2019年11月22日(金) 更新

就活で勤務地が原因で内定ブルーになる理由と対策法

就活生が内定ブルーになる理由①勤務地が決まっていない

就活生は内定を貰っても必ずしも勤務地がすぐ決まるということは少ないのです。新卒の場合には3月にくらいに伝えられますが、大体の企業の場合には社員研修の後に勤務地が決定するパターンは非常に多いのです。分からない状況は内定ブルーになりやすくなります。

勤務地候補を先に調べておくのも良い

支社が分かっているケースでは、勤務地候補を先に調べておくのも良いものです。そこから休日に遊べそうな所や楽しみなどを見つけておくだけでも、気持ちは豊かになっていきますので、少しは心境に変化が出てきます。

対策:開き直って気持ちをドーンと構える

就活生は働く企業が決まってしまった以上は、企業側に身を委ねるしかないのです。
その為に深く考え込んでも何も解決には至らないですし、その後はどうなって仕方ないという気持ちをもっておくと就活生は内定ブルーから解消出来ます。

就活生が内定ブルーになる理由②全国転勤がある

働く企業が全国転勤がある場所もあり、実家から離れて生活をしなければならないこともあります。
勤務地が就活生の実家からでは通えない場所になり、初めて一人暮らしを行わなければならない人もいると思います。そういう就活生も内定ブルーに陥る可能性があるのです。

改善対策:仕事の成功を思い描く

幅広い勤務地で働くというのはそれなりの規模の会社である場合が多いのです。
そういった企業でバリバリ働くには全国色々な場所で勤務するというのはステータスとなります。
せっかく働くですから、成功するように気持ちを入れれば頑張れる気持ちも出てきますので、それによって就活生は内定ブルーを考えずに、将来設計などをする事に切り替えると良いでしょう。

就活生が内定ブルーになる理由③通勤ラッシュが予想される

都心勤務となると、通勤ラッシュに巻き込まれながら通勤をしなくてはならない事があります。
学生の頃から経験している就活生はいいですが、経験のない就活生にとっては大変な事だと考えてしまい内定ブルーになってしまう事があります。

改善対策:一度体験して対策を練る

通勤ラッシュといっても大変さに違いがあるのですが、満員電車の中でも混んでいる所もあれば、若干空いている所もあります。
また、電車に乗る時間というのは意外と皆同じ時間で動いてる事も多いのですが、座っている人も同じような事もあるのです。
そういう人たちの降りる場所なども見ておくと、意外と早い段階で座る事も出来るようになります。

通勤ラッシュになる前の時間帯を把握するのも大事

通勤ラッシュが嫌で内定ブルーになるなら、通勤ラッシュの時間帯を避けるようにしましょう。そのためには通勤ラッシュになる前の時間帯を把握しておく必要があります。
このように内定ブルーになったら通勤ラッシュを考えてみると色々な対策を練る事が出来る為に、勤務地に通勤ラッシュで行かなければならない時でも安心して通う事が出来ます。

社会人としての教養を身に付ける

「PDCA」や「エビデンス」などの言葉を正しく使えますか?これらは、企業で使用されることが多いビジネス用語です。内定が決まったという就活生は、入社までの間にビジネス用語について理解を深めておきましょう。そこで活用したいのが「就活・ビジネス用語集」です。IT、航空、金融、メーカーで使用される用語も紹介しています。無料でダウンロードできるため、就活が終わって入社に向けた準備を始めたいという就活生におすすめです。

就活の勤務地による内定ブルーは理由別の対策を取る

このように就活生は勤務地によって内定ブルーになってしまう事がありますが、マイナス面ばかり考え過ぎてはいけないのです。内定ブルーになる理由を見つけて対策を取りましょう。
勤務地はこちらの都合で拒否は出来ません。落ち込む事はなく次の段階の対策などを考えるのがおススメです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント