2017年07月18日(火) 更新

ブリヂストンのインターンシップの内容と受かるための選考対策

ゴム・タイヤ事業で世界No.1の地位を確立したブリヂストン。その内情を知るには、企業が学生向けに募集しているインターンシップへの参加がおすすめです。
企業の業務内容を体験できるだけでなく、社員のひとたちと触れ合うことで社風を知ることができます。さまざまな利点のあるインターンシップへ参加するためにも、応募の条件や日時、ブリヂストンがどのような人材を求めているのかを把握しておかなければなりません。まずはブリヂストンの企業研究から、どんな人材を求めているかを確認しましょう。

ブリヂストンは世界で活躍するグローバル企業

ブリヂストンのインターンに参加する前に、企業情報を軽く確認しましょう。【最高の品質で社会に貢献】を企業理念とし、「誠実協調」「進取独創」「現物現場」「熟慮断行」の4つの心構えとして示しています。
最高の品質で社会貢献するために、世界中で活躍する企業です。

ブリヂストンは新しい価値のために成長を続けられる人材を求める

ブリヂストンが求める人材は「断トツの世界No.1」を目指すために情熱をもって業務に臨める人物です。世界一を目指すには、あらゆる困難に立ち向かい、チャレンジする姿勢が重要といえます。
この情報を自分と比較してみていかがでしょうか?求められる人材でなかったとしても、心配する必要はありません。これから自分を磨き、成長していきましょう。

ブリヂストンのインターンシップ選考対策②:実施内容は職種で異なる

ブリヂストンのインターンシップ選考対策の2つめは、実施内容の把握です。
インターンシップの実施内容は【事務系3DAYインターンシッププログラム】と【技術系インターンシッププログラム】 の2つに分かれています。開催内容は以下の通りです。

事務系3DAYSインターンシップの実施内容

世界中で事業展開をしているブリヂストンの事務系社員として、「世界一をつくる」仕事を実際に体験可能なワークショップ型のインターンシップです。先輩社員の方々とともに、実際の業務を流れに沿って凝縮して体験できます。

技術系インターンシッププログラムの実施内容

技術系インターンシップでは、「世界No.1」企業であるブリヂストンの技術開発のスケール・現場を体感できます。配属部署では先輩社員によるフォローが行われ、安心して参加できます。

ブリヂストンのインターンシップ選考対策③:開催期間と場所

次に、ブリヂストンのインターンシップ概要として、開催場所と期間を確認して選考対策を立てましょう。事務系と技術系の2017年度卒向けインターンシップ開催日程は以下の通りです。

◆事務系3DAYSインターンシップの開催日時と期間
日程1:2016年2月8日(月)~2月10日(水)
日程2:2016年2月17日(水)~2月19日(金)(各2日間)

◇ブリヂストン本社、研修センター

◆技術系インターンシップの開催日時

2015年8月26日(水)~9月15日(火)の15日間(土日祝日は休日)
(実習部署によって始業・終業時間が異なる場合があります。)

◇開催場所
技術センター(東京都小平市)、化工品技術センター(神奈川県横浜市)を予定

ブリヂストンのインターンシップ選考対策④:参加資格と応募の流れを確認

ブリヂストンのインターンシップ選考対策の4つめは、インターンシップに参加条件と応募資格です。まずは、応募資格から。
事務系3DAYSインターンシップには4年制大学学部・修士・博士課程の方(学部・学科・学年不問)が応募可能です。

技術系インターンシップには理工系で4年制大学在籍の3年生以上、修士課程あるいは博士課程の学生が応募可能です。※工学基礎を習得したレベルとしてこの資格が設定されています。

応募までの流れを確認

2017年度の応募の流れは以下の通りです。
下記の締切期間までにリクナビなどの就活サイトかブリヂストンのホームページからエントリーします。

◆事務系3DAYSインターンシップの応募の流れ

リクナビなどからエントリー

エントリーシートによる選考

面接

インターンへの参加

◆技術系インターンシップの応募の流れ

リクナビなどからエントリー

エントリーシートによる選考

書類選考

面接

インターンへの参加

待遇面を確認

交通費や宿泊費など、インターンシップに参加する際の待遇面について説明します。
◆事務系3DAYSインターンシップの待遇
事務系3DAYSインターンシップの待遇
交通費:遠方(首都圏以外)から参加する場合は会社規定の交通費支給
宿泊:遠保からの参加には会社が負担
食事:2日目、3日目の昼食が用意される
報酬:なし

◆技術系インターンシップの待遇

交通費・出張費用:全額支給
実習手当:1日あたり2,000円を支給。(実習中の食費相当分として)
宿泊:遠保からの参加には会社が負担
傷害保険:ブリヂストンにて加入
災害保険:各自で加入
※災害保険とは、学生教育研究災害傷害保険および学研災付帯賠償責任保険、あるいは左記保険と同等の保障内容を有する保険のこと。(株式会社ブリヂストン 技術系インターンシップ情報より)

ブリヂストンのインターンシップは技術系と事務系で異なりエントリーシートへの選考対策は必須

ブリヂストンのインターンシップは技術系と事務系で開催内容が全く異なる点に注目です。理系の学生は両方に応募できるため、自分が進みたい方向性を考えて選びましょう。
参加には選考としてエントリーシートの提出とWeb適性検査があるため、対策が必要です。
企業研究をしてブリヂストンが求める人物像に自分を近づけてインターンシップに参加してみてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

D770237c86312a68

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント