2016年11月29日(火) 更新

インターンや就活における学歴の重要性

就活で学歴が重要視される理由

就職活動において、学歴が内定に影響を与えることは就活生にとっても周知の事実ですが、そもそも、企業はなぜ就活生の学歴を重要視するのでしょうか。

高学歴の学生ほど将来を見据えて勉強をしてきた

まず最初に考えられることとして、高学歴の就活生ほど、知識が豊富で頭の回転も速くビジネスの場面において適用しやすい素質を持っていると考えられている点が挙げられます。

さらに、高学歴の学生ほど将来を見据えて自主的に勉強をしてきたことから、入社後も勉強熱心であることが期待されるからです。特に、現在では就活生がインターネットサイトを通じて簡単にエントリーすることができることからエントリー数も増えており、採用担当者も全ての就活生を選考することが難しくなったことから、効率を考えて学歴重視での絞込みをしているのです。

インターンにおける企業と学生の思惑

就職活動が後ろ倒しされている現在において、インターンは企業が優秀な就活生を早めに目星をつけて採用までの囲い込みをするための絶好の機会であるといえます。なぜなら、志望度が高く高学歴な学生は他の企業からも高い評価を受ける場合が多いため、選考より早い段階から囲い込みをしておく必要があるからです。

インターンにおいても高学歴で優秀な学生が優先

一方で、就活生にとっても、インターンは企業に対して内定を得るために選考の前に自分自身をアピールする絶好の機会であるといえるため、その企業や業界への志望度が高い就活生が多数応募しています。

したがって、インターンの選考においても、志望度が高い学生のうち、高学歴の就活生は優秀な人材が潜在的に多いことから優先して選ばれているケースが多いのです。

就活やインターンにおいて学歴の過信には注意

これまで見てきたように、高学歴の就活生は就活においても選考前のインターン段階でも他の就活生に比べて優遇されているということがいえます。しかしながら、高学歴であるだけで内定を得られるわけではありませんので、注意が必要です。

高学歴でもしっかり準備をして就活に臨む必要がある

たとえ高学歴の就活生であっても、採用面接において業界研究や企業へのアピール不足を露呈すれば、当然に企業からの評価は下がります。

むしろ、高学歴の学生ほど高水準である高学歴の学生との比較がなされることもありますので、内定を得るためには厳しい競争となる場合もあるのです。したがって、高学歴の就活生は、学歴を過信することなく、万全の準備をしたうえで就活に臨むことが必要であるといえます。

就活やインターンにおける学歴の影響に関するまとめ

就活においては学歴の影響は無視できない存在であり、選考が始まる前のインターンにさえ影響を及ぼしているのが現状です。しかしながら、高学歴ということだけで内定を得られるわけではありませんので、就活に臨む際は学歴にかかわらず、十分な準備が必要です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント