2016年12月12日(月) 更新

西日本鉄道の面接の通過率を上げるための対策と回答例

西日本鉄道対策:面接の流れと内容

西日本鉄道の面接に至る流れと対策、回答例について紹介していきます。面接の流れに関しては、まず、西日本鉄道の選考にエントリーすると、エントリーシートの提出や面接(複数回)、適性検査に進むこととなります。そして1次面接があり、2次面接、最終と面接が待ち構え、内々定の運びとなるようです。

回答内容に一貫性を持たせる

面接は3回の面接とも、基本はエントリーシートに沿った内容を聞かれるようです。志望動機や自己PR、学生時代に頑張ったことなどが聞かれるので、企業研究をしっかりと把握しておく必要があります。また、希望勤務地や自分のセールスポイントなども聞かれることがあるので、聞かれるであろう質問を予想して、臨機応変に対応する力も大切です。

西日本鉄道対策:面接で聞かれた質問例集

西日本鉄道の面接でこれまで質問された質問例と回答例などを挙げながら、面接対策にいかせるようにしました。さまざまな質問例や回答例に隠された意図するところにも触れながら対策に役立つようにしています。面接官を討論相手だと思って、リラックスして臨みましょう。

【質問例】
1.志望動機
2.学生時代頑張ったこと
3.入社してどんなことがやりたいか
4.希望勤務地、選考状況など

西日本鉄道対策:面接の質問と回答例①

【質問】
志望動機

【回答例】
私が貴社を志望した理由は、鉄道業界を志望している中で、地元に貢献したいと強く感じたからです。また、貴社はグループ会社も多くあるので、若いうちから幅広く活躍できる場所があるように感じました。
学生時代には地域活性化のゼミの研究で地方を訪れ、地域に寄り添う大切さや新しい取り組みの重要性も肌で実感し、学んできました。その研究を活かし、地元に還元していきたいと思います。

西日本鉄道対策:面接の質問と回答例②

【質問】
学生時代頑張ったこと

【回答例】
学生時代に力を入れて取り組んだことは、ゼミでの活動です。私は、国内外の経済効果について興味があり、観光学のゼミを選考していました。その中でも地域の衰退をテーマに調査を行い、シャッター街での活性化方法や観光地の観光時期以外の観光客の流入方法などの施策を考え、実際に行った事例を参考に活性化方法に共通点や意外性をグラフ化し、経済効果を踏まえ、新たな施策を考察しました。
そこで、調査の方法や分析の方法など専門的な知識を理解することができたのはもちろん、数値の具体性や根拠の大切さを強く感じました。また、チームで動いていたため、情報共有の重要さや誰かに頼ることの大切さも身を持って体感しました。

西日本鉄道対策:面接の質問と回答例③

【質問】
入社してどんなことがやりたいか

【回答例】
わたしが貴社に入社してやりたいことは、より多くの物流網を増やしていきたいと思います。私は貴社の物流事業部に興味を持っており、より多くの物流網を拡大していきたいと思っています。それこそ、商品がどこへいても手に入るような世の中にすべく、世界に届くような社会に貢献していきたいです。

西日本鉄道の面接対策では回答例を参考に求める人物像を理解しながら臨機応変に対応しよう

西日本鉄道の面接対策について、回答例を参考にしながら見てみました。いかがでしたか。九州を中心に運輸業、流通業、不動産など多様な事業展開をしている西日本鉄道。そのエントリーシートに記載した内容を把握しておくことはもちろん、エントリーシートから深く聞かれる内容を予想して、回答を用意しておきましょう。やりたいことや学生時代のこと、自分自身についてなど、臨機応変に対応できるよう明確して答えられるようにしておくことも大切です。自分のことをどれだけ正確に詳細に伝えられるかがミソとなるのでしっかりと把握し、対策を行いましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント