2016年11月29日(火) 更新

ミツトヨ(Mitutoyo)の社風・福利厚生や教育制度で就活生が知っておくべき事

ミツトヨ(Mitutoyo)の社風・福利厚生・教育制度①

ミツトヨの社風に関しては、公式ホームページでは、「人に対して暖かく、社員を大切にする社風である」としています。教育制度や福利厚生の充実も謳っています。基本的には、ミツトヨの場合、「カリスマ性や実力のあるトップが意思や方向性を決定し、それに向かって進んでいく」という形です。社内の雰囲気に関しては、決して低評価ではありません。

社風:「人に対して暖かく、社員を大切にする」

しかし、宗教とのかかわりが深く、業務時間に宗教儀式に参加させられることもあります。そのため、教育制度や福利厚生の前に、こちらがネックになる人もいるかもしれません。特に、あなたがほかの宗教の熱心な信奉者である、ということであるなら、就職活動をする前に、一度確認をした方がよさそうです。以上がミツトヨの社風になります。

ミツトヨ(Mitutoyo)の社風・福利厚生・教育制度②

社風に続いて福利厚生について見ていきましょう。ミツトヨには、産前産後の休暇や育児休暇、介護休暇もあります。取得実績もあるため、この点では合格だと言えそうです。時短制度も導入しているため、小さな子どもがいる家庭にとっては利用しやすい福利厚生制度と言えそうです。「ミツトヨ社風・福利厚生・教育制度①」のところで詳しく述べた「社員を大切にする」という社風は、教育制度や福利厚生にも表れているからか、9割程度も住宅補助があった、という声もあります。

福利厚生:育児・介護休暇や住宅補助

ただし、「海外赴任のときの福利厚生制度は、ミツトヨはよくなかった」という声もあがっています。このため、「本当に自分にとって有益な福利厚生であるのか」ということをチェックすることは必要でしょう。福利厚生では特に、医療面のチェックは大切なので怠りなく。次は、ミツトヨの教育制度についてお話していきます。

ミツトヨ(Mitutoyo)社風・福利厚生・教育制度③

今までは「社風」「福利厚生」を見てきましたが、ここからはミツトヨの教育制度についてみていきます。ミツトヨは、教育制度が比較的しっかりしています。入社したあとも、各種の講習会などが開かれ、勉強できる下地が整っています。加えて、入社した2年後には課題研究報告会が行われ、「入社した後にも勉強できる」という姿勢が整っています。

教育制度:入社後も勉強できる環境を整備

このような教育制度の充実は、ミツトヨの大きな魅力だと言えるでしょう。社風や福利厚生は、必ずしも100点満点とは言えませんが、「社会人になった後に、学生のときには学べなかったことが学べる」という教育制度の充実は、非常に大きなメリットです。特に、専門性に特化した人材の育成には熱心な会社だと言えます。

ミツトヨ(Mitutoyo)は社員を大切にする社風であり育児・介護休暇や住宅補助の福利厚生や講習会などで学べる教育制度が整っている

ミツトヨ(Mitutoyo)の社風・福利厚生や教育制度について紹介しました。ミツトヨの場合、トップの人が引っ張っていくような社風です。ただし、ミツトヨの社風を形作っているもののなかには、「宗教」があるので、その点には注意が必要です。福利厚生に関しては、「子育て世帯への支援」は比較的充実しています。ただ、「海外赴任のとき、医療面で問題があった」という意見もあり、福利厚生に関しては賛否両論です。教育制度は整っています。社会人になってからも研究会や講習会が開かれているので、自分自身を高めたい、と考える人には有用です。以上が、ミツトヨの、「社風」「福利厚生」「教育制度」の概要です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント