2019年12月23日(月) 更新

京都信用金庫のインターンシップの内容と受かるための選考対策

京都信用金庫のインターンシップ選考対策①:企業研究

京都信用金庫は、京都を中心として地元の発展に貢献している信用金庫になります。「地域の絆づくり」というスローガンを掲げ、他の金融機関にあるような利益を中心とした経営とは違いがあります。創業・開業を目指す人への支援・ビジネスマッチングなどを用いて、京都を今以上に発展させようとしています。

事業内容・状況について

京都信用金庫のホームページによると、京都・滋賀・北大阪を営業地域として、地域社会の発展に寄与が目的です。「新たな時代のコミュニティ・バンク」「顧客満足度向上への取組み」「未来を担う人づくり」を方針としています。現在の預金額は2兆4000億円で、営業利益は134億円でした。単体自己資本率から経営状態をみると、これから単体自己資本率を上げていく必用がありそうです。また、国債、地方債、社債を買うことで、安定的な収益の確保と今後も地域に密着した銀行業を続けることで、地域の発展と活性化を目的にしていくようです。

ビジネスマッチングで中小企業の成長を支援

中小企業にとって、成長の勢いとタイミングが経営で重要になります。その機会を提供するのが、京都信用金庫です。社内のインフラネット、ビジネスマッチング掲示板を用い経営者の課題を書き込むことにより、会社全体の取引先の中から最適なビジネスパートナーを紹介する事が出来ます。それにより、企業は本来ならば達成できなかった事業にもチャレンジする事ができ、その中から新しいアイデアも生まれる可能性も生まれます。

京都信用金庫のインターンシップ選考対策②:応募条件

京都信用金庫のインターンシップに応募するには、企業の採用サイトから申し込みをする必要があります。エントリー期間に申し込みを済ませ、応募書類を期限を守って郵送する必要があります。

参加するのには志望理由が必要になる

インターンシップに参加するには「京都信用金庫をインターンシップ先として志望する理由」を200文字~400文字で作成する必要があります。この内容がインターンシップの選考で大切となるので、しっかりと自分の気持ちを確認しながら作成していきましょう。
志望理由を書く際には「主張→理由」の順番が大切になります。「私は~のため、貴行のインターンシップを志望致しました」と書き、それに続けて「なぜそう思ったのか」を書くと文章が見やすくなるのでおすすめです。

京都信用金庫のインターンシップ選考対策③:実施内容

京都信用金庫のインターンシップは2日間の開催となります。実施場所は京都市にある京都信用金庫の本社ビルとなり、開催人数はだいたい50~60名ほどとなります。インターンシップに対する報酬は支給されませんので注意をしておきましょう。

京都信用金庫のインターンシップは実際の業務を知ってもらうことを優先

京都信用金庫のインターンシップでは、最初に金融業務の基礎知識を習得します。貯金業務や融資業務では何をするのか。また、銀行と信用金庫の違いにはどんなものがあるのかなど、金融を志望する人なら知っておきたい情報を知ることが出来ます。その後窓口業務のロールプレイングや、商品提案のグループワークを行います。また職員との座談会も行われ、仕事に対する疑問などを直接質問することができます。

京都信用金庫のインターンシップ参加者の声

京都信用金庫のインターンシップに参加した人は、
・「金融機関はもっと堅いイメージがあったが、明るい職場だった」
・「教えてもらいながら仕事をする事で、京都信用金庫でどんな仕事をしているのか具体的に知ることが出来た」
・「自分が想像していたよりも女性社員が活躍していてびっくりした」
と感想を抱いたようです。

選考を通過するためにおさえておきたい体験記

京都信用金庫のインターンは学生にとって魅力的なものですが、参加するためには選考を突破しなければならないものも多いです。特に内定直結型のインターンになると多くの学生が応募するため、選考さながらの倍率になります。そこで、事前にやっておきたいのが面接やグループディスカッションの対策です。多くの学生が、インターンに参加するためにさまざまな対策を練ってきます。インターンの参加権を勝ち取るためにも「選考体験記マニュアル」で対策を始めましょう。

京都信用金庫のインターンシップを最大限に活用するには知識を深めるのが重要

京都信用金庫のインターンシップを最大限に活かすには、フラットな気持ちで挑むのが大切になります。証券会社に対して固定的なイメージを持たずに、京都信用金庫の良さを知りに行くというような気持ちで参加してみましょう。

京都信用金庫のインターンシップ選考対策として志望理由を簡潔に書くことを忘れずに

京都信用金庫のインターンシップと選考の対策について紹介しました。京都信用金庫のインターンシップは2日間、実際の業務をバンカーの方に教えてもらいながら体験する形になります。そのため、入社後の具体的な仕事内容を把握することが出来ます。
また京都信用金庫のインターンシップに参加するには、志望理由を作成して選考を通らなくてはならないので、自分の気持ちを簡潔に示した志望理由を作成しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

福岡の企業に出会えるWEB座談会!

    02/08 (15:30~16:30) 【※オンライン開催※】