2016年11月29日(火) 更新

東急リバブルを受ける就活生が知るべき業務内容と労働時間

東急リバブルの労働環境について①:業務内容

東急リバブルの労働環境について、最初に業務内容ですが、東急リバブルは不動産売買を中心として業務展開をおこなっています。もちろん賃貸も扱っているのですが、基本的には土地・建物などの売買がメインと考えて良いでしょう。東急リバブルの業務の特徴として、店舗に来店されるお客様と、物件を持つオーナー様への双方に営業をおこなう必要があります。この形態は、不動産売買・賃貸を扱う業界では、必須になり、双方の間にたち、仲介をすることで利益を得ると認識をしておきましょう。

東急リバブルは、不動産流通ビジネスを「信頼産業」と考えています。「不動産仲介業」から「暮らしのトータルコーディネーター」を業務活動の指針としています。お客様の話を真摯に聞くことがビジネスの第一歩とし、そこからお客様のニーズやライフスタイルに応じたコンサルティング活動が始まります。採用活動では人物像を重視した面接・試験を行っていると言えるでしょう。売主と買主双方にとって、最善の暮らし方とはどういう点かを考えて、道筋を立てるそんなスタイルを、東急リバブルでは目指しているのではないでしょうか。

東急リバブルの事業内容は、以下の通りです。

◆売買仲介:お客様に寄り添い、地域密着の営業活動を展開
◆不動産ソリューション:国内外問わず企業や投資家のお客様の不動産ニーズを幅広く解決
◆賃貸:賃貸物件の仲介等を行う
◆販売受託:東急グループを中心とした、広く不動産関連企業の新築物件の受託販売を行う
◆不動産販売:自社開発の新築マンションおよびリノベーションマンションの用地取得から分譲までを行う

上記が東急リバブルグループの業務内容です。次項で、更に詳細の職種を見ていきましょう。

職種ごとの業務内容を把握しよう

東急リバブルでは、職種として総合職・賃貸職・一般職とわかれています。基本的には以下の通りに職種の役割が異なります。

◆総合職:不動産の売買仲介営業、販売受託、不動産の販売など
◆賃貸職:不動産の賃貸仲介営業など
◆一般職:事務・営業補助業務全般

売買仲介営業職は「不動産を売主と買主を引き合わせる仕事」です。両者の間に入ってそれらの条件をすり合わせ、双方が納得し喜んで頂けるようにする、いわば仲人のような存在といえるでしょう。賃貸仲介営業職は、賃貸物件のオーナー様(大家さん)と借主様(お部屋探しのお客様)の間に立って、賃貸借の契約締結がスムーズに運ぶよう、お手伝いをする仕事です。最後に一般職は店舗をはじめとした、第一線の営業現場をサポートする仕事になります。

東急リバブルの労働環境について②:労働時間

次に東急リバブルの業務内容の中の、労働時間についてご紹介します。休暇制度がしっかりとしている東急リバブルですが、労働時間に関してはどうなっているのでしょうか?

東急リバブルの労働時間は、職種によって異なります。勤務時間として、9:30~18:00になっています。基本的に1時間休憩時間はしっかりとれる環境下にあるので、職場環境として大変働きやすくなっています。もちろん、その時の土日などのお客様の来店数が多いときなどの勤務状況によって異なる可能性はあります。また配属部署によっても、業務時間は異なるので注意しておきましょう。

労働時間に関してですが、不動産業界では、必ずしも勤務時間内に帰れるというわけではない可能性があります。

不動産賃貸業界は基本的にお客様が主導の時間リズムで、業務をおこないます。それはどの会社にも、共通して言えることになるのですが、例えば、定時直前に来店されたお客様がいれば、物件を紹介し、案内などをおこなえば、ほぼ確実に定時を超えるでしょう。

ですが東急リバブルがおこなう不動産という分野では、何よりもお客様に満足していただくことが重要となるので、お客様のスケジュールに合わせた動きをとる必要があると言えるのです。そういった点を考慮すると、勤務時間を絶対守らなければならないとはいえないと言えます。ですが、様々な苦労を経て、仲介が成功した際の喜びは、感極まるものもあるので、ぜひ、前向きな考え方を持ちたいですね。

東急リバブルは休暇制度も充実している

東急リバブルの休日制度ですが、年間120日週休2日制となっています。
また夏季、年末年始、有給休暇、慶弔休暇などの休暇制度が充実しています。売買で言えばゴールデンウィーク明け後、賃貸でいえば引越しシーズンなどの繁忙期はなかなか、休日もとれない可能性はありますが、休暇制度はしっかりと完備されていると言えそうです。

年次有給休暇制度やその他休暇制度は事前申請が重要なので、会社規定や業務内容を把握してから申請しましょう。申請すれば、基本的に休暇が適用されます。しかし、前述したとおり、繁忙期や店舗ごとのスケジュール次第で、休暇の取得状況は異なりますので、どういった場合に休日取得ができるかは、業務内容を会社説明会で確認してみると良いかもしれません。

東急リバブルの労働環境について③:残業時間

最後に東急リバブルの残業時間を見ていきましょう。東急リバブルの残業時間も、職種によって異なります。東急リバブルの平均残業時間は、詳しく明記はできないですが、かなり多いと認識しておきましょう。残業時間以上のやりがいはあると考えられますが、入社前に自分が配属される職種がどのくらい残業しているのか、業務内容を確認できると良いですね。

新入社員は労働時間外の勉強が結果につながる

東急リバブルだけでなく、業界に携わる人にとって、労働時間外に勉強時間を設けることは重要です。もちろん会社から強制されるわけではありません。

しかし、不動産という商品を扱うには幅広い知識や経験が必要になります。数字として結果を残す為にも、勤務時間後にOJTの先輩社員にロープレをお願いしたり、専門知識を得るために宅地建物取引業の資格勉強等が必要になるかもしれません。いずれにしても、自分から学ぶ姿勢が、東急リバブルでは求められるでしょう。

東急リバブルは不動産売買・賃貸に関わる業務内容で労働時間はお客様が来店される時間や繁忙期によって異なる

東急リバブルの業務内容と労働環境についてまとめました。就活生は、この業務内容や住宅業界の指針、労働環境を知り、東急リバブルにエントリーしましょう。

東急リバブルの業務内容は不動産売買・賃貸の仲介をおこなっており、オーナー様と店舗に来店されるお客様双方の信頼関係の構築です。東急リバブルは、残業が少ないとは言えないですが、住環境に情熱がある人は、楽しく、やりがいを持って働ける職場環境であるといえます。

東急リバブルは、東急グループということもあり、業界トップクラスの幅広いネットワークを築いてきた企業です。不動産業界を見ている就活生にも大変人気がある企業なので、ぜひ前向きに選考を検討してみてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】