2016年11月29日(火) 更新

【ニコンのインターンシップ希望者必見】ESと面接の選考を突破するために把握すべき対策

ニコンのインターンシップ選考対策①:企業研究

デジタルカメラなどで知られ、精密機器業界の最大手であるニコン。
企業が学生向けに募集しているインターンシップへ参加すれば企業の業務内容を体験できるだけでなく、社員のひとたちと触れ合うことで社風を知ることができます。
あさまざまな利点のあるインターンシップへ参加するためにも、応募の条件や日時、ニコンがどのような人材を求めているのかを把握しておかなければなりません。
まずはニコンの企業研究から、どんな人材を求めているかを確認しましょう。

ニコンは新しい価値のために成長を続けられる人材を求める

ニコンが求める人材は「常に新しい価値を提供し、成長し続けるニコングループ」の実現を目指せる人物です。自分と比較してみていかがでしょうか?求められる人材でなかったとしても、心配する必要はありません。これから自分を磨き、成長していきましょう。

ニコンのインターンシップ選考対策②:実施内容

ニコンのインターンシップ選考対策の2つめは、実施内容の把握です。
インターンシップの実施内容は【技術系Aコース:就業体験5dayインターンシップ】【技術系Bコース:企業理解2dayインターンシップ】【事務系:体感型!1dayインターンシップ】 の3つに分かれています。

技術系Aコース:就業体験5dayと技術系Bコース:企業理解2dayの実施内容

【技術系Aコース:就業体験5dayインターンシップ】
職場に入り、ニコン技術者の一員として最前線の業務を体験できるコースです。
コアテクノロジー本部、半導体装置事業部、映像事業部、 マイクロスコープ・ソリューション事業部など様々な職場で実施予定です。

【技術系Bコース:企業理解2dayインターンシップ】
製作所見学、ワークを通してニコンの未来を考えるコースです。

事務系:体感型!1dayインターンシップの実施内容

【事務系:体感型!1dayインターンシップ】
もうすぐ創業100周年を迎えるニコン。 これまで行ってきた事業内容だけでなく、これからも新しい価値を提供し、世の中に欠かせない企業であるために、アイディアが必要です。このインターンシップでは参加者による新規事業の提案を通して、ニコンのビジネスを体感します。

ニコンのインターンシップ選考対策③:ES

次に、インターンシップ参加のための、エントリーシートの対策についてご紹介しましょう。ここでは、本採用で使用された過去の質問をご紹介します。インターンシップ選考のエントリーシートではないものの、同様の傾向にあるため、本採用時のものを把握しておくことで、対策を練ることができます。質問は下記の通りです。

・あなたが大学時代で取り組んだ研究テーマは何ですか?その研究内容についても、できるだけ簡潔に分かりやすくお書きください
・自分の長所及び、短所、セールスポイントをお書きください。
・課外活動として取り組んだものをお書きください。
・ニコンを志望した理由はなんですか。ニコンでどういったことをしたいのか、ご自身の夢なども絡めてお書きください。
・ニコンでの職種の志望はなんですか?理由と合わせてお書きください。

以上のような質問がこれまで出題されてきました。主に、大学時代のあなた自身のことと、ニコンに就職してからについての考えを問うものです。これらを踏まえたうえで、どういった質問があってもいいのように対策をしておきましょう。

ニコンのインターンシップ選考対策④:面接

次に面接です。面接も主に本採用と同様の傾向にあたるため、本採用時の質問を把握して対策をしましょう。以下が本採用の面接で質問された内容になります。

・大学時代にして期待研究を、今後会社で活かせるか
・学生時代で一番悔しかったこと、嬉しかったこと
・あなたは周りからどのような人と言われるか
・ニコンに就職してやりたいこと
・ニコンの新規事業で期待すること

本採用の面接となると、エントリーシートに記載した内容をより深く問われます。インターンシップ選考の面接では、本採用ほど深くは問われませんが、しっかりと返答については考えておくようにしましょう。

ESはコピーもしくはデータを保存しておく

インターンシップでも本採用時にも言えることですが、面接の最初の段階では、エントリーシートに記載してある内容を基に質問されます。そのため、エントリーシートは記入後必ずコピーをとるか、データを保存して面接に向かう前に見直すようにしましょう。そうしないと、どの企業にどんな内容のエントリーシートを送付したのか分からなくなってしまいます。

ニコンのインターンシップ選考対策⑤:開催期間と場所

次に、ニコンのインターンシップ概要として、開催場所と期間を確認して選考対策を立てましょう。技術系と事務系の2017年度卒向けインターンシップ開催日程は以下の通りです。2018年卒の人も、前年度を参考に日程を把握しておきましょう

【技術系】
◆開催期間
Aコース:[1]2016年2月15日(月)~19日(金)、[2]2月22日(月)~26日(金) (各5日間)
Bコース:[1]2016年2月1日(月)~2日(火)、[2]2月3日(水)~4日(木)、[3]2月9日(火)~10日(水) (各2日間)

◆開催場所
Aコース:各製作所(関東)
Bコース:DAY1 品川本社、DAY2 各製作所(相模原製作所、熊谷製作所、横須賀製作所)

【事務系】
◆開催期間
[1]2016年2月2日(火)、[2]2月4日(木)、[3]2月5日(金)

◆開催場所
品川本社

ニコンのインターンシップ選考対策⑥:参加条件と応募資格

ニコンのインターンシップ選考対策の6つめは、インターンシップに参加条件と応募資格です。
まずは、応募資格から。【技術系】は大学または大学院にて理工系学部・研究科に在籍している学生で、参加前に機密保持等に関する覚書に署名・捺印が必要です。期間中は損害賠償保険・傷害保険へ加入します。
【事務系】は 大学・大学院に在籍の学生で学部学科は不問です。

応募までの流れ

2017年度の応募の流れは以下の通りでした。
下記の締切期間までにリクナビなどの就活サイトかニコンのホームページからエントリーします。

◆技術系:2016年1月15日(金)12時
◆事務系:2016年1月20日(水)12時

エントリー後は下記の締切期間までにエントリーシートの提出とWeb適性検査の受検が必要です。

◆技術系:2016年1月18日(月)12時
◆事務系:2016年1月22日(金)12時

ニコンの会社情報とその社風とは?

ニコンは、光と精密に関する技術を基本とする製品やサービスを展開しています。それは映像に関する事業はもちろん、ミクロの目が必要なバイオサイエンスや産業分野、メディカル事業でも活躍しているのです。また、最先端技術の光や精密関連があるため、宇宙事業にも貢献しています。今後更なる技術開発と事業拡大がみられるでしょう。

社風について

有休を取得しやすい、子育てをする人への業務に配慮がある、ノー残業デイの設定など、育児との両立はもちろん、ワークライフバランスが非常に取りやすくなっています。また、日ごろからコミュニケーションをとる環境であるため、上司と部下の関係であっても自分の意見を言い合える会社であることから、風通しのいい職場であるとも言えるでしょう。そして社員がアピールするほどの「笑顔が絶えない職場」です。

基礎情報

【社名】
株式会社ニコン

【代表者】
代表取締役社長兼執行役員 牛田一雄

【本社所在地】
〒108‐6290 東京都港区港南2‐15‐3
品川インターシティC棟

【本社アクセス】
JR品川駅 港南口より徒歩約7分
京急品川駅より徒歩約10分

【資本金】
65,475百万円

【従業員】
(単体)5,564名
(連結)25,729名

ニコンのインターンシップは技術系と事務系で異なりエントリーシートの提出とWeb適性検査の選考対策は必須

ニコンのインターンシップは技術系と事務系で開催内容が全く異なる点に注目です。理系の学生は両方に応募できるため、自分が進みたい方向性を考えて選びましょう。
参加には選考とぃてエントリーシートの提出とWeb適性検査があるため、対策が必要です。
紹介した企業研究などを行い、ニコンが求める人物像に自分を近づけてインターンシップに参加してみてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

5a334849b2c88964

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント