2018年10月11日(木) 更新

博報堂/博報堂DYメディアパートナーズを受ける就活生が知るべき業務内容と労働時間

就活生が抱く博報堂のイメージは「仕事のやりがい」「安定性」

キャリアパーク会員の就活生を対象に「博報堂に対するイメージを以下から選んでください(複数選択可)」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月15日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「博報堂に対するイメージを以下から選んでください(複数選択可)」

日本の広告業界でも2番目のシェアを持ち、その事業規模は世界的に見ても上位とされているのが、博報堂です。そのイメージ調査を実施した結果、「会社が安定している」や「やりがいのある仕事ができそう」などが上位にランクインしました。広告業界は常にクライアントからの要望が寄せられ、絶えずさまざまな分野の広告宣伝・プロデュースを担当します。そのため、若手社員であっても、早いうちから力を身につけて活躍できるイメージが持たれているのでしょう。

詳細な企業研究が内定の第一歩

今回の調査で得られた回答は実態から見ると大筋合っていると言えそうです。ただし、これがそのまま就活の場で活用できるかというと必ずしもそうではありません。華やかなイメージがある広告業界ですが、実態や抱えている課題は思いの外泥臭いものです。そのあたりを理解せずに選考に進むとまず受かりません。「業界として抱えている課題は何か」「それに対して各社が行っている打ち手は?」「自分だったらどうするか」少なくともこのあたりまで用意できていないと評価されることは難しいでしょう。そこでキャリアパークでは広告業界を徹底調査した独自の研究Bookを用意しています。博報堂を志望する皆さんはこれを内定の足がかりとして下さい。

博報堂の労働環境について①:業務内容

博報堂の労働環境について、初めに業務内容を見ていきます。博報堂は、広告事業を中心に展開しています。広告業界の中でも国内2位の企業です。しかし、広告領域に限らず、戦略構築から社会的にムーブメントの創出まで、あらゆる領域においてクライアントの課題解決をサポートするのが、博報堂の事業です。

主な収入源は新聞・雑誌・テレビ・インターネットの広告

博報堂は、新聞・雑誌、テレビ、インターネット等の広告業を主な収入源としています。テレビ広告業のほか、「情報・通信」「化粧品・トイレタリー」「飲料・嗜好品」の展開により、売上高が徐々に増加しているようです。2017年3月期は同年同期と比べ、大幅に増加しました。一方で、「自動車関連」「薬品・医療用品」「外食・各種サービス」の売上高は、減少しています。今後は、グループ各社の収益古城の取り組みによる売り上げ総利益率の向上を期待しつつ、販管費コントロールの徹底により、収益性・営業利益達成を目指してゆく方針です。

職種ごとの業務内容を把握する

それでは、博報堂の業務内容を職種別に分けて見ていきましょう。業務内容として、以下のような例が挙げられます。また、このほかにも様々な業務内容があります。

◆アカウントプロデュース職
クライアントのパートナーとして、博報堂の現場を統括する。時にはコンサルティングをし、時にはクリエイターになり、と戦略からアウトプットまで全てを仕切る。

◆ストラテジックプラニング職
現場チームの参謀的存在。定性調査や定量調査などのリサーチを踏まえて、商品開発、コミュニケーション戦略立案まで、博報堂が生み出すアウトプットの設計図づくりを行うブレーン。

◆クリエイティブ職
広告のみならず、デジタル領域、音楽、映像、商品パッケージなど、あらゆる表現媒体で、生活者の気持ちを動かすコミュニケーションを仕上げる。

◆PR職
クライアントや商品にとってのポジティブな情報が世の中で話題になるように導く、情報の仕掛人。「商品がどう語られるか」を設計し、仕掛ける。

◆プロモーション職
映像、デジタル、イベントと、手法を動かす、「その商品を選ぶ」という人の行動を呼び起こす。

◆インタラクティブ職
最先端のデジタルやテクノロジーの力を活かした企画力で、生活者の未来を豊かで楽しいものへと変える。

博報堂DYメディアパートナーズの職種の業務内容

2016卒向けの博報堂の採用では、博報堂と博報堂DYメディアパートナーズがグループ募集を行いました。博報堂DYメディアパートナーズの職種の業務内容も、以下で押さえておきましょう。

◆ナレッジ開発職
様々な手法を用いて、博報堂DYグループのナレッジツールを構築する設計者。クライアントだけでなく、博報堂DYグループをもサポートする。

◆メディアプロデュース職
メディアビジネスにおける司令塔。各種メディアの広告塔のバイイングと、メディアの持つ資産を活かした企画を設計・プロデュースする。

◆メディアプラニング職
メディアビジネスにおける戦略を組み立てる。様々なメディアの特性を理解し、細かな分析を行い、統合的なプラニングを実践する。

博報堂の労働環境について②:労働時間と休日制度

続いて、博報堂の労働時間についてご紹介します。博報堂の標準勤務時間帯は、9時30分~17時30分となっています。また、働き方によってはこの限りではない場合もあるようです。

博報堂の休日・休暇制度は充実している

博報堂の休日・休暇制度についても見ておきましょう。博報堂は土曜日・日曜日の完全週休2日制になっています。また、祝日や年末年始も休日です。初年度12日、その後15日~25日付与される年次有給休暇や、年2回、5日間の連続休暇となるフリーバカンスなどを見ても、博報堂の休日・休暇制度は充実しているといえるでしょう。年次有給休暇制度は事前の申請が必要なので、会社規定を把握してから申請してください。

博報堂の労働環境について③:残業時間は時期により違う

博報堂の労働時間の次は、残業時間を見ていきましょう。博報堂の残業時間は、職種によって異なります。また、博報堂は、繁忙期と閑散期の差が大きいようです。広告業界全体や、自分が配属される職種がどのくらい残業しているのか、労働時間と合わせて確認しておくと良いでしょう。

博報堂の業務ではクライアントの課題解決が中心で労働時間は時期によって異なる

株式会社博報堂の業務内容と労働環境、労働時間についてご紹介しました。就活生は、この業務内容や広告業界の一般的な労働環境を知り、エントリーしましょう。博報堂の業務内容は多岐に渡りますが、クライアントの課題解決が中軸にあります。繁忙期と閑散期があり、残業時間は時期によって異なるようです。このような業務内容や業界の研究は、志望動機やエントリーシートにも役立ちますので、エントリー前に把握する必要があります。入社後のミスマッチを防ぐためにも、労働時間や業務内容をしっかり把握しておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント