2020年06月29日(月) 更新

JCBを受ける就活生が必ず知るべき業務内容と労働時間【ジェーシービー】

JCBの労働環境について①:業務内容

JCBの労働環境について、初めに業務内容を見ていきます。JCBは、金融事業を中心に展開するクレジットカード会社の中でも大手の企業です。JCBは、クレジットカード会社として初めて独自の海外展開を開始するなど、従来の考え方にとらわれない柔軟な経営姿勢があります。業務内容として、このようなクレジットカードの営業・サービスの開発が挙げられます。その業務内容で、固定的なサービスの価値観を打ちこわし、創造し続けるJCBはこれからの業績にも期待が集まっているのです。

職種ごとの業務内容を把握しよう

職種は最終的に入社後の面談で決まります。募集している職種別の詳しい業務内容として、以下の項目が挙げられます。JCBは職種ごとに業務内容が異なりますので、確認しておきましょう。なお、他にも様々な職種があり、クレジットカード業界として機能しています。
◆D職:営業・総務・組織の統括など幅広い業務に国内外問わず就く
◆A職:主として標準化された業務に従事し、着実な業務進行により当社事業を支える

JCBの労働環境について②:労働時間

JCBの労働時間についてご紹介します。休暇制度がしっかりとしているJCBですが、実際はどうなのでしょうか。
JCBの労働時間は、職種によって異なります。平均的には定時で帰れる人が多いそうです。勤務時間として、原則9時から17時15分までとなっています。しかし、店舗によっては違う場合もあるので良く確認しましょう。

JCBは休暇制度も充実している

JCBの魅力として、休日制度の充実が挙げられます。完全週休2日制(土日)で、祝日も基本休みとなっています。
その他、年末年始や年次有給休暇、リフレッシュ休暇や暑中休暇などの休暇制度も充実しています。年次有給休暇制度は事前の申請が必要なので、会社規定を把握してから申請しましょう。申請すれば、基本的に休暇が適用されます。

JCBの労働環境について③:残業時間

JCBの労働時間の次は、残業時間を見ていきましょう。JCBの残業時間も、職種によって異なります。JCBの平均残業時間は、月60時間程度とされています。この数字は、あくまで平均ですので、それ以上の人も、それ以下の人もいます。入社前に、自分が配属される職種がどのくらい残業しているのか確認できると良いですね。

JCBは風通しがよく活気がある雰囲気となっている

JCBは風通しがよく活気がある雰囲気となっているので、自分が思ったことをどんどん発案していき、それを経営に取り入れてもらえる機会がたくさんあります。しっかりとした土台の上で仕事ができるので、達成をより感じやすいといえるでしょう。また、業務に当たる従業員は、てきぱきとした行動や思考を培っていける環境でもあるということです。

JCBの業務内容はクレジットカードサービスの提供や開発が中心で労働時間は職種によって異なる

JCBの業務内容と労働環境についてまとめました。就活生は、この業務内容や金融業界の指針、労働環境を知り、JCBにエントリーしましょう。JCBの業務内容はクレジットカードのサービス提供・開発が中心で、今後もより良い環境での金融商品の提供を目指しています。お客さま満足度向上を目指すJCBは、仕事内容からくる満足度がかなり得られる職場だともいえます。このような業務内容や労働時間などの業界研究は、志望動機やエントリーシートにも役立ちますので、エントリー前に把握する必要があります。入社後のミスマッチを防ぐためにも、JCBの企業研究を入念に行いましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

女子キャリ面談

    07/25 (11:00~12:00)