキャッシュフローが年々増加している点は、特徴と言えるかもしれません。

オムロンが取り組む卓球ロボットの作成はギネスに認定された

オムロンは制御機器における知見を生かして、2015年に「フォルフェウス」という卓球ロボットの作成に取り組みました。このフォルフェウスはオムロンにおける自社技術のデモンストレーション用のロボットなのですが、その性能の高さからギネス記録に「(世界における)最初の卓球コーチロボット」として認定されたのです。技術を誇るメーカーにとって、名誉な出来事だと言えるでしょう。

地域だけでなく紛争地域への貢献活動を行っている

オムロンは大企業なのでCSRについても多角的に実践しています。地域貢献活動としては「国際車いすマラソン大会」「全国車いす駅伝競走大会」「車椅子バスケット大会」への協賛やボランティア参加を実施しました。また、紛争鉱物(武装勢力の資金源となる鉱物資源)への対応やグリーン調達(より環境に配慮した仕入先の認定)なども行っています。こういったCSRの取り組みから、評判の良さがうかがえるでしょう。

オムロンは残業の抑制に取り組んでおり働きやすいと評判

オムロンでは残業を抑制しようと努めており、その仕組みが成功しています。したがって、従業員は家族との時間をもつことができ、健康に仕事に臨めると評判です。給与は高く社会インフラに関わっているので、仕事が無くなる懸念も少ないと言えます。仕事の提案がしやすい環境であり、やる気さえあればストレス無く提案を進められるでしょう。また、リストラをしたことが無いという評判もあります。

やる気がある健康な人材が会社には求められている

オムロンはリストラをせずに残業を減らしていることから、社員を大切に扱っている会社だと言えるでしょう。また提案を受け入れてくれる風土もあるため、社員としてはプライベートのみならず仕事をする上での充実感も得られます。オムロンの求める人物像はやる気があり、健康に仕事を遂行できる人材だと言えるでしょう。

制御機器を生産するオムロンは残業の抑制に成功しており社員から働きやすいと評判

オムロンの企業研究をする際は、紹介した業績、取り組み、評判といった情報を参考にしてみて下さい。オムロンは制御機器や電子部品を扱う大企業で、改札機や券売機と言った社会インフラも手がけています。業績は好調に伸びを見せているため成長が期待できるでしょう。CSRは多角的に行っており社会インフラにも関係しているため、社会にとって価値のある企業だと言えるでしょう。残業の禁止に成功し、かつ風通しの良い組織なので働きやすい企業と言えます。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【内定獲得率5.4倍】特別推薦枠にエントリー

    12/10 (15:00~16:00) 【※オンライン面談※】