2016年11月29日(火) 更新

沢井製薬を受ける就活生が知るべき業務内容と労働時間

沢井製薬の労働環境について、はじめに業務内容を見ていきます。沢井製薬は1929年に創業したジェネリック医薬品の大手製薬企業です。医療用医薬品のラインナップは生活習慣病治療剤、抗がん剤などおよそ650品目にわたります。沢井製薬の従業員が取り組む業務内容は、こうした製品の研究・開発・販売などです。

職種ごとの業務内容を把握しよう

沢井製薬の新卒採用では職種ごとに採用を行っています。入社後の配属先および業務内容は職種により異なります。以下、それぞれの職種と業務内容を確認しましょう。

◆研究開発
開発品目選定から承認申請まで、製品開発のためのさまざまな工程を担当する。
開発・知的財産・製剤研究・生物研究・分析・製剤技術など。
◆生産技術
高品質な製品の安定供給を支える。
生産技術・品質管理・製造・生産管理など。
◆MR
医療関係者に対し、製品情報の提供、収集をし、その情報を研究開発や生産部門にフィードバックする。
◆信頼性保証
副作用情報と薬機法に関する業務を担う。

以上、募集職種と業務内容をお伝えしました。

長い歴史と豊富な製品ラインナップが特徴

ジェネリック医薬品大手3社のひとつに数えられる沢井製薬ですが、特に長い歴史を持ち、製品ラインナップが幅広い点が特徴です。このため、幅広い疾患に対して対応可能な多様な財形を提供することができます。

沢井製薬の労働環境について②:労働時間と休日

業務内容の後は沢井製薬の労働時間(勤務時間)についてご紹介します。勤労形態がしっかりとしている沢井製薬ですが、実際はどうなのでしょうか。沢井製薬の労働時間は、どの職種でも標準労働時間が7時間40分です。以下のように、事業所により勤務時間が異なります。

大阪工場、三田工場、関東工場/8:30~17:10
本社・研究所、九州工場、第二九州工場/8:40~17:20
支店、営業所/9:00~17:40

有給休暇は初年度から10日間取得可能

完全週休2日制で、土曜日曜のほか祝日も休日となっています。夏季と年末年始も含めた年間休日は、2014年度の実績で126日でした。年次有給休暇は初年度から10日間取得可能です。有給休暇積立制度もあります。

沢井製薬の労働環境について③:残業時間

沢井製薬の労働時間の次は、残業時間を見ていきましょう。具体的な残業時間は発表されていませんが、所属部署や担当によっては繁忙期に長時間働くということもあるようです。

沢井製薬の従業員は製剤に関わる業務内容に取り組み基本的な労働時間は7時間40分

ここまで沢井製薬の業務内容と労働環境についてまとめました。ジェネリック医薬品製造大手である沢井製薬では、製品を開発し世に届けるまでの間に幅広い職種と業務内容があります。労働時間や実質的な残業時間は長くなるときもあるようですが、沢井製薬の業務内容の中でやりがいを見つけられる人には最適な環境ではないでしょうか。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント