2019年11月20日(水) 更新

【東急不動産のインターシップ希望者が取るべき対策】企業の特徴~選考を突破しやすいESを紹介

東急不動産のイメージは安定した大企業

キャリアパーク会員の就活生を対象に「東急不動産に対するイメージを以下から選んでください(複数選択可)」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月15日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「東急不動産に対するイメージを以下から選んでください(複数選択可)」

東急不動産に対しては、安定しているというイメージを持った就活生が多いようです。業界でもトップシェアを占める企業の1つであることから、安定しているイメージが強いのでしょう。都市や住宅に関する事業を展開する東急不動産ですが、インターンシップへ参加するには選考があります。本記事では、インターンシップの選考を突破するための対策について紹介していきます。

インターンシップの選考対策①:企業研究

東急不動産は「上質な未来へ」がモットー

不動産業界シェアは全国で5番目という大手不動産会社の東急不動産は、「上質な未来へ」をモットーに、3つの「上質」を顧客に提供することを心がけています。
①時を超えて価値を深めると言う上質
②確かな空間品質に支えられているという上質
③将来を約束するという上質

海外事業や注文住宅などの開発にも力を入れている

顧客が満足する住まい空間を生み出し、その将来を作り、次の世代に引き継がれても価値の薄れないような住まい作りを目指しています。海外事業や注文住宅などの開発にも力を入れているので、日本だけではなく海外でも活躍の場を広げることができます。

インターンシップの選考対策②:実施内容と概要

長期インターンシップ:6日間で実際の職場を体験

長期インターンシップでは、実際の職場でグループワークなどを主に行います。

【日程】
1日日:開講ガイダンス
2日目:事業地見学
3~5日目:部門配属
6日目:発表会・閉講式
【参加条件】
大学院か四年制大学に在籍していること

1DAYインターンシップ:2時間半程度の短期集中

1DAYインターンシップは2時間半程度のインターンシップです。インターンシップの目的は不動産業界の総合ディベロッパー全般の仕事を理解することにあり、グループワークを通して不動産開発のプロセスを体験できるようになっています。

【日程】
オープニング【所要時間:5分】
業界基礎レクチャー【所要時間:10分】
ディベロッパービジネス体感ワーク【所要時間:75分】
解説・レクチャー【所要時間:25分】
実際の社員の仕事紹介【所要時間:30分】
まとめ・修了【所要時間:5分】

・参加条件
四年制大学、または大学院に在籍中の学生であること(学年不問)
・実施場所
本社、または関西支店
・受入人数
1,000名前後

なお、エントリーは東急不動産の新卒採用サイトで行えます。

インターンシップの選考対策⑤:エントリーシート

選考のエントリーシートは例年難しいものではない

インターンシップのエントリーシートは例年、志望動機と参加可能日程のみの記入となっており、難しい設問などは出ていません。事業方針を理解し、日本経済新聞などをチェックして時事ネタを確認しておくようにしましょう。また、ESはインターシップに限らず、提出前にコンビ二などでコピーを取るようにしてください。面接では提出したESを元に質問される可能性が高いです。数多くの企業へESを提出する人は特に、どの企業のESに何を書いたか分からなくなってしまいます。面接へ向かう前に内容を確認するためにも、コピーを取る必要があるのです。

東急不動産で出されやすいESの質問とは?

ここでは、本採用時のES設問をご紹介します。特徴として、東急不動産は自分自身についての問いが多いという点が挙げられます。そのため、インターシップのエントリーシートを作成する際には、自己分析を行っておくようにしましょう。

・学生時代に注力したことの中で、あなたの強みが最も活かされたエピソードを具体的にご記入ください。(400文字以内)
・あなたの人生で最大の困難や挫折についてと、どのように乗り越えたのか、具体的なエピソードをご記入ください。(600文字以内)
・あなたが当社でチャレンジしたい事、実現したい夢などを踏まえて当社を志望する理由を自由にご記入ください。(600文字以内)

インターンシップはただ参加するものではない

インターシップは、ただ参加すればいいと言うものではありません。参加できたからOKでは、何の意味も持たないのです。参加するのであれば、目的意識をもって参加するようにしましょう。そうすることで、現場で得るものやあなた自身の今後が大きく変わってきます。就職に繋げるにはどうすればいいのか、自分の志望する業界や会社が本当に合っているのかなどの確認をするのでも良いでしょう。何か一つでも得ようという気持ちで、インターンシップに望むようにしてください。

東急不動産の社風と会社情報

社員が生き生きと働ける社風

東急不動産は、年齢や性別に関係なく仕事を任せてもらえる社風です。ダイバーシティの推進にも力を入れており、女性社員の管理職登用に向けた研修なども行われています。また、従業員は貴重な人材であるという認識があり、安全確保や健康維持にも積極的に環境づくりが行われています。こうした社風により、可能性を広げて働きたいと言う人や、キャリアアップしたい女性が多く働いています。

基礎情報

【社名】
東急不動産株式会社

【代表者】

【本社所在地】
〒107‐0062 東京都港区南青山2‐6‐21
TK南青山ビル

【本社アクセス】
都営地下鉄大江戸線 青山一丁目駅 徒歩3分

【資本金】
57,551,699,228円

【従業員数】
550人(2016年3月31日現在)

業界研究におすすめの資料を確認する

不動産ディベロッパーに就職するためには、業界や仕事内容についてよく知っておく必要があります。不動産ディベロッパーについて調べていると、仕事の仕組みや「J-REIT」などの業界用語を聞くことがあると思われます。わからなまいまま進めると、間違った知識で覚えてしまうかもしれません。そこで活用したいのが「不動産業界大研究Book」です。この資料では不動産ディベロッパーの詳しい情報のほかにも、三菱地所で実際に働く社員のインタビューも掲載しています。不動産ディベロッパーへの就職を目指すなら、持っておきたい資料です。

東急不動産のインターンシップ選考対策は向上心をアピールする

東急不動産のインターンシップの選考と対策を紹介してきました。東急不動産では、他の企業とは異なりさまざまなタイプのインターンシップが設定されています。気になっている、興味がある場合は向上心をアピールする選考対策をしっかりと行い、ぜひインターンシップに参加してみましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Bc13609351f58bdb

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント