2016年11月29日(火) 更新

大和リースを受ける就活生が知るべき業務内容と労働時間

大和リースの業務内容は建築リースがメイン

大和リースの業務内容について、まずは説明していきます。大和リースのメイン事業は「建築リース」です。建築リースについて具体的に説明すると、一定期間建物や土地を企業に貸し出す業務内容となります。
ですので、大和リースは基本的に「BtoB」企業と言えるでしょう。貸し出す建物として、大和リースは数多くの種類があります。たとえば、公共施設や商業施設、オフィスや学校等です。

大和リースは環境への配慮も怠らない

大和リースでは貸し出す建築物の企画、設計、施工を自社一括でおこなっています。この点は大和ハウスグループならではと言えるかもしれません。

また、大和リースの業務内容として、おさえておきたいのは環境への配慮です。大和リースでは、建築する建物に緑化事業を取り入れたり、建築資源を有効活用するべく、資源の原型を壊さずに何度も利用する「リユース」という建築システムを取り入れています。
こういった点も、大和リースならではの業務内容でしょう。

大和リースの職種別業務内容を理解しよう

大和リースの会社全体がおこなっている業務内容を理解したところで、次に職種別でさらに詳しくみていきましょう。

まず、大和リースでは以下の職種に分かれています。

【総合職】
◆企画営業

【技術職】
◆建築設計
◆建築施工管理
◆設備設計
◆生産管理

【一般職】

上記が大和リースの職種です。基本的には総合職・技術職・一般職の3種類があると理解しておけばよいでしょう。総合職の業務内容は、営業がメインとなります。技術職は、施工、設計、一般職は事務系の業務内容です。

総合職の業務内容:企画提案営業

大和リースの総合職の業務内容は、企業や宮内庁にたいして、「建物づくり」「街づくり」を提案する業務となります。企画力や折衝力、行動力が求められるでしょう。

技術職の業務内容:各施設やオフィスの設計・施工

大和リースの技術職の業務内容は公共施設、オフィス等の意匠をおこなったり、プロジェクト全体の進行する施工職をおこなったりと様々です。技術者としては、大変やりがいを感じられる内容でしょう。

一般職:事業所の事務

大和リースの一般職の業務内容は、各事業での事務となります。総合職のサポートや経理作業をおこなっていく流れとなるでしょう。

大和リースの労働時間は9:00~18:00が基本

次に大和リースの労働時間に関して説明していきます。大和リースの労働時間は、9:00~18:00が基本です。施工管理職のみ、8:00~17:00になりますので、注意しておきましょう。大和リースの労働時間は、基本的には離職率が低い点を鑑みても、休憩時間をしっかり取得でき、定時には帰る事ができるというような働きやすい職場と言えます。

平均残業時間は27時間程度

大和リースの残業時間は月あたり27時間程度のようです。業界内で見ると大変少ないと言えます。こういった労働時間や残業に関しては、大和ハウスグループの一角を担っていることが、職場環境の良さに繋がっているのでしょう。

大和リースに建築リースがメインの業務内容で労働時間は安定している

大和リースの業務内容と労働時間についてご紹介しました。

大和リースは、建築リースをメイン事業としています。自社で企画提案や、設計、施工を一括でおこなっていることもあり、業務内容としてそれに準じたものが多いのが特徴です。

また労働時間に関しても、大和ハウスグループのブランドもあるため働きやすい職場環境にしようという姿勢が見受けられます。

リース業界に興味がある方は、ぜひ業務内容や労働時間を踏まえたうえで、選考に臨みましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

D770237c86312a68

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【コールスタッフ募集】高時給×インセンティブ×柔軟シフトOK!

    エントリー後、【03-6435-0800】より面談についてお電話いたします。

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】