2019年01月30日(水) 更新

10年後になくなる仕事とその要因|なくならない仕事で長く働きたい就活生に知っておいてほしいこと

6a0ed8043a8a1688

この記事の監修者

キャリアアドバイザー

赤塩 勇太

大学を卒業後、新卒で採用コンサルティング会社に入社。キャリアアドバイザーとして、1,000名以上の就活生に対してキャリアセミナー、面談を実施。その後、採用コンサルタントとしてクライアントの採用課題の解決に従事。法人・求職者双方の目線から、適切なアドバイスを提供している。

10年後には今の仕事の50%がなくなる

ロボットによる代替で今後なくなる仕事がある

現代ビジネスの記事によると、英オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授は論文で、今後10~20年程度で米国の総雇用者の約47%の仕事がコンピュータ技術によって自動化されるリスクが高いと発表しました。これまで、ロボットにはルーチン的な作業しかできないとされてきましたが、ここ10年間でロボットの能力向上は目覚ましいものがあり、人間の仕事を代替するレベルにまで到達すると考えられています。また、産業用ロボットの価格の下がることでロボットの普及を促進し、人間の仕事を奪っていくと予想されるのです。

人工知能の進化

人工知能が進化することで、これまで人間でなければできなかったことが機械にもできるようになってきています。実際に、医療分野で人工知能型コンピュータを活用した医療診断がおこなわれていたり、法律の分野でも人工知能が活用されているのです。今後、人工知能のさらなる進化により、人間と変わらない判断力を持ち合わせたものが出てくる可能性があるでしょう。そうなれば、ますます人間の仕事を機械が代わっておこなうことになるのです。

ビッグデータの活用

ビッグデータの活用も変化の理由のひとつです。ビッグデータとは、SNSから発信される情報やコンビニエンスストアの購買情報、医療機関の電子カルテなど日々生成されるデータの集合で、リアルタイムに増加・変化するという特徴を持っています。
このようなデータを扱うことはこれまで不可能に近かったのですが、コンピュータ技術の進化により膨大なデータを処理できるようになった結果、複雑な仕事を単純な仕事としてこなせるようになりつつあるのです。そうなれば、これまで人間にしかできなかった仕事が機械化される可能性が出てくるでしょう。

予想される10年後になくなる仕事とは

①ライン作業員

今後、なくなると予想される職種に、工場などのライン作業員があります。ロボットやコンピュータ技術によってラインの自動化が図られ、人間が必要でなくなると予想できるでしょう。既にロボットの導入が始まっていますが、技術の進化には目覚ましいものがありますので、これまで人間がやってきた作業もロボットが担うことになるのは容易に考えられるのです。

②事務員

事務員の仕事も、なくなる可能性があります。コンピュータの導入により、事務、とくに経理に関する作業は効率化が図られてきているのです。今後も効率化が進めば、事務系職員はますますコンピュータなどに仕事を奪われるかもしれません。

③レジ係

レジ係も効率化が進んでなくなる仕事といえます。タグが商品に付与され、レジの自動化とスマホの決済が進むと人の手を借りる必要がなくなると考えられるのです。現在すでに、スーパーのみならず、コンビニでもセルフレジが導入が進んでいます。このように自動化が進むことによって、人間のおこなう仕事は、今後少なくなるでしょう。

就活生に人気の21業界をチェック!

就職先を決めるには、自分自身に合った業界を知ることも大切です。そのためには、まず業界について知っておく必要があります。そこでおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。こちらでは、就活生に人気の21業界をピックアップしています。21の業界ごとに主要企業の売上高や年収も掲載しているため、この1冊でたくさんの情報を無料で収集することができます。就活は、時間との戦いでもあります。就活を効率よく進めるためにも、GETしておきましょう。

10年後になくなる仕事はライン作業員やレジ係などがある

10年後になくなる仕事は、コンピュータや人工知能、ロボット技術の進化によって自動化され、効率化が図られる職種だといえます。それには、ライン作業員や事務員、レジ係が予想されるのです。
技術革新、とくにコンピュータ関連の技術の進化には目覚ましいものがあります。このような変化の早い時代をどう生き残るのか、なくなる業種と仕事を知っておくことで、自分のキャリアに対してしっかりとした戦略を持つことが重要なのかもしれません。

6a0ed8043a8a1688

キャリアアドバイザー|赤塩 勇太

日々の生活のなかで就活の対策になっていることもある!

コンサル業界などでは、ケース問題といって、その場でお題を出されてそれに対して回答をするような試験も存在します。「10年後なくなる仕事」はどのようなものなのか、また、このお題に限らず世の中的な動向や具体的な数値をもとに、解答できる素地は必要です。日々、新聞を読んで、様々なニュースから答えを導けるように練習をしておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

0e5a66ef8b248b25

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント