2019年12月16日(月) 更新

文部科学省の面接に受かるための対策と回答例

文部科学省対策:面接の流れと内容

文部科学省では、人事院が主催する国家公務員試験の合格者のみが、官庁訪問(面接)に進めます。官庁訪問での面接では、指定日に希望の省庁に出向き、複数回の面接を通して採用となります。面接は、学生1名に対して面接官1名の個人面接になります。面接は1人約30分程度です。中には1時間近く面接を行う場合もあります。

文部科学省の業務や教育問題について調べて自身の意見をまとめておく

面接では、学生時代に力を入れたことや志望動機など、エントリーシート(ES)の内容に即した質問と、省庁の業務に即した質問がされます。最近の教育問題についてもしっかりと調べ、自己アピールができるようにしましょう。これまで自分が経験してきたことが、実際に省庁でどのように役立つのかを考え、回答例を参考に対策した上で面接に臨みましょう。
1日に何人もの職員と面接することもあります。熱意も見られていますので、回答例を参考にして想定される質問には簡潔に答えられるよう対策しましょう。

文部科学省対策:面接で聞かれた質問例集

以下は、文部科学省の面接で聞かれた具体的な質問です。
面接での質問例をみると、文部科学省では、なぜ国家公務員を志望するのかといった質問が多く出ます。文部科学省では省庁の仕組みをどれだけ理解しているかが面接のポイントになりますので、回答例を参考に対策しましょう。

1.一般的な質問
・公務員一般の志望動機
・その省庁の志望動機
・自己PR(長所、短所、学生時代にやってきたこと
・今までで一番力を入れた経験
・今までで一番苦労した経験など
・趣味、特技

2.省庁に関する質問
・なぜ国家公務員になりたいのか
・なぜ民間ではないのか
・なぜ地方ではないのか
・なぜその省庁なのか
・体力的な面や、転勤、結婚・出産についてどう考えているか
以上について、回答例を参考に対策をしましょう。

面接において第一印象が与える影響は大きい

自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

文部科学省対策:面接の質問と回答例①

【質問】
なぜ国家公務員になりたいのか

【回答例】
国家公務員になりたいというより、科学技術の発展に国の立場から寄与したいと思ったからです。
国の科学研究費の配分など、文科省ではないとできないことがあります。日本の科学技術を施策の立場から発展させていきたいと思っています。

文部科学省対策:面接の質問と回答例②

【質問】
体力的な面や、転勤、結婚・出産についてどう考えているか

【回答例】
文部科学省は、幼稚園の管轄や教育について国の施策を考える省庁です。
この省庁で働く上で、私自身も当事者意識を持って仕事をしなければならないと思っています。
仕事と子育ての両立は大変ですが、私も将来的には子どもを出産し、未来の子どもたちのためによりよい未来を作っていきたいと思います。

文部科学省対策:面接の質問と回答例③

【質問】
なぜ地方ではないのか

【回答例】
地方でないとできないこともあるが、国際競技力の向上など、国でないとできない施策は沢山ある。私は国際競争力の向上のために必要な施策について検討していきたいので、地方ではなく国家公務員を志望しました。

文部科学省の面接対策では回答例を参考にしつつ業務や教育問題に対する自分の意見をまとめておく

これまで、文部科学省の面接で聞かれる質問と回答例をご紹介いたしました。
質問の回答例を参考にして、面接の準備をしましょう。文部科学省では、エントリーシート(ES)で問われるような一般的な質問と省庁に関する質問が聞かれます。自分の考えをまとめて論理的に話せるよう対策をしましょう。回答例のように、簡潔に要点をまとめた回答は面接官に好印象を与えます。また、他省庁との比較をすると、文部科学省の特徴が見えてきます。普段の地道な情報収集や対策が実を結びます。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

独自ルートで志望企業に内定!ナビサイトを活用しない効率の良い内定獲得を実現できる就活支援サービス

    ご予約はこちら。LINEにて主催企業と日程調整をおこなっていただきます。