2016年11月25日(金) 更新

面接で聞かれる「将来のビジョン」の考え方・答え方のポイント

その会社にマッチする回答を答える

面接で将来に対するビジョンを聞かれた場合にまず重要なことは、その会社にマッチする回答かどうかということです。
たとえばあなたがその時に答えた将来にこうなっていたいということや、夢などを正直に答えたとしても、もしその会社であなたが実行可能でなければ、すぐに辞めてしまう可能性も考えられてしまいます。

将来のビジョンと、その企業で働いていくことが一致するように

また、逆にその会社が将来あなたに期待する役割とあなたのビジョンがあまりにもかけ離れていた場合、会社に必要でない人材と思われてしまう可能性もあります。
もしあなたが頭が良く大変優秀な人材だとしてもこのようなミスマッチがあれば面接官もあなたを受け入れにくいでしょう。できるだけなたの将来のビジョンと、その企業で働いていくことが途中で交わるように表現するとベストです。

抽象的なキャリアビジョンが良い時

もし明らかにあなたの将来のキャリアに対するビジョンが希望する会社が期待するようなものと違う場合であったときのことを考えてみましょう。
例えばその会社で働くことがあなたにとって通過点でしかないような場合もありますね。

具体的よりも、抽象的なキャリアビジョンがいいケースもある

そのような場合には具体的なビジョンを言うのではなくある程度抽象的にいう必要があるでしょう。
また、特殊な業界で、その企業でしかできないようなビジョンですと少々依存しすぎが懸念されることもあるでしょう。
もし駄目だった時のことを考えていないと捉えられる可能性や視野が狭い人材だと思われる可能性もあります。
そのような場合には、あまりにも具体的なものよりも、抽象的なキャリアビジョンとした方が無難といえるでしょう。

的確な答え方とはどんなもの!?

面接で「将来のビジョン」を聞かれた場合に、一般的には、「いつまでに」「なにを」「どうしているのか」を具体的に表現することを心がけると良いでしょう。

的確にわかりやすく答えるとベターです

そのためには、入社を希望する企業に対してしっかりと分析をする必要があります。
5年後までには○○の部署でこのような仕事をしてこういう成果を上げたいと考えております。」などと的確に答えることができれば、面接官もあなたが会社に入って頑張っている姿を想像しやすくなるでしょう。
その会社でしかできないというようなこともアピールすると採用されやすくなるかもしれませんね。あなたを是非採用したいと面接官に思ってもらえるように努力をしてみてください。

「将来のビジョン」の考え方・答え方について最後に

いかがでしたでしょうか。
今回は面接で聞かれる「将来のビジョン」の考え方・答え方についてみていきました。
これらのポイントを踏まえて、将来のビジョンを聞かれたとき慌てることのないように、是非面接の際の参考にしてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】