2016年11月29日(火) 更新

問題解決力を履歴書でアピールする場合の書き方と例文

成功例を交えて問題解決力をアピールすれば説得力が増す

問題解決力の高さを履歴書でアピールするためには、実際の成功例を書いて根拠を示す必要があります。根拠を示さない書き方をしてしまうと、説得力に欠ける内容になってしまいます。学生時代に、どういうポジションについていて、何を目的にどういった行動をとったのか、経験の内容を段階を踏んで丁寧にまとめることが大切です。

履歴書で経験を元に具体例を挙げて問題解決力をアピールしよう

過去の経験を元にして、根拠のある内容にしましょう。問題解決力をアピールする場合の例文は次のとおりです。
「私は、大学時代に吹奏楽部の部長をしておりました。定期演奏会一ヶ月前になり、ホール予約の不備や出席率の悪さなどが重なり、部活の雰囲気は悪くなっていました。まずは、出席率を高めるために運営側の改善を行うことが急務だと思い、連日のミーティングで意識改革を行うことができました。」
という例文のように、問題を解決するために最初にとるべき行動をしっかりと把握できたことをアピールしましょう。例文の構成を基本にして、自分の経験に置き換えましょう。

問題解決力の基本は原因を究明すること

問題解決力は、目に見えている問題を解決するだけではなく、目には見えない根本の原因を究明して、再び同じ問題が起こらないように、本当の意味で解決する能力です。根本の原因を究明できなかった時点で、問題解決力が乏しいことになります。原因がわからないまま表面上だけ解決をしても、再び同じ問題が起こってしまいます。

論理的思考を組み込んだ書き方で問題解決力をアピールしよう

過去の経験によって問題解決力をアピールする場合には、論理的思考を組み込んで、より高い問題解決力を持っていることを伝えましょう。例文としては次のようになります。
「私は、学生時代にバイトリーダーをしておりました。私以外のアルバイトが全員無断欠勤をした日があり、バイトリーダーとしてその原因を究明しました。店の内情を知るために店長の行動や性格、店の清掃状況などを加味した結果、残業代が支払われていない現状に不満を抱いていたことを究明できました。」
という例文のように、論理的思考によって問題解決をしたことをアピールしましょう。

履歴書には全てを書かないようにして質問を誘導する

履歴書に問題解決力をアピールするために、学生時代の経験を余すところなく書いてしまうと、自己PRで伝えることがなくなってしまいます。履歴書にはあえて全ては書かずに、採用担当者に質問をしてもらいましょう。気になってもらえるような書き方をすることで、質問してもらえて問題解決力を言葉でアピールしやすくなります。

全てを書かずに質問をしてもらいやすい履歴書を書こう

採用担当者に質問をしてもらうための、履歴書の書き方の例文は次の通りです。
「私は、学生時代に吹奏楽部の部長をしておりました。音楽にはメンバーの気持ちが表れます。より良い音楽を全員で作り上げるために様々な工夫を行いました。」
という例文のように、結果をあえて書かないことによって、採用担当者に質問してもらえます。問題の部分をより具体的な書き方をして、採用担当者に興味を持ってもらいましょう。

履歴書で問題可決力をアピールする書き方は例文を参考に成功例を混ぜ論理的な思考で書こう

問題解決力は社会人として必須な能力なので、履歴書でアピールできる書き方をすることで好印象を得られます。例文を参考にして、自分の体験談をもとに論理的思考を交えた書き方で書きましょう。問題解決力は論理的思考の習得にも繋がる重要な能力です。履歴書でしっかりとアピールすれば、選考を有利に進められます。書き方の例文を基にして、自分らしさを取り入れましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント