2019年12月16日(月) 更新

大和証券への就職希望者必見の本採用及びインターン情報まとめ~ES・面接選考対策をお教えします~

大和証券は人材重視

大和証券はお客様第一で考えるだけでなく、社員一人ひとりが大和証券グループを作りだしている「人材重視」という考えのもと健全な利益の確保を企業理念とする会社です。その、お客様や社員を大事にする会社の姿勢もあり、毎年の就職希望社は少なくありません。
ここでは、大和証券の本採用の選考情報と、インターン選考についてご紹介していきましょう。

大和証券の選考情報①:流れ

まずは内定までの流れをご説明しましょう。

第1段階:ウェブテスト

大和証券の選考を受けるには、まず大和証券の公式ホームページに登録し、そこからエントリーシートの提出を行います。そして、その後に適性検査及びウェブテストを実施します。テストの内容は数学、国語、性格テスト、事務処理、一般教養、長文読解です。

第2段階:リクルーターによる面談

書対選考を突破した学生には、面談の通知が来ます。1回目は、学生3人に対しリクルーター1人というケースがほとんどであり、形式で各自がリクルーターに質問をしていく形式です。そして2回目の面談で、リクルーターより志望動機や学生時代に頑張ったことなどを聞かれます。

第3段階:面接

リクルーターによる面談後は、会社上層部による面接が3回ほど行われます。注意すべき点はそのスパンの短さです。1回目の面接を突破すれば2日後には2回目の面接、2回目の面接を通過すれば、翌日最終面接というような短期間で進められる傾向にありますので、面接対策はもちろん、スケジュール管理もきちんと行う必要があります。

面接において第一印象が与える影響は大きい

自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

大和証券の選考情報②:採用基準

大和証券は毎年約750人もの学生を採用しますが、採用基準としてあるのが、学歴ではなく人柄なのです。大和証券は人物重視の採用を行っているため、ウェブテストは実施されますが、面談・面接に重点を置いた採用選考となっているのです。

インターン選考対策①:実施概要

インターンに参加するのであれば、まずはどのような内容であるのか知っておく必要があるでしょう。大和証券のインターンは、例年体験型となっており、いずれも5日間に及ぶ実践的なワークを取り組むことで、証券会社のビジネスを肌で感じることができます。

ファイナンシャル・コンサルタントコース

ざっくりとしたイメージしかなかった証券会社の仕事内容も、株式などの金融商品についての講義やワーク、資産運用提案のロールプレイングを行います。貯蓄から資産形成への流れや、大和証券の役割について知ることができるでしょう。

部門別コース

ホールセール部門の業務を体感するコースです。
○グローバル・インベストメント・バイキング部門
○グローバル・マーケット部門
○リサーチ部門
○ファイナンシャル・テクノロジー部門

部門ごとに分かれ、それぞれの業務について深く学べるようになっています。業務を実際に学ぶことで、社会の動向についても知ることができ、大和証券の役割も理解できるようになるでしょう。

インターン選考対策②:ES

大和証券のインターンに参加するためには、エントリーシートの記入が必須です。そこで、過去に出題された、エントリーシートの設問を基に対策を行いましょう。

・大和証券のインターンに興味をもった理由はなんですか?また、参加することで習得したいものについて教えてください。(400字以内)
・自身の成功体験と、成功した理由についてお書きください。(400字以内)
・自由記述(400字以内)

大和証券のインターンでは、上記でも述べている通り仕事のリアルな部分の理解ですので、エントリーシートの時点では業務についての細かい部分が述べられなくても構いません。しかし、参加理由について自分の言葉でしっかりと記述する必要があるのです。また、参加によって何を得たいのか、その意欲が採用担当者に伝わるようにしましょう。

インターン選考対策③:グループディスカッション

冬に開催されるインターンの選考ではありませんが、夏のインターンでは、過去にエントリーシートによる選考を通過した後にグループディスカッションによる選考も行われました。グループディスカッションでは、正解にたどり着けなくても、どのように話を進めていけるか、自分の意見をどのように周囲に納得させるかといった、個人のプレゼン能力が図られる傾向にあります。

それぞれの役割での対策がある

適切な役割を把握した上で、練習を進めた方が効率的に対策ができます。しかし、集団討論でどの役割を担えばいいのかは、多くの就活生が悩むものです。そこでおすすめなのが「グループディスカッション完全対策」です。こちらの資料では、YES・NO診断で自分にぴったりの役割が診断できます。「アイディアマン」「司会」「書記」「タイムキーパー」の内、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるので、ぜひ試してみましょう。

インターン選考対策④:面接

こちらも、夏のインターン時のみに適用される選考方法です。グループディスカッションを通過した学生には2、3日後に連絡があり面接の日程が伝えられます。では、過去の質問を把握して面接対策を行いましょう。過去の質問は以下の通りです。

・インターンに志望した動機について教えてください
・学生時代に頑張ったことはなんですか
・あなたの集団での役割について教えてください
・大和証券の事業で興味のあるものについて教えてください。

以上のような質問があり、逆質問という流れになります。

大和証券の重視するものと絡めて答えるようにする

大和証券は、本採用時も同じですが、人物重視で採用を決める会社です。お客様や、他の社員などの対人関係をきちんと築くことができる人か、人材を大切にする会社であるため、そういった点に重きを置くのです。そのため、インターンの面接でも会社の求めるものと絡めて答えていくことをおすすめします。

大和証券の基礎情報と社風について

社風について

人材重視で採用している会社であるため、職場環境は証券会社にしては珍しく穏やかで社員ひとり1人がやさしい。しかし、仕事自体がルーズになっているのではなく、成果主義も取り入れ、仕事で結果を出した人に対しては報酬を出すなど、モチベーションも上げることができる。

基礎情報

【社名】
大和証券株式会社

【代表者】
代表取締役社長 日比野隆司

【本社所在地】
〒100‐6752 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
グラントウキョウ ノースタワー

【本社アクセス】
JR線東京駅より直通
地下鉄丸の内線東京駅より地下直通徒歩4分
地下鉄東西線大手町駅より地下直通徒歩4分

【資本金】
1,000億円

大和証券の選考情報として学歴より人柄重視で採用人数は例年750人程度であると把握しよう

大和グループの盤石な経営地盤を持つ大和証券の採用選考で、就活生が知っておくべき学歴や採用人数について調べてみました。大和証券はリテールから投資銀行業務までトータルにサービスを提供している国内最大手の証券会社です。学歴は伏せた選考採用となっています。採用人数などは年によって変動するので、あらかじめ調べておくようにしてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント