2016年11月25日(金) 更新

近畿日本鉄道のインターンシップの内容と受かるための選考対策【近鉄グループ】

インターンシップ選考対策①:企業研究

近畿日本鉄道は近畿グループから「近鉄グループホールディングス株式会社」へ制度変更

近畿日本鉄道は2015年4月1日より、近畿グループから「近鉄グループホールディングス株式会社」へと制度を変更しました。近畿日本鉄道(近鉄グループ)だった時には、総合職と鉄道管理者コースの両方を近畿日本鉄道(近鉄グループ)で採用していましたが、鉄道管理者コースのみこちらでの採用になっています。

近畿日本鉄道(近鉄グループ)は鉄道・不動産・ホテル経営・観光・娯楽など幅広い

グループ会社全体で見ると、鉄道以外にも不動産やホテルの経営、観光・娯楽など幅広いジャンルの仕事をしていることが分かります。インターンについては、不動産を扱うグループ会社などで積極的に行われるなど、就職先を選択するためには非常に役立つ内容となっています。

インターンシップ選考対策②:実際の実施内容

インターンシップは、企業に就職する前にその仕事が自分に適しているかを判断するための重要なツールです。多くの企業が毎年実施していますし、誰でも気軽にできるので利用しない手はありません。

鉄道以外の3事業で実施される

近畿日本鉄道(近鉄グループ)にもインターンシップの制度があります。ですが、近畿日本鉄道(近鉄グループ)が採用している「鉄道管理者コース」については、インターンシップを実施していないようです。そのため、鉄道が好きで運輸や技術職に就職したいと考えている人は、こちらの職業については体験できないということになります。

鉄道以外の3事業は「不動産・流通・ホテル」

しかし、近鉄グループホールディングス株式会社が採用する鉄道以外の事業については、インターンシップに参加できるということです。その事業は次の3つです。

・不動産事業
・流通事業
・ホテル事業

インターンシップ選考対策③:エントリーシートの内容

企業によっては、インターンシップの際にエントリーシートの内容が非常に凝っていたり、内容をかなり重視して選ぶということがあります。そのような場合には、希望者はエントリーシート対策をしっかりとして、かなり時間をかけて良いできに仕上げることでしょう。しかし、近畿日本鉄道(近鉄グループ)の関連事業でインターンシップを受ける場合には、エントリーシートは比較的オーソドックスな内容となっています。以下で、エントリーシートに記載する内容を見ていきましょう。

選考におけるエントリーシートの内容と対策

平成26年の近畿日本鉄道(近鉄グループ)のインターンシップ・エントリーシートを見ると、あまり他の企業と異なる内容を書くようにはなっていないことが分かります。名前や大学・専攻、住所や経験のあるアルバイト、資格といった内容は、どこの企業でエントリーシートを出す場合でも書く内容です。では、それ以外にはどのような内容を書くことになっているのでしょうか。

選考におけるエントリーシート例

・当社が実施するインターンシップへの参加を希望する理由
・近畿日本鉄道(近鉄グループ)のインターンシップで参加を希望する事業を一つ選択して丸で囲う
(不動産事業、流通事業、ホテル事業)
・上記事業を選択した理由と、選択した事業でやってみたいこと
・自己PR

企業研究したうえで自分の思った通りに書くのがなによりの対策

他の企業と比べてみても、特に目立った内容がないことが分かります。そのため、近畿日本鉄道(近鉄グループ)でインターンシップ選考を受ける際の対策としては、あまり難しく考えることなく、自分の思った通りに理由やPRを書けば良いでしょう。

インターンシップ選考対策④:参加者の声を聞く

近畿日本鉄道(近鉄グループ)のインターンシップに参加した人は、次のように話しています。
・「流通事業があるからこそ私たちの生活は成り立ちますが、実際にどのような仕事をしているのかはあまり分かっていませんでした。今回、インターンシップに参加したことで、実際に目にすることのない業界の様子を間近で知ることができました。」
・「有名な企業であっても、実際に働いてみると思っている物とは違うということがよくあると耳にすることが多かったので、インターンに参加して自分の想像とどれだけ違うかを確認することができて良かった。」
・「イメージが掴みづらい業界だからこそ、インターンシップには絶対に参加した方が良いと思った。自分の予想通り、参加することで自分が就職した後のイメージも掴むことができて助かったので、参加を少しでも考えている人がいれば迷わず参加することをお勧めします。」

近畿日本鉄道(近鉄グループ)のインターンシップは企業研究したうえで自分の思いの丈をぶつけるのが選考対策になる!

数多くの業界において事業を展開している、「近畿日本鉄道(近鉄グループ)」改め「近鉄グループホールディングス株式会社」のインターンシップについてご紹介しました。不動産・流通・ホテルと、どのような仕事なのかが掴みづらい業界もインターンシップで経験することができるので、非常に魅力が感じられます。少しでも興味を持った方は、選考におけるエントリーシートも難しくなく、対策も必要ないので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

【大学3年生限定!】ES・面接を突破する業界研究マニュアル JR/東京メトロ…他

JR、東急電鉄に受かる人はやっている 

業界研究はなぜ大切なのか。それはズバリ、人事側がそこを採用の軸に置いているからです。業界研究が浅い就活生は志望度が低い、熱意が足りないと判断されます。
JR、東急電鉄のような人気企業から内定を取りたいなら、充実した業界研究をしましょう。
参考企業/JR/東京メトロ…他

業界研究をする!

登録必須!おすすめ就活サイトランキング5選

  1. 電通/博報堂/NHK/朝日新聞社など内定者続出!広告・マスコミ業界志望者の必須の就活ツール!

    電通・博報堂・ADKなど大手広告会社への多数の進路実績と求人企業約3,000社の強力ネットワークが魅力。全国で広告業界の基礎知識から面接対策まで特別セミナーを開催。

  2. 自己PR、人事に作ってもらいませんか?特別な経験がなくても、「キミスカ」があれば大丈夫!

    自己分析にぴったりの適正診断ツールあり。インターン経験や就活実績を企業人事にアピール出来るので、自分の強みを活かせる企業からスカウトがもらえる!

  3. 大手・一流企業からオファーがもらえる!やることは・・・”質問に答える”だけ!?

    自己PRやエントリーシートは不要。質問に答えるだけでプロフィールが完成。みん就スカウト限定の特別オファーが届く。

  4. ANA・JALから内定をもらった人たちの志望動機が見放題?!人気企業に受かる志望動機を作成したいならコレで決まり!

    29,000社のリアルな企業情報が、”無料”で一度にチェック出来るのはみん就だけ。他では見られないリアルな就職情報が満載。

  5. 正しい自己分析、出来ていますか?今すぐにでも自己PRが作れる!50万人が使った適性診断ツール「AnalyzeU+」

    日清・カゴメ・旭化成など大手からベンチャーまで2170社を超える優良企業が登録中。写真や動画で自己PRが出来るため、ESや他社では表現出来ないあなたらしさを表現し、早期内定を掴もう!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

インターネット広告代理店にWebマーケティングを学ぶ1dayインターン
  • 2019年卒
  • インターン説明会

インターネット広告代理店にWebマーケティングを学ぶ1dayインターン

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2017.08.25 12:00 ...

40人もの経営者を輩出した人材輩出プラットフォーム株式会社フルスピードが送るプレミアムインターン

4352 view

【早期説明選考会】「なにこれすげーこんなのはじめて」を世界中の人々に。世界10ヵ国でインターネット広告事業を展開するアドウェイズ
  • 2019年卒
  • 会社説明会

【早期説明選考会】「なにこれすげーこんなのはじめて」を世界中の人々に。世界10ヵ国でインターネット広告事業を展開するアドウェイズ

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2017.11.28 12:00 ...

広告業界に興味がある人にとって、勢いがあり、グローバルに活躍できる貴重な企業「株式会社アドウェイズ」の会社説明会です。

151 view

\慶應生限定/業界を代表する企業とフランクに話ができる!合同座談会
  • 2019年卒
  • 2020年卒
  • 2021年卒
  • 就活セミナー

\慶應生限定/業界を代表する企業とフランクに話ができる!合同座談会

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2017.11.29 23:55

業界を代表する企業と近い距離感でフランクに話ができる! 大学のすぐそばにある「PRECIOUS」で私服で気軽に複数の企業と話せる近距離・双方向型のイベントです。

1178 view

もっと見る

おすすめの就活イベント