2018年10月11日(木) 更新

履歴書で迷う「卒業見込み」「卒業見込」の正しい使い方

6a0ed8043a8a1688

この記事の監修者

キャリアアドバイザー

赤塩 勇太

大学を卒業後、新卒で採用コンサルティング会社に入社。キャリアアドバイザーとして、1,000名以上の就活生に対してキャリアセミナー、面談を実施。その後、採用コンサルタントとしてクライアントの採用課題の解決に従事。法人・求職者双方の目線から、適切なアドバイスを提供している。

卒業見込みとは?

まずは、卒業見込みとはどのような意味なのかを紹介します。卒業見込みとは、年度内に卒業できる単位をすべて取得しており、卒業が可能な状態であることです。

編入学試験や入社試験などで卒業見込証明書の提出が求められる場合もある

編入学試験や入社試験などの受験資格には、その年度で卒業見込みがあることが含まれている場合があり、卒業見込証明書の提出が求められる場合もあります。卒業見込みとは?の結論は、その年度末に卒業が可能であることを意味すると覚えておけば間違いありませんのでしっかりと覚えておきましょう。

履歴書に書く言葉は「卒業見込み」?「見込」?

卒業見込みとは、その年度末に卒業が可能であることを意味すると先ほどお伝えしましたが、もう1つ履歴書を書く際に悩むことがあります。それは履歴書を書く際に、「卒業見込み」と書くのか「卒業見込」とどちらで書けばいいのかについてです。

調査方法:メールを配信して学生にアンケート
調査実施日:2017/1/18
投票数:1678

就活生を対象に1678名から集計したアンケートによると、「履歴書で迷う「卒業見込み」「卒業見込」の正しい使い方について知っているか?」という質問に対して、12.4%の人がYes、87.6%の人がNoと答えました。(2017年1月時点、キャリアパーク調べ)

ほとんどの就活生が、正式な表記を把握していないようです。表記一つで採用に影響が出るわけではありませんが、ビジネスマナーとして覚えておいて損はありません。これを機会に覚えておきましょう。

正式な言葉は「卒業見込み」

履歴書に「卒業見込み」と何の疑いもなく書いている方もいると思いますが、大切な履歴書ですから正式な言葉で書くというのは当然です。実際は「卒業見込み」と書いても「卒業見込」と送り仮名を入れなくても、その言葉のせいで落とされる事はありませんが、正式な言葉は「卒業見込み」が正解です。

「卒業見込」という言葉は存在しません。しかし「卒業見込」と書かれている履歴書の参考例もいくつか存在しているのも事実です。「卒業見込」と履歴書に書いて不利になることはありませんが、正式な言葉は「卒業見込み」と「み」の送り仮名がある方だと覚えて、履歴書を書くときのは注意しておきましょう。

正しい言葉使いを覚えて損はない

「卒業見込」と書いて選考に不利になることはありませんが、覚えていて損はないでしょう。履歴書は自分を表す正式な書類です。誤った言葉遣いをするよりは正式な言葉遣いで魅力的に自分をアピールできるしましょう。この履歴書作成マニュアルを使えば、履歴書に関わる「言葉遣い」や「マナー」など網羅的に学べます。

履歴書に「卒業見込み」を書いて良い時期とは?

履歴書に書く「卒業見込み」という言葉ですが、その「卒業見込み」という言葉を使って良い時期についても触れておきましょう。「卒業見込み」とは卒業が確定している状態を指します。単位がきちんと取れていて、この先何か月で必ず卒業できるであろうと確定した立場である事が重要です。

大学生なら就活を始める3年頃からは「卒業見込み」が使える

履歴書は正式な書類ですから、不確かな事や嘘の言葉を書くわけにはいきません。「卒業見込み」と書くからには確証がなければいけません。履歴書を書く時期は大学生なら就活を始める3年生か4年生頃になります。その時期からなら「卒業見込み」という言葉が使えます。

1年生や2年生はこの言葉を使えません。また、単位数が全く足りなくて、留年が確定しているにもかかわらず履歴書に「卒業見込み」という言葉を使うこともNGです。

履歴書に書く「卒業見込み」と「卒業予定」の言葉の違いとは?

履歴書で「見込み」という言葉を使う際にもう一つ迷ってしまう言葉の一つに、「予定」という言葉があります。まだ卒業が確定されていない3月に卒業「予定」なのだから履歴書に「見込み」と書かなくても卒業「予定」でも良いのではないのか?と迷われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「卒業見込み」は「卒業予定」よりも確定している状況を指す

履歴書に書かれる「卒業予定」と「卒業見込み」とはそんなに変わらないようですが、実際は「卒業見込み」という言葉の方が「卒業予定」よりも、より確定した状況であり強い意味を意味を持つ言葉なのです。よって履歴書などの正式な書類に書く際の言葉としては、「卒業見込み」と書くほうが適切だと言えます。

履歴書に「卒業予定」と書かれているより「卒業見込み」と書かれている方が企業側も卒業が確定しているんだなということがより分かりやすく伝わります。言葉一つで大きく印象も変わるので、しっかりとこの違いを踏まえて使い分けるようにしましょう。履歴書には「卒業見込み」と書くようにしましょう。

就活生にアンケートで聞いた生の声はコチラ!

最後に、履歴書やエントリーシートについて、キャリアパーク編集部が独自にアンケートを行い、学生たちの生の声を集め、代表的な声をまとめました。

質問:エントリーシートを企業に提出する際に悩んだことと一番気を遣った部分、その理由を教えてください。(封筒、宛名、学歴、資格欄の書き方)

就活生の回答

私は2019年卒業でまだ在学中なのでエントリーシートを提出したことがありませんが、エントリーシートは手書きのものが多いと聞いています。そのため、エントリーシートは採用担当者が読みやすいような、奇麗な字で書かなければいけないと感じています。そんなエントリーシートの中でも、学歴を書く欄に気を遣います。この理由は、自分の学歴をどこまでさかのぼって記入するのか把握できてないからです。小学校から書くのか、高校から書くのかわかりません。また、学歴の記入によって採用担当者からの印象が変わるのかも把握できていません。学歴の欄だけでなく、資格や経歴の欄もどの程度の規模のものまで記入するのか、判断が難しいと思いました。

※上記は就活生から取得したアンケート回答を基に、編集部で独自に加筆した代表的な学生の声です。

履歴書に書く「卒業見込み」は卒業予定よりも確定している状況を指す

今回は卒業見込みとは、その年度で卒業見込みがあるという意味であるという紹介から、履歴書に書く際には「卒業見込み」と「卒業見込」のどちらが正しいのか?ということを紹介してきました。ご理解いただけましたでしょうか?

履歴書を書く際には色々気になる点も多いと思います。言葉一つ間違えただけで与える印象も変わってきます。「卒業見込み」という言葉も何気なく普段は目にしていますが履歴書に記載する場合は、「卒業見込み」と「み」が着くのが正式だと、覚えておくようにしましょう。

6a0ed8043a8a1688

キャリアアドバイザー|赤塩 勇太

些細な部分だからこそ完璧に記入する

履歴書の「卒業見込み」の表記について、かなり些細な部分ではありますが、そうした細かいところも含めて完璧な履歴書にしておくことで、減点を防ぐことができます。ここは慎重に。

登録必須!おすすめ就活サイトランキング5選

96d3d7bdc29564db

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

【まだ間に合う】秋冬インターンで差がつく!学生が起業・新規事業立案を学ぶビジネススクール「無料」体験授業&説明会
  • 2020年卒
  • 就活セミナー

【まだ間に合う】秋冬インターンで差がつく!学生が起業・新規事業立案を学ぶビジネススクール「無料」体験授業&説明会

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.05.12 21:00 ...

今回ご紹介するのは、大手内定の準備ができるプログラム「学生が起業を学ぶビジネススクール WILLFU STARTUP ACADEMY」です。三菱商事やソフトバンクなど、大手内定者を多数輩出しています。

71935 view

【集団模擬面接!】実践&フィードバックで面接対策できるイベント
  • 2020年卒
  • 就活セミナー

【集団模擬面接!】実践&フィードバックで面接対策できるイベント

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.09.19 21:00 ...

集団面接を90分で得意にできるイベントをご紹介します。本番と同じ環境で「集団模擬面接」を受け、その後一人ひとりがフィードバックを貰えます。

4741 view

【3社に絞り込んでご紹介】余計な企業は紹介しません!
  • 2019年卒
  • 会社説明会

【3社に絞り込んでご紹介】余計な企業は紹介しません!

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:   ...

今回ご紹介するのは、丁寧な選考対策を受けられる就活サービス「Career Trip」です。実績のあるアドバイザーが、内定までサポートしてくれます!

34033 view

もっと見る

おすすめの就活イベント