2016年11月29日(火) 更新

JTB西日本のインターンシップの内容と受かるための選考対策

JTB西日本のインターンシップ選考対策①:企業研究

まずは、JTB西日本の企業研究をして、インターンシップの選考対策を立てましょう。JTB西日本のインターンシップに参加するには、JTB西日本がどのような人材を求めているのかを把握しておかなければなりません。では、JTB西日本は企業としてどんな人材を求めているのでしょうか?

JTB西日本が求める人材:自律創造型社員

JTB西日本は、新しい情報やスキルを継続的に習得し、自己成長への努力を惜しまない人、そして物事や組織の課題を認識し、自律的に考え行動できる人を求めています。そのため、主体性や積極性を持ち、コミュニケーション能力にたけている人を求める傾向にあるようです。また、お客様と接する機会が多いことからホスピタリティ精神を持っていることも要素の一つに挙げられます。インターンシップを通して、企業の求める人物像を把握し、就活に備えることが大切です。

JTB西日本のインターンシップ選考対策②:応募条件

次に、JTB西日本のインターンシップ概要を確認して選考対策を立てましょう。JTB西日本のインターンシップは、大学および大学院、専門学校に在学中で特に学年や学科などの指定はないようです。また、5日間のインターンシップにすべて参加できることが条件となっています。条件ではありませんが、社会的課題をビジネスで解決する仕事に就きたい方、マーケティング・プロモーションに興味のある方、ビジネスモデルを生み出したい方など、におすすめとの記載があるため、当てはまる人はインターンシップにぜひ参加してみましょう。

ビジネスマナーや実践的な業務を体験できる

JTB西日本でのインターンシップは、ビジネスマナー・スキルの講座やJTBグループの実践的なケーススタディ、リサーチマーケティングや企画書提案書の作成業務と言った、実践的な業務体験をすることができるようになっています。プレゼンテーションやフィードバックがあることから社員の目線に立って、業務を体験することができます。また、先輩社員との座談会も用意されているので、普段の仕事や休日のこと等気になることを聞くこともできる貴重な場となっていますぜひインターンシップに参加してみましょう。

JTB西日本のインターンシップ選考対策③:実施内容

JTB西日本のインターンシップ選考対策の3つめは、実施内容を把握することです。JTB西日本のインターンシップでは、5日間のインターンシップとなっています。また、会場が札幌・東北・東京・名古屋・大阪・広島・九州(福岡)の7会場で実施されます。他社とどこが異なるのか、具体的な仕事内容とはどんなものなのか、インターンシップを通して、しっかりと学ぶことができるようになっています。

JTB西日本のインターンシップ内容

インターンシップでは、業界研究にも役立つ内容となっています。身近な旅行業界であるJTB西日本ではありますが、普段の生活ではなかなか事業内容までわからないものです。グループワークを行ったり、業務の説明などを聞いたりすることができるので、とても学びの多い場となっているようです。

【プログラム概要(予定)】
(全国共通)
◇キャリア形成に役立つビジネスマナー・スキル講座
◇JTBグループの実践を元にしたリアルケーススタディ
◇リサーチマーケティング業務体験
◇企画書・提案書作成業務体験
◇プレゼンテーション・フィードバック
◇社員との意見交換 等

JTB西日本のインターンシップ選考対策④:エントリーシート

JTB西日本のインターンシップ選考対策の4つめは、インターンシップに参加するための最初の関門である、エントリーシートです。JTB西日本は、旅行会社の中でも人気企業の一つですので、インターンシップに参加するまでの選考でも多くの学生がふるいにかけられるのは容易に想像ができます。その狭き門であるJTB西日本のインターンシップをつかみ取るために、まずどのようなエントリーシートの選考対策を取ればいいのでしょうか。

エントリーシート項目

・志望動機
・学生時代頑張ったこと
・自己PR

興味のきっかけやインターンシップで得たいことを記載する

JTB西日本のインターンシップのエントリーシートで気を付けたいことは、どうして興味を持ったのか、わかりやすく伝えられるようになることです。自己PRでは自分が周りに与えた影響に関して、自分の経験に基づいて説明することができると良いでしょう。また、インターンシップを通して何を得たいのか、それを明確に記載することが大切です。どのような設問であれ、具体的に簡潔に理由を説明できるようにすることを意識しましょう。

JTB西日本のインターンシップ選考対策は具体的かつ簡潔に志望動機を伝えることが大切

JTB西日本のインターンシップ選考対策についてお話をしてきましたが、いかがでしたか。JTB西日本のインターンシップでは、5日間という長いスパンで行われ、業界の隅々まで理解を深められる内容となっているでしょう。内容としては旅行業界というよりは、ビジネスソリューションやマーケティングなど業界を問わない内容となっているようです。先輩社員と直接かかわることが出来るので、ぜひ参加できるように申し込んでみましょう。JTB西日本に、なぜ興味を持ったのか、参加して何を得たいのか、しいては何を学びたいのか、エントリーシートに具体的かつ簡潔に述べることが大切です。普段の生活では見ることができない体験ができるので、ぜひ積極的な姿勢でインターンシップに取り組みましょう。是非、この選考対策を参考にして、JTB西日本のインターンシップに参加してみてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント