2016年11月29日(火) 更新

リクルートスーツがもたらす就活への影響

サイズの合ったリクルートスーツを選ぶと良い印象を与える

就活において、第一印象が悪くなれば、それだけでほぼ不採用が決定することもあります。逆に、リクルートスーツを正しく選んで着こなし、髪型などの身だしなみも整えることができれば、第一印象が悪くなることはないということです。リクルートスーツを選ぶ際には、必ず自分のサイズに合ったものを選・びましょう。小さすぎても大きすぎても不自然な印象を与えます。

リクルートスーツは肩幅だけではなく袖の長さも合わせよう

リクルートスーツを選ぶ際には、つい肩幅で合わせがちです。確かに、肩幅で合わせることで、ぴったりのサイズのリクルートスーツを選べます。しかし、肩幅が合っていても袖が短い場合には、ジャケットの袖からワイシャツが出過ぎてしまうことが考えられます。ジャケットからワイシャツが1~2cm程度出すのが正しい着こなし方なので、肩幅だけではなく袖の長さも合わせましょう。

リクルートスーツにデザイン性を求めてはいけない

リクルートスーツを選ぶ際には、黒もしくは濃紺のものを選び、ストライプなどファッション性があるものは避けましょう。就活において、そういったデザイン性があるスーツは必要ありません。何のために就活をするのかを考えて、正しく選びましょう。中に着るワイシャツは白を選び、女性の場合は胸元が開きすぎていないものを選びましょう。

デザイン性より清潔感を求められている

リクルートスーツに、カフスボタンや派手なネクタイピンなどは付けないように注意しましょう。就活において、そういったファッション性は不要です。ネクタイピンに関しても、ネクタイには輪が取り付けられているため、ネクタイピンで止める必要はありません。そして、ジャケットのボタンも留めるため、ネクタイピンが面接官の目に触れることもないでしょう。デザイン性よりも、清潔感を求められていると覚えておくと良いですね。

男性はリクルートスーツに合わせるネクタイで個性を出そう

男性がリクルートスーツを購入する際には、一緒にネクタイを選びましょう。就活における第一印象を決めるのは見た目です。黒や濃紺のリクルートスーツにカラーのネクタイを着けることで、ネクタイに目が行きます。赤は情熱、青は冷静、黄は個性、ピンクは優しさなどをイメージさせるので、自分らしさを表現できる色のネクタイを選びましょう。

就活では細かい部分までしっかり見られている

就活においては、リクルートスーツだけではなく、靴やカバンなど細かい部分までしっかり見られていることを覚えておきましょう。また、どれだけ正しくリクルートスーツを選び、身だしなみを整えていたとしても、泥はねや埃などで汚れてしまっていれば台無しになります。面接の際には、必ず身だしなみに加えて汚れなどをチェックしておきましょう。

リクルートスーツの大きさや形は自身に合っていないと就活での第一印象が悪くなる可能性がある

就活に相応しくないリクルートスーツを着用した場合、第一印象が悪くなる可能性があります。また、カフスボタンや派手なネクタイピンといったファッション性は就活に不要です。就活に相応しいリクルートスーツを着用するだけではなく、そういったアクセサリーや靴や鞄なども正しく選びましょう。また、面接を受ける際には、身だしなみを再度整えると共に、泥はねや埃などで汚れていないかチェックすることが大切です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

あなたにご紹介したい企業があります【大手/人気業界の特別面談枠】@関西

    エントリー後主催企業より日時調整のご連絡を致します。

【最短即日】20代で年収1000万 / 年間休日130日以上など 好条件企業の内定が狙える!

    エントリー後、主催の株式会社イノース様よりお電話をいたします。