2019年08月20日(火) 更新

ANAエアポートサービスのインターン必勝ガイド|社風や基礎情報も確認しよう

ANAエアポートサービスのインターンシップ選考対策①:企業研究

必見! ANAエアポートサービスが求める人材

ANAエアポートサービスのインターンシップ選考を突破するには、企業研究をして、企業の特徴や求めている人材を把握することが対策として重要になります。

ANAが求める人材は、「人に喜んでもらいたい」「人とかかわる仕事につきたい」と考えている人です。また、お客様の笑顔のために社員一人一人がチームワークを大切に日々の空港業務をおこなっているため、「協調性」や「チームワーク」をアピールできるとよいでしょう。

グランドスタッフは人気職種ですので、空港で働くことを意識した意欲の高い人物であると、よりよいアピールになるのです。

ANAと他の航空会社を比較しよう

航空業界は就活生からの人気が高いといえます。難関大学からの志望者も多く競争率が高いため、真剣に取り組まなければ内定を獲得するのは難しいでしょう。航空業界への就職を志望しているなら、業界研究・企業研究が欠かせません。

そこでおすすめなのが、航空業界大研究Bookです。ANAやJALの特徴、ポイントを比較することができ、業績推移などもまとめて確認することが可能です。無料でダウンロードできるため、航空業界への就職を目指している人はぜひ参考にしてみてください。

ANAエアポートサービスのインターンシップ選考対策②:応募条件

次に、ANAエアポートサービスのインターンシップ概要を確認して選考対策を立てましょう。ANAエアポートサービスのインターンシップは、よく空港で見かけるグランドスタッフの「空港旅客サービス業務」と裏方に当たる「グランドハンドリング業務」の2種類となっています。それぞれ600名と100名程度の募集となっており、半日程度で行われるインターンシップです。

ANAエアポートサービスのインターンシップ選考対策③:実施内容

ANAエアポートサービスのインターンシップ選考対策の3つめは、実施内容を把握することです。ANAエアポートサービスのインターンシップでは、本社がある羽田空港で行われます。

日程として、前回のインターンシップでは「空港旅客サービスコース」が8月30日~9月4日の中から、「グランドハンドリングコース」は9月6日~9月8日の中から1日を選んでから実施されました。

コースによって仕事の体験や立ち入り禁止区域の見学が可能

空港旅客サービスコースでは、実際にANAエアポートサービスのグランドスタッフが行う仕事を体験できます。接客がメインとなりますので、おもてなしの心を学ぶことにも繋がるでしょう。

また、グランドハンドリングコースでは、業務紹介や職場見学が行われます。まずはそういった空港スタッフが行う業務を理解する必要があるのです。場合によっては普段は立ち入れない区域や空間の見学のチャンスともいえるでしょう。どちらも貴重な体験ですので、特に興味があるほうを選んでください。

ANAエアポートサービスのインターンシップ内容

インターンシップでは、実際に起こりうるシチュエーションに対しての「ケーススタディ」や実践的な「グループディスカッション」も体験できます。 現役スタッフが、1日に渡り空港オペレーションについて説明してくれるので、身を持って仕事内容を体験することができるでしょう。また、世界屈指の旅客数を誇る羽田空港の様子もじかに体幹することができます。

インターンシップの内容

  • オリエンテーション
  • 仕事内容説明
  • 空港内見学
  • グループディスカッション
  • 質疑応答

ANAエアポートサービスのインターンシップ選考対策④:エントリーシート

ANAエアポートサービスのインターンシップ選考対策の4つめは、インターンシップに参加するための最初の関門である、エントリーシートです。ANAエアポートサービスは日本国内の企業というよりも、世界の大企業の一つになっているので、インターンシップに参加するまでの選考でも多くの学生がふるいにかけられるのは容易に想像ができます。

その狭き門であるANAエアポートサービスのインターンシップをつかみ取るために、まずどのようなエントリーシートの選考対策を取ればいいのでしょうか。

エントリーシート項目

・「志望理由」
・「「家でのあなた」「学校でのあなた」「それ以外でのあなた」それぞれの様子を分かりやすく自己紹介してください。」
・「あなたの夢は何ですか?わくわくするような夢を語ってください!」

対策:熱意を伝えながら経験を踏まえた上で書く

こうした点を記入する際に大切なのが、自分の熱意を伝えつつ、いかに自分の経験を盛り込んで、簡潔に伝えられるかという点です。面接でもこのエントリーシートの内容からさらに突っ込まれるときもあるので、記入しつつ自分の頭の中でも整理しておく必要があります。

エントリーシートを用意するために十分な時間をかけることは、今後に必ず繋がっていきますので、じっくりと選考対策を練って、考えて記入しましょう。

ANAエアポートサービスのインターン参加者の声

上記のように、ANAエアポートサービスのインターンでは丁寧な対応を受けつつ、従業員に必要なスキルを学ぶことができます。和気藹々としている雰囲気から質問もしやすく、丁寧な回答を貰えることで多くの知識を得られるでしょう。

実際の従業員に必要なスキルを学ぶことで自分に足りないものも分析でき、質の高いインターンを体験することが可能です。

ANAエアポートサービスの気になる社風と基礎情報

ANAエアポートサービスでは「Co-Creation~共に創る~」をテーマとして掲げ、社会へ貢献し続けています。価値ある空間と時間の創造を目的とし、「安全性」「定時性」「オペレーション品質と生産性の向上」を追求しているのがANAエアポートサービスなのです。

「シンプル・スムーズ・ストレスフリー&わくわくハッピー」な空港創りを従業員共有の価値観としており、今後も活躍の期待できる企業といえるでしょう。では、そんなANAエアポートサービスの社風をご紹介いたします。

■社風

ANAエアポートサービスでは、入社から定年までそれぞれの経験やスキルに応じた研修が用意されています。多くの社員が利用している「ANAグループオープンセミナー」は年次に関係なく学ぶことが可能です。

クリスマスパーティーなどのイベントも多いため、全体的に活気がある会社だといえるでしょう。また、ANAエアポートサービスでは決められた細かなルールの下で仕事をしなければならなく、その業務自体は非常に忙しいものです。

ですので、多くの社員がやりがいを感じています。産休・育休制度やその他の福利厚生がしっかりしているため、男女の差がなく多くの女性が活躍しているのも魅力でしょう。社交的でコミュニケーション能力さえあれば、とても楽しみながら取り組めるといえます。

■基礎情報

社名:ANAエアポートサービス株式会社

代表者:代表取締役社長 南日 隆男

本社所在地:
〒144‐0041 東京都大田区羽田空港

本社アクセス:
東京モノレール羽田空港線 整備場駅から徒歩2分程度

資本金:1億円

ANAエアポートサービスのインターンについてわかる関連サイト

ANAエアポートサービスのインターン選考対策では競合他社との差別化が重要

ANAエアポートサービスのインターン選考対策について見てきましたお客様を最初におもてなしするグランドスタッフや客室乗務員、また、お客様からは見えないグランドハンドリングの仕事とさまざまな職種があるので、それぞれ内容を理解しておきましょう。

それに加え、なぜ競合他社ではないのかという点を差別化できるようにすることが大切です。ANA、JALに内定した先輩たちのES集は、企業研究の参考資料としても役に立ち、その後のES作成時の参考にもなります。企業研究が進んでいない人は、下記の画像をクリックしてみるとよいでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Bc13609351f58bdb

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント