2016年11月29日(火) 更新

足利銀行のインターンシップの内容と選考対策の必要性

足利銀行のインターンシップ選考の対策①:企業研究をしておく

インターンシップに参加する前にはその企業がどんな背景を持っているのか、また業務の特徴にはどんなものがあるのかを紹介します。
足利銀行は、栃木県を中心に店舗展開をする地方銀行となり、地域社会の発展のためにチャレンジを続けています。

地元の中小企業・ベンチャー企業を支える

足利銀行は地元の中小企業やベンチャー企業を支えるために様々な施策を打ち出しています。とくにベンチャー企業を支える制度が充実しており、その企業の時期【起業→成長期→安定期】などに対応した支援を行っています。また、資金提供だけでなく、行員自ら経営方針のアドバイスを行ったりなど、親身になって対応しています。

足利銀行のインターンシップ選考対策②:応募条件

足利銀行のインターンシップに応募するには、学生である必要がありますが、その際に細かい条件はありません。学年・学部・学科は問わずと明記されているので、興味があれば積極的に参加しましょう。

応募者多数の場合は抽選になる

足利銀行のインターンシップに参加するには、公式のサイトでエントリーを行う必要があります。その際に応募者が多数だった場合、抽選となりますので注意をしておきましょう。またインターンシップは、就業体験の機会や職業観を育てるための機会であり、採用選考活動とは一切関係ないので注意をしておきましょう。

足利銀行のインターンシップ選考対策③:実施内容

足利銀行のインターンシップ1DAYインターンシップとなり、宇都宮会場と東京会場で行われます。東京会場では20人ほど、宇都宮会場では30人ほどを募集しております。
また、交通費は支給されないので自分が無理なく行ける場所で参加するようにしましょう。

インターンシップの内容は業界知識から足利銀行の業務内容までを詳しく知れる

2016年卒の足利銀行のインターンシップは終わってしまいましたので、来年にどんな内容が開催されるのかは公表されていません。昨年度の実施内容は、

●金融業界、地方銀行業界研究
業界等について説明されます。
●グループワーク(銀行業務を体験する)
行員を交え、少人数のグループで行います。
営業、融資、得意先業務の現場を体感して、ひとつのテーマについてグループワークを実施します。
●行員との情報交換(銀行員の働き方、考え方)
実際に現場で働く行員の話を聞き、人が思う銀行や銀行員のイメージを醸成する機会です。

というプログラムを行いました。

足利銀行のインターンシップ参加者の声

足利銀行のインターンシップに参加した人は、以下のような感想を持ったそうです。
●和気藹々とした雰囲気で社員の方々からの助言は大きな財産になりました。また、就活を進め、社会人になるにあたり、自分に必要なものに気が付くことが出来ました。
●社会人として期待される生産性の一端を垣間見ると共に、今の自分のスキルをどのように昇華していくべきなのか感触を掴めたように思います。
●グループワーク課題が他の銀行と比べて難しかったが、同世代の人たちの意見を聞けて刺激になりました。

足利銀行のインターンシップは選考対策の必要はないが抽選となる場合もあるので注意しよう

足利銀行のインターンシップと選考対策の必要性について紹介しました。足利銀行のインターンシップに参加するにはエントリーをする必要があり、応募者が多数の場合は抽選となる場合があります。
またインターンシップで実施される内容は、足利銀行をとりまく業界の詳しい知識を学べるとともに、業務内容を詳しく知れる機会ともなります。また、他の就活生と意見を交換する事も出来るので、自分の知識やスキルを客観的に見つめ直せます。しっかりとインターンシップを活かして自身の就活につなげていきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】