2016年11月29日(火) 更新

みずほ信託銀行への志望動機の書き方と回答例

みずほ信託銀行対策:受かる志望動機の作り方

みずほフィナンシャルグループの盤石な経営基盤を持つのがみずほ信託銀行です。みずほ信託銀行は、リテール事業をはじめ、投資信託業務など、資産運用に特化した旧安田財閥系の銀行を前身に持つ信託銀行です。ここではみずほ信託銀行に提出する志望動機の書き方についてさまざまな書き方例を挙げながら考えてみたいと思います。志望動機の書き方として、みずほ信託銀行のしっかりとした企業研究が欠かせません。また自身の卒業論文のテーマや研究テーマなどと業務内容を関連づけた書き方も大切です。また文例をインターネットなどから引用することはタブーです。オリジナリティーのある志望動機の書き方が大切です。ここに挙げた志望動機の書き方事例を就職活動の参考にしてください。

みずほ信託銀行で求められているのは「グローバルな視点」

みずほ信託銀行では国内だけでのシェアではなく、よりグローバルな視点で顧客サービスを充実させようとしております。なので、就活生に対しても英語力だけでなく、グローバルな視点で経済を見通せる力を求めています。なので志望動機の書き方としても、「グローバルな視点」があることを強調した書き方が望ましいでしょう。

みずほ信託銀行対策:志望動機の回答例①

【回答例】
私がみずほ信託銀行を志望する動機は、国内最大級の顧客基盤を持つ金融グループに属しているからです。私が考える銀行の役割は、企業の育成にあると思っています。銀行の規模が大きくなればなるほど、社会的な影響力が大きくなります。私はみずほ信託銀行でさまざまな経験を積んで、○○が担当した企業は必ず伸びると噂されるような銀行マンになりたいと思っています。

みずほ信託銀行対策:志望動機の回答例②

【回答例】
私の最終目標は企業経営者になることです。大学では経済学部に所属してマクロ経済学を研究しています。卒業後はみずほ信託銀行に入り、大企業から中小企業までさまざまな顧客企業を担当することで、優れたリーダーからさまざまなことを学び取りたいと思っています。また1日も早く適切なアドバイスによって顧客企業の業績が伸ばせるような銀行マンになりたいと思っています。

みずほ信託銀行対策:志望動機の回答例③

【回答例】
私は現在大学で経済学部を専攻しています。研究テーマは「サブカルチャーの経済学」です。「サブカルチャーの経済学」というのはアイドルやサブカルチャーのあらゆる方面を研究対象としています。例えばアイドルグループを経済の側面で見てみると、ファンの心理がアイドルグループを経済的に支えているわけで、お金の流れを調べることによって、さまざまなことが浮かび上がってきます。私はみずほ信託銀行で預かったお客様の資産を理論的に動かしてみたいと思っています。

みずほ信託銀行の志望動機では「グローバルな視点」があることを強調して書き方と回答例を参考にしよう

国内最大級の顧客基盤を持つ総合金融グループに属したみずほ信託銀行ならではの、具体的な研究にもとづいた志望動機の書き方が必要になってきます。さまざまな例を取り上げながら解説してきましたが、みずほ信託銀行を理解する一番良い方法は、会社説明会やインターンシップに参加して、会社の雰囲気を知るように心がけてください。ここに挙げた志望動機の書き方や事例を参考にしてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】