2019年12月09日(月) 更新

ゴールドマン・サックスを受ける就活生が必ず知るべき福利厚生・教育制度

ゴールドマン・サックスの社風はチームワークや誠実さなどを大事にしている

ゴールドマン・サックスの社風、福利厚生、教育制度の中から、まずは社風を見てみましょう。ゴールドマン・サックスの社風は、チームワークや誠実さ、謙遜の精神、そして常に顧客のために働くということを意識していることです。またはその人間性が中心に成り立つ文化ともいえます。

社員一人一人の意識が高い

社員一人一人はアグレッシブで士気が高く仕事にプライドを持っています。特にアメリカではウォールストリートのトップの意識が高いです。仕事の姿勢は待つのではなく、自分から仕事をつかみにいく、前に進む力があります。そんな社員に刺激を受けられる環境は、自分を大きく成長させられるでしょう。そんなゴールドマン・サックスの福利厚生と教育制度が気になりますね。

ゴールドマン・サックスの福利厚生は手厚くジムや医療補助の利用も出来る

社風、福利厚生、教育制度の中から、ゴールドマン・サックスの福利厚生についてご紹介します。外資銀行のトップ企業で年収が高いこともあり、福利も手厚いようです。魅力的な福利厚生としては、社内にある会員制フィットネスセンターを、社員なら誰でも利用できる点などが挙げられるでしょう。また、クリティカル・ヘルス・ソリューションという、病気や怪我についてアドバイスを行うサービスも提供されています。対象には、社員のみでなくその家族も含まれるようです。インフォームドコンセプトなどの参考になるでしょう。

育児に関して日本にはないような福利厚生がある

また子育て支援が充実しています。男性社員は最大10日間までの非連続有給休暇が可能、育児休業中は無給ですが、雇用・社会保険の給付を受けることができます。他、生後57日から未就学児向けの事業所近隣託児所、授乳室と出産後の女性が働ける環境があるなど、日本にはないサポートが見受けられます。女性が働けるようにするには、社風のようにチームワークが必要ですが、加えて女性に沿った福利厚生も大切ですね。では、最後にゴールドマン・サックスの教育制度を見てみましょう。

ゴールドマン・サックスでは専門性を高めることが出来る

社風は癖があり、福利厚生はとにかく厚い、そんな会社の教育制度はすごいのでしょうか。某雑誌で紹介していたが、ゴールドマン・サックスでは、外資系企業特有の強み、部門別採用と、かつての日本企業の人材育成を組み合わせた人材マネジメントに成功しているとのことです。外資系企業は各部門のボスの支配の下で働き、一つの部門にに留まることが多いです。一つの専門性が強くなり、優秀な上司と長く働け、異動の心配があまりありません。

他社と比べて異動の希望が出しやすい

しかし部門をまたがる異動がないために優秀な人材が外に流れやすいという問題点もあります。ゴールドマン・サックスも例外ではないが、代わりにグローバル規模の社内公募制度を実施しています。社内のウェブサイト上で応募のメールが届き、希望者はメールで応募可能、他社と比べて希望の異動をしやすい特徴があります。

新人研修は全部門合同で2週間行い新卒は3年で戦力となるような制度となっている

新人の教育については、入社後、約2週間の全部門合同の新人研修で業界、企業のことを網羅し、その後は各配属部門ごとのカリキュラムによるOJTを実施します。そして、OJTによって得られる基礎知識や語学力が基準を満たすと、次に研修プログラムが始まるのです。研修プログラムの対象は、ゴールドマン・サックスの新入社員全員であり、国は問いません。世界各地で約2~6カ月の期間でおこなうという、綿密な計画が立てられています。さらに年2回、自社の会長自ら講師となるビジネスカルチャーの講義もあり、新卒は3年で戦力となる能力を身につける制度に仕上げています。まさに人材育成に体力のある日本企業そのものです。戦力に入ったらチームマネジメント、リーダーシップ研修など目指す方向性に沿ったプログラムを選べるなど、退職するまで勉強しっぱなしです。チームプレイを推す社風で、福利厚生と教育制度がしっかりしているので、働きやすいでしょう。

就活生に人気の高い業界を知る

人気21業界丸わかりMAP」は、就活生に人気の高い21業界200社以上の情報を一気に読むことができます。知らない業界のことでも、少し見聞きしておくだけで、第一志望の業界との関連性が見えてきたり、アイデアが生まれてくる可能性があります。
無料ダウンロードで「業界丸わかりマップ」を読み、就活を有利に進めましょう!

ゴールドマン・サックスの社風はチームワークや誠実さなどを大事にしており手厚い福利厚生と3年で戦力となるような教育制度が整っている

ゴールドマン・サックスの社風、福利厚生、教育制度を見ていて、やりがいのある仕事をしながら手厚い待遇を得られるなら、どうしても入社したいという学生さんも多いことでしょう。もちろん給与もいいので狙い目ではありますが、ゴールドマン・サックスの日頃の激務をやりきれるか、それ以前に、倍率が高い難関選考をクリアできるかによります。社風や福利厚生、教育制度は志望理由の一部にはなりますが、面接やエントリーシートなど選考の準備はしっかりしておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】