2017年04月24日(月) 更新

わらべや日洋の主な事業内容と気になる評判

わらべや日洋は食品開発や製造事業を行っている

わらべや日洋の主要な事業となっているのが、食品開発・製造です。主に大手コンビニチェーンのセブンイレブンから依頼された食品の製造をおこなっています。お弁当やお惣菜、調理パンなど安全で高品質の食品製造技術は食品業界でも定評があるのです。また、製造された食品を自社の物流システムで管理して、顧客の元に運ぶ業務もおこなっています。

近年の業績は増収減益となっている

IR情報から分かるわらべや日洋ホールディングス㈱の事業内容・状況について解説します。
『2017年4月の決算説明資料』によると、食品関連事業を主な収益源とし、納品店舗数の増加やチルド弁当の売上高が伸長したことにより、売上高が前年比の2.8%増となりました。また、他事業においての売上高も、ともに上昇し、今後、商品の生産体制の強化に伴って、工場の再構築に大きく投資をする方針です。
特に、主要顧客のセブンーイレブンが出店基準の見直しや商品のリニューアルをするなど、売上の拡大に取り組んでおり、当社の売上高も引き続き増加する見込みです。また、物流の効率化も図って、高利益体質を作りにも注力しています。。

わらべや日洋はアウトソーシング事業の強化に取り組んでいる

わらべや日洋の最近の取り組みとして顕著にみられるのが、アウトソーシング事業の強化です。クライアントから委託された社内研修や人材育成事業を自社で実施して、従業員のスキルアップをサポートしています。また、人手が足りない職場には自社が育成した優秀な人材を派遣して、クライアントの人材不足の悩みを解決しています。

環境に配慮した事業活動にも取り組んでいる

わらべや日洋がCSR活動として取り組んでいることが、環境に配慮した事業活動です。食品を製造する工場では、極力二酸化炭素の排出を抑える製法を採用して日々業務に取り組んでいます。また、食品包装に使用されるトレイやパックなどは処分する時にダイオキシンが出にくいものを使用しているのです。物流の段階になっても排気ガスの排出を抑えるために予め走路計画を作成して業務に取り掛かっています。

わらべや日洋は大手のコンビニチェーンと取引がある点が評判

わらべや日洋の評判として多く聞かれる意見が、大手のコンビニチェーンと取引がある点です。セブンイレブンは、現在でも国内で新規出店を続けていますので今後さらに受注の増加が予想できます。これに加えて、海外店舗の出店も加速させているため、今までになかった食品の開発を依頼され、これが自社の技術向上に繋がっているといえるでしょう。

協調性や安全面・衛生面に気を配った仕事ぶりが求められる

食品開発や製造は、クライアントの要望をヒアリングしながら共同で進めていかなければなりませんので協調性が必要となってくるでしょう。また、様々食材や調味料に関する知識を持ち合わせて、味や見た目にバリエーションを持たせてクラアントにプレゼンを実施する場合もあります。当然、安全面や衛生面に気を配った仕事ぶりが求められます。

食品開発や製造を行うわらべや日洋は大手のコンビニチェーンと取引がある点が評判

わらべや日洋は、食品開発・製造を展開している企業です。お弁当やお惣菜、調理済みパンの開発・製造技術に長けており、新メニューの開発を頻繁に依頼されています。食品製造後の物流事業も自社でシステム化しておこなっており、より早く製造した食品をクライアントに届けるようにしています。今後は海外でも事業拡大をおこなっていく予定です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント