2019年10月29日(火) 更新

東映を受ける就活生が必ず知るべき業務内容と労働時間

東映の労働環境について①:映像作品に関わる業務内容

東映の労働環境について、初めに業務内容を見ていきます。東映は、映画事業を中心に、映像関連分野の事業を展開しています。映画業界の中でも大手の企業です。映画・テレビ・ビデオその他多様な映像の製作と多角的な営業によって、質が高く健全なエンターテインメントを提供しています。

事業部ごとの業務内容を把握しよう

それでは、東映の業務内容を事業部別に分けて見ていきましょう。業務内容として、以下のような例が挙げられます。これらの他にも、それぞれの事業部で色々な業務内容を行っています。
◆コンテンツ事業部
アプリの企画開発やサイトの更新を行う。東映のキャラクターを用いたコンテンツの制作に取り組む。
◆映画営業部
東映と映画館のつなぎ役として、東映作品を劇場に流してもらうための営業、劇場内宣伝の考案、舞台挨拶のサポートなど、多岐に渡る業務を行う。
◆経理部
会社のお金を管理する。東映社員が使った経費や、東映から取引のある他社へ支払うお金、他社から東映に支払われたお金などを管理する。
◆映画宣伝部
新聞や雑誌、テレビやWebなどの媒体に、映画の紹介をしてもらうPR活動を行う。
◆国際営業部
自社映画のセールスや映画祭、マーケットに出品。スーパー戦隊などを海外に販売。TV局へのセールス。

配属や異動は本人の希望と適性により判断される

東映の新入社員は、入社後約2か月間の研修を受け、その後、本人の希望と適性、能力を加味し、面談した上で配属が決まります。また配属後も、3年目ごとの個人面談があり、希望がある場合は毎年面談を行い、その時に、本人の仕事内容や希望部署を参考にして異動が行われるようです。

就活生に人気の高い業界を知る

人気21業界丸わかりMAP」は、就活生に人気の高い21業界200社以上の情報を一気に読むことができます。知らない業界のことでも、少し見聞きしておくだけで、第一志望の業界との関連性が見えてきたり、アイデアが生まれてくる可能性があります。
無料ダウンロードで「業界丸わかりマップ」を読み、就活を有利に進めましょう!

東映の労働環境について②:勤め先によって労働時間は違う

続いて、東映の労働時間についてご紹介します。東映の勤務時間は、本社や支社に努めるのか、撮影所に努めるのかで違ってきます。以下をご覧ください。
◆本社や支社の勤務時間:9時30分~18時15分
◆撮影所の勤務時間:9時~17時45分

東映の休日・休暇制度は充実している

東映の休日・休暇制度についても見ておきましょう。東映は土曜日・日曜日の完全週休二日制となっています。また、祝日、労働祭、会社創立記念日、夏季、年末年始などの休暇があり、有給休暇は初年度で10日、次年度で18日、最高で22日付与されます。年次有給休暇制度は事前の申請が必要なので、会社規定を把握してから申請しましょう。

東映の労働環境について③:残業時間は場合によって異なるが40時間前後

東映の労働時間の次は、残業時間を見ていきましょう。東映の残業時間は、職種によって異なります。東映の平均残業時間は、月40時間前後であるようです。この数字は、あくまで平均ですので、それ以上の人も、それ以下の人もいます。入社前に、自分が配属される職種がどのくらい残業しているのか、労働時間と合わせて確認できると良いですね。

東映の業務内容は映画などの映像に関わるものが中心で労働時間は職種によって異なる

東映の業務内容と労働環境、労働時間についてご紹介しました。就活生は、この業務内容や映画業界の一般的な労働環境を知り、エントリーしましょう。東映の業務内容は映画などの映像に関わるものが中心です。労働時間は勤務先によって少し違いがあるので注意しましょう。
このような業務内容や業界の研究は、志望動機やエントリーシートにも役立ちますので、エントリー前に把握する必要があります。入社後のミスマッチを防ぐためにも、労働時間や業務内容をしっかり把握しておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

機電情報系の学生限定の就活サービス

    10/29 (17:30~18:30) 【※WEB開催※】