2016年11月29日(火) 更新

東日本銀行を受ける就活生が知るべき福利厚生・教育制度

東日本銀行の福利厚生や教育制度を紹介していきます。まずは福利厚生を見ていきましょう。
東日本銀行の福利厚生には社員寮と独身寮が完備されています。独身寮は入港時に自宅から通勤できない場合に入寮可能となっております。社宅は東京都・埼玉県・神奈川県にあり、行内規定に従い入居が可能となっています。

全国に契約の保養所もある

福利厚生のなかには保養所もあり、全国の契約保養所を利用する事が出来ます。具体的には外部提携によるものとなるので、ホテルや旅館などを低料金で利用できるものとなります。この制度を利用すると、長期休暇に金銭的な負担を減らしながら家族サービスができ、仕事の疲れもしっかりと取ることができます。

連続休暇やリフレッシュ休暇などの休暇制度が整う

東日本銀行の福利厚生には仕事の疲れをゆっくりと癒せる休暇制度も充実しています。
土日を含めると最大9日間の休暇となる連続休暇制度をはじめ、勤続年数に応じて取得できるリフレッシュ休暇なども整っており、ワークライフバランスもしっかりと整えられるように配慮されています。

東日本銀行の福利厚生・教育制度:手厚い研修制度

東日本銀行の教育制度として、手厚い研修制度を設けています。
新入行員に対しての研修も充実しており、入行後の4月から1ヶ月の研修が行われます。内容としては、業務知識の習得よりかはビジネスマナーや銀行員としての心構えを重点的に教育されます。意図としては学生から社会人への切り替え及び同期のコミュニケーションを図り、新しい環境に慣れてもらうことを目的としています。

中堅層の研修制度も充実

中堅層以上の社員にも定期的な研修を開催し、リーダーシップやマネジメント力について、自ら振り返る機会を設けています。そのため、経験にあぐらをかくことがなく、常に新しい感性で仕事にのぞむことができます。

行員の将来を考えたキャリアマネジメント制度

東日本銀行では、行員の多様な就業観とキャリア形成に対する意思を尊重しています。そのため、行員のモチベーション向上と人材の活性化を目的としてキャリアマネジメント制度を近年導入しました。
キャリアマネジメント制度は自分の希望するキャリアをコース選択式で選べるものとなり、そのコースはスタートキャリア期間の入行3年間を過ぎてから、5年刻みで変更する事が可能となります。自分の将来を、その時の状況に応じて選ぶことが出来るのです。

東日本銀行の福利厚生は住宅・休暇制度に手厚く教育制度では全職員がスキルアップできるように配慮されている

東日本銀行の福利厚生と教育制度を紹介しました。東日本銀行は新人でも業務に早くなじめるような研修と、中堅層でも成長できる教育制度があります。
また、福利厚生では社員の金銭的な負担を減らす制度や、仕事の疲れをリフレッシュできる休暇制度を充実させており、仕事と普段の生活を両立できるものとなっています。以上の東日本銀行の福利厚生と教育制度を把握しておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント