2016年11月29日(火) 更新

ユニリーバへの志望動機の書き方と回答例

ユニリーバ対策:受かる志望動機の作り方

ユニリーバへの志望動機の書き方として、最初に必要なのは、「どうしてその会社でなければならなかったのか」ということを追求することです。志望動機には、同業他社ではだめだった理由を書いてください。書き方の例も参考にしてください。なお、これは、ユニリーバだけでなく、ほかのどんな会社にも同じことが言えます。

ユニリーバでなくてはならない理由が明確になる書き方が大事

また、ユニリーバの理念に触れた志望動機の書き方をするのも効果的です。しっかり企業のホームページを読み込んでください。加えて、ユニリーバの場合、特殊な製品を扱っているわけではなく、日常的に買える商品を扱っていますから、自分とユニリーバ商品の思い出に触れた書き方で志望動機を書いてもいいかもしれません。これらの書き方を基本条件として、ユニリーバの志望動機の書き方例を考えてみることにしましょう。

ユニリーバ対策:志望動機の回答例①

【回答例】
「肌荒れがひどく、どんなケア商品を使っても手のかさつきがとれなかった母が、貴社の『ヴァセリン』に出会い、症状が劇的に改善しました。このような思い出から、毎日使うものだからこそ、使用者の生活をより豊かに、より快適に変えていける製品を開発したいと思い、貴社を志望しました。」

ユニリーバ対策:志望動機の回答例②

【回答例】
「大学時代に、○○という分野を研究していました。そのなかで、シャンプーや洗剤といった私たちにとっては身近なものが、『身近ではない世界』があるのだと知りました。それらを解消するとともに、環境や社会にとって、持続可能性の高い商品を打ち出せる貴社に魅力を感じ、志望しました。原料の選択から、『ゴミ』に至るまで、そのすべてに責任を持つという姿勢は、これからの世界に欠かすことのできない理念だと考えています。」

ユニリーバ対策:志望動機の回答例③

【回答例】
「100年以上にもわたり、『人々が快適に、清潔に暮らせるように』ということを第一義に掲げ、商品開発をしている貴社に魅力を感じました。留学中、どこの国に行っても、貴社の打ち出すダヴに出会うことができました。このような、『普遍的で、どこにでもある、だからこそ使い良い』という製品を、今度は打ち出す側になりたく、貴社を志望しました。」

ユニリーバの志望動機の書き方は例を参考にこの会社でなくてはならない理由について体験談を交えて書く

ユニリーバの志望動機の書き方の例を、3つほど紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。ユニリーバの企業の理念は「持続可能な社会」であり、これに非常に重きを置いている会社です。志望動機にこれらを盛り込んだ書き方をするのもよいでしょう。また、ユニリーバは、非常に長い歴史を持っている会社でもありますから、それをさりげなく「志望動機」に盛り込むのもよいです。もちろん、上であげた「書き方の例」は、「このように書いておけば絶対に受かる」というものではありません。これらの書き方例を参考に、自分自身の言葉で「なぜユニリーバでなければならなかったのか」をきちんと述べていく必要はあります。以上の書き方例を踏まえて、ユニリーバの志望動機を考えてみてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント