2019年11月07日(木) 更新

日野自動車の選考情報で知るべき学歴(大学)の必要性と採用人数

日野自動車の選考情報①:内容と流れについて

はじめに、選考情報として大まかな流れとそれぞれのステップについて説明しておきましょう。国内普通トラック販売シェア40年連続No.1 という偉業を持つ日野自動車の、2015年の選考の流れは次のようになっています。

【技術系・事務系共通】

■エントリー

■エントリーシート提出

■面接複数回

■内々定

日野自動車にプレエントリーすると、正式エントリーの案内がきます。エントリーシートの提出や必要書類の提出を行います。内々定獲得までの道のりとして、選考情報を把握しておきましょう。

選考段階に入るとエントリーシートの提出などが必要になる

日野自動車では本エントリーが始まると、エントリーシートの提出など、正式な選考がスタートします。エントリーシートの内容は職種によっても変わるようですが、「日野自動車への志望動機」「学校での専攻内容」
などの設問に答える部分と、履歴書と同じ内容を記載する部分があるケースが多いようです。日野自動車を志望する場合は、選考情報としてこれらの流れを覚えておきましょう。

面接では落ち着いて質問にはっきり答える

日野自動車の選考における面接は職種により変わる可能性がありますが、基本的には最終面接を含めた3回です。基本的には和やかな雰囲気で行われるため、落ち着いて質問内容に対処していきましょう。面接官に対して自分の思いの丈をしっかりとぶつけることが大事です。

実際の面接評価シートで確認する

面接をする際、面接官は面接評価シートを元に就活生を評価しています。面接評価シートには、マナーや身だしなみ、質問に対する受け答えなどの内容をチェックする項目があります。企業や職種によって設定されている項目は異なりますが、参考にすることで、面接官視点を把握することができます。「面接評価シート」を無料で手に入れて、面接前に最終調整をしたり、就活生同士の練習で活用したりしましょう。

日野自動車の選考情報②:必要な学歴は高専卒から大学院卒まで

選考情報の1つとして学歴も挙げられますが、日野自動車で求められるのはどのようなものでしょうか。日野自動車の募集要項を確認すると大学生(文系)、大学生(理系)、大学院生(文系)、大学院生(理系)、高等専門学校生を対象にしています。

日野自動車の採用学部一覧

日野自動車の採用実績から学部・学科について確認します。法学・政策系、経済・経営・商学系、社会・環境情報系、外国語・国際文化系、人文系、教育系、生活科学系、宗教・神学系、医療・保健系、芸術・音楽系、体育・スポーツ系、その他文系、機械系、電気・電子系、物理・応用物理系、建築・土木系、化学・物質工学系、資源・地球環境系などから採用が行われています。

日野自動車の選考情報③:採用人数と配属について

選考情報として気になる日野自動車の採用人数ですが、2013年から2015年の採用実績は以下の通りです。

2013年度 技術系:103名 事務系:34名
2014年度 技術系:59名 事務系:25名
2015年度 技術系:78名 事務系:31名
日野自動車従業員は単体で11,476人(2013年3月31日現在)であり、この採用人数は比較的少なめといえそうです。

採用後は研修期間後に適正と希望により決まる

採用後の配属ですが、新入社員導入研修の後に決まります。配属先では先輩社員のもとで社会人としての基礎を学びます。
日野自動車が運営する日野工業高等学園を卒業後した場合は、本人の適性を考慮したうえで、日野自動車の製造職場を中心に各部門へ正式配属されます。

日野自動車の選考情報として高専から大学院卒の採用で採用人数は技術系が多い

日野自動車の選考情報と採用人数について確認しました。日野自動車の場合は選考情報からわかるように、技術系の採用人数が多いです。海外展開も進めているため語学力や留学経験などもアピールできます。
エントリーから内定までの流れにポイントを絞って対策しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント