2016年11月29日(火) 更新

アサヒビールを受ける就活生が知るべき業務内容と労働時間

アサヒビールの主な業務内容は「総合酒類の製造と販売」

アサヒビールの労働環境についてご紹介します。まずは業務内容を見ていきましょう。
アサヒビールは圧倒的シェアを誇る「スーパードライ」を中心に、ナンバーワン酒類メーカーとして市場を創造しています。その企業の業務内容として、ビール類を中心に洋酒・焼酎・ワイン・RTDなどの総合酒類の製造と販売が挙げられます。では、その企業の業務内容を詳しくご紹介致します。

営業や開発などの業務がある

アサヒビールの業務内容は職種ごとに異なりますので、確認しておきましょう。職種別の詳しい業務内容として、以下の項目が挙げられます。

・外食営業:居酒屋系飲食店を展開する外食企業へ商品の営業活動、一年を通した販売計画の立案・遂行を行います。

・業務用営業:業務用酒販店と連携し、商品を扱っている飲食店のメニュー提案や売上アップ施策の提案、飲食店への情報提供や業務フォローを行います。

・広域営業:地域に密着して出店しているチェーン店舗に企画提案、販売計画の提案、店頭構築を行います。

・営業戦略:売上や利益・経費枠の策定や管理、人員配置などの体制の整備、人材の育成や評価の運用など、営業部門全体の戦略・活動方針を決めます。

・CSR:芸術文化活動など地域社会への貢献活動を通じて、生活文化創造と地域の課題解決の取り組みを支援しています。

・経営企画:取締役である役員を補佐し、経営戦略に関する意思決定や、経営戦略に基づく活動の支援などを行います。

・宣伝:一人でも多くのお客様に商品を好きになって買っていただけるよう、魅力的な情報発信を行います。

・マーケティング:商品・広告・販促などすべてのマーケティング活動を行っています。

・総務:文房具などの消耗品から事務所まで様々なモノによる環境づくりを行う庶務、給与・福利厚生・研修・労務などのヒトに関する環境づくりを行う人事の業務を行います。

・店舗営業:スーパーやディスカウントストアの店頭で、売り場作りや受注活動を行います。

・経理:アサヒグループの事業系グループ各社の経理業務を担当します。

・法務:グループの企業活動により発生する様々なリスクに対して予防策の検討・実施、企業倫理研修や契約審査その他各種法務相談の対応を行います。

・秘書:役員が経営判断をスムーズに行うための環境づくりを行います。

・システム:IT戦略の立案、様々な業務で利用されているシステムの共通化・標準化の促進、グループ各社の業務効率向上をシステム面から支援します。

・広報:雑誌などのマスメディア向けに情報発信をするなど、アサヒグループの企業活動や商品の情報発信を行います。

・技術開発:新しい技術を実際の工場の生産ラインに適用していくための技術評価や、全国の工場に展開していくための技術開発を行います。

・生産:生産計画等の立案・推進、生産技術力・設備開発力の向上、国内酒類事業に関わる人材育成戦略・採用方針の施策推進を行います。

・醸造:ビールが容器にパッケージングされる前までの工程を担当し、品質管理を行います。

・品質管理:原料から製品が出荷されるまでの工程の分析や微生物検査、官能検査を行い、製品の品質を保証します。

・製造/技術開発:ウイスキー等蒸留酒の製造・壜詰(びんづめ)、樽の製造、ニッカウヰスキー最大の蒸留工場で製造全般を担います。

・微生物技術:醸造用酵母の育種や管理方法の研究、お酒を濁らせたり、微生物が製品に入らないようにするための研究開発を行います。

・発行技術開発:酵母エキスをはじめとした天然調味料事業の技術開発を行います。

・安全評価技術:微量なリスク物質の分析法の開発を行い、原料から商品に至るまで、すべての安全性を保証する業務を行います。

・開発:お酒や食品の「中味」をより輝かせるための容器包装の開発を行います。

・プラントエンジニアリング:工場の設備投資の計画・設計業務を行います。

・エンジニアリング:醸造・パッケージ・原動など工場内で稼動するさまざまな設備の維持・管理を行います。

アサヒビールの労働時間は原則7時間30分

技術系には生産や製造業務がある

アサヒビールの労働環境として、労働時間や休日・休暇制度についてもきちんと把握しておきましょう。まずは労働時間について見ていきます。
アサヒビールの勤務時間は勤務地によって異なりますが、基本的に本社・支社・支店は9時から17時30分まで、工場・研究所は8時30分から17時までが勤務時間となっています。労働時間は、休憩を除いた原則7時間30分です。しかし、残業などによってこの労働時間よりも多くなる場合があります。
では、休日・休暇はきちんと取得できるのでしょうか。

続いて、技術系職種をご紹介します。

・技術開発:新しい技術を実際の工場の生産ラインに適用していくための技術評価や、全国の工場に展開していくための技術開発を行います。

・生産:生産計画等の立案・推進、生産技術力・設備開発力の向上、国内酒類事業に関わる人材育成戦略・採用方針の施策推進を行います。

・醸造:ビールが容器にパッケージングされる前までの工程を担当し、品質管理を行います。

・品質管理:原料から製品が出荷されるまでの工程の分析や微生物検査、官能検査を行い、製品の品質を保証します。

・製造/技術開発:ウイスキー等蒸留酒の製造・壜詰(びんづめ)、樽の製造、ニッカウヰスキー最大の蒸留工場で製造全般を担います。

・微生物技術:醸造用酵母の育種や管理方法の研究、お酒を濁らせたり、微生物が製品に入らないようにするための研究開発を行います。

・発行技術開発:酵母エキスをはじめとした天然調味料事業の技術開発を行います。

・安全評価技術:微量なリスク物質の分析法の開発を行い、原料から商品に至るまで、すべての安全性を保証する業務を行います。

・開発:お酒や食品の「中味」をより輝かせるための容器包装の開発を行います。

・プラントエンジニアリング:工場の設備投資の計画・設計業務を行います。

・エンジニアリング:醸造・パッケージ・原動など工場内で稼動するさまざまな設備の維持・管理を行います。

原則週休2日制で年次有給休暇などもある

アサヒビールは原則週休2日制(土日)です。また、年次有給休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇、メモリアル休暇などの休暇制度があります。年次有給休暇制度は事前の申請が必要なので、会社規定を把握してから申請しましょう。申請すれば、基本的に休暇が適用されます。

アサヒビールの1ヵ月当たりの平均残業時間は約22時間

では、その残業時間について見ていきます。
アサヒビールの1ヵ月当たりの平均残業時間は約22時間となっています。毎日1時間程度の残業時間がある計算となりますが、会社の取り組みとして積極的に休暇の取得を促すなど、長時間労働の防止を行っています。しかし、職種や時期などによって異なり、この時間よりも多くなる場合もあります。目安として覚えておきましょう。

家族のような社員と団結力が魅力の社風が労働環境に影響している

アサヒビールは個性豊かな社員がたくさんいますが、1つの目標に向かって挑戦できる団結力ある社風となっています。困った社員がいれば声を掛け合い、頑張った社員がいれば称賛する温かい会社です。この雰囲気が、残業の少なさをもたらしているようです。このような社風が労働環境にも影響していることを、きちんと頭に入れておきましょう。

アサヒビールの業務内容は総合酒類の製造と販売が中心で労働時間は原則7時間30分

アサヒビールの労働環境の中から、業務内容と労働時間、残業時間について見ていきました。
アサヒビールは職種によって業務内容が異なりますので、ご紹介した内容をよく理解した上で就職活動を行いましょう。また、勤務時間は職種によって異なりますが、労働時間は原則7時間30分です。1ヵ月当たりの平均残業時間は約22時間で、家族のような社員と団結力が魅力の社風が労働環境に影響しているといえます。しかし、実際の業務内容や職場環境によってこの時間は異なりますので、ご注意下さい。
この業務内容や労働時間、残業時間は、企業選びや企業研究の参考にして下さい。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント