2016年11月29日(火) 更新

商工中金に採用されるための志望動機の書き方と回答例

商工中金対策:政府金融機関の特徴を取り上げる

商工中金は、政府と民間が共同出資している日本で唯一の政府金融機関です。また、中小企業に対して積極的な支援も行っており、民間の金融機関ではできない融資も行うことができます。その要素を組み込みながら、志望動機を考えていきましょう。

融資に必要になる「客観的な冷静さ」と「人と向き合う情熱」を組み込む

商工中金は海外にも視野を広げており、海外進出したいメーカーに対しても融資を積極的に行っています。その中で、社長と一緒に経営プランを見直していき、企業やその従業員のためのアドバイスなども行っています。つまり、「物事を客観的に見られる冷静さ」と「人と向き合う情熱」の2つが志望動機で示していく必要があります。

商工中金対策:志望動機の回答例①

【回答例】
「私が御行を志望した理由は、御行が掲げている中小企業への積極的支援の一助となりたいと思ったからです。震災後、東北の企業に対して御行が積極的な支援をして企業や雇用の安定に尽力したと知って、感銘を受けました。御行の政府系金融機関という強みのなかで、広い視野を持ちながら、日本の経済に貢献していきたいと思っています。」

商工中金:志望動機の回答例②

【回答例】
「私は御行の海外へ進出する企業への支援活動に惹かれて志望致しました。御行は海外進出した日系企業が、リーマンショックの際に現地銀行に貸し渋りを受けた際に、セーフティーネットとして貸し付けを行った話を知ってから、私自身も日本企業が世界で活躍するフィールドを守っていきたいと考えました。私が御行に入行させていたけたら、国際部で日本の企業を手助けしていきたいと思っております。」

商工中金の志望動機では業務内容を交えて自分のやりたい事を伝える

商工中金では、自分から率先して物事をこなしていくスキルが必要になってきます。そのため、具体的に自分がどの業務内容に興味をもって、どういったようなキャリアプランを描いているのかを伝える必要があります。

具体的にどのエピソードに共感したのかを伝える

自分が商工中金にあるどのエピソードに一番共感を得たのかを、志望動機では伝える必要があります。また、エピソードに対して自分が感じた気持ちを素直に表しましょう。企業側が志望動機で知りたいのはその内容だけでなく、人柄まで知っていきたいと思っています。自分自身の気持ちを素直に表現できる機会を大切にしましょう。

商工中金(商工組合中央金庫)の志望動機の書き方は回答例を参考に具体的なエピソードを交えながら自分の気持ちを表現する

商工中金(商工組合中央金庫)の志望動機の書き方と回答例について紹介しました。商工中金は金融機関の中では特殊な立ち位置となっていますので、その特徴をとらえた志望動機を考えていきましょう。また商工中金ならではの安定性、視野、目標も忘れてはいけません。「御行でしか、達成できない目標・夢がある」と志望動機で商工中金に伝えられるように頑張っていきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント