2016年11月29日(火) 更新

日立造船を受ける就活生が知るべき業務内容と労働時間

日立造船の労働環境について①:業務内容

日立造船の労働環境について、はじめに業務内容を見ていきます。日立造船はごみ処理施設、プラント、橋梁などの大型プロジェクトを担う企業です。日立造船の従業員が取り組む業務内容は、こうした案件における技術開発・設計・販売などです。

職種ごとの業務内容を把握しよう

日立造船の新卒採用では、募集系統が事務系と技術系に分かれています。入社後の配属先および業務内容は系統により異なります。以下、職種と業務内容を確認しましょう。

■事務系
営業、総務、法務・知財、広報、人事、資材調達、経理・財務など
■技術系
研究開発、商品開発、設計、生産技術、営業技術、知的財産、品質管理など

以上、職種と業務内容をお伝えしました。

ごみ処理施設などの大型プロジェクトを担う

日立造船の現在の主力製品は、ごみ焼却施設などの環境事業の製品です。そのほか中東などでの受注が進むプラントや東京ゲートブリッジなどが代表的な橋梁も手掛けています。日立造船に入社した場合、このような大型プロジェクトに関わる業務内容を担当する可能性が高いでしょう。

日立造船の労働環境について②:労働時間

業務内容の後は日立造船の労働時間(勤務時間)についてご紹介します。勤労形態がしっかりとしている日立造船ですが、実際はどうなのでしょうか。日立造船の標準労働時間は1日8時間です。フレックスタイムが導入されています。勤務時間は事業所により異なりますが、本社の場合8:45から17:35と定められています。

年次有給休暇は初年度から22日間

完全週休2日制で、土日のほか祝日も休日となっています。年次有給休暇は初年度から22日間付与されます。リフレッシュ休暇も利用すれば、業務とプライベートの両立もできそうです。慶弔有給休暇の制度もあるので、急なライフイベントにも対応可能でしょう。

日立造船の労働環境について③:残業時間

日立造船の労働時間の次は、残業時間を見ていきましょう。具体的な残業時間は発表されていませんが、部署や担当によっては繁忙期に長く働くということもあるようです。

日立造船の従業員は大型プロジェクトに関わる業務内容に取り組み基本的な労働時間は1日8時間

ここまで日立造船の業務内容と労働環境についてまとめました。ごみ焼却施設などの環境事業のプロジェクトが好調な日立造船では、大型な案件を動かすために多くの職種と業務内容があります。労働時間や実質的な残業時間は長くなるときもあるようですが、日立造船の業務内容の中でやりがいを見つけられる人には最適な環境ではないでしょうか。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント