2016年11月29日(火) 更新

テレビ局への就活で知っておきたい主な募集職種

テレビ局の就活スタート時期は規模によって異なる

テレビ局、と一口に言っても、民放キー局、民放準キー曲、地方ローカル局、番組制作会社と多岐に別れます。そして各テレビ局の就活は、始まる次期が同じではない事をご存知でしょうか? まず、民放キー局への就活がスタートし、それから民放準キー局、NHK、民放ローカル局、そして番組制作会社へと流れていきます。どのテレビ局を目指すのかを決めるところから、就活が始まるのです。

テレビ局の募集職種は「アナウンサー職」「総合職」「技術職」の3つ

テレビ局では多くの場合、3つの職種で募集があります。誰もがイメージしやすい「アナウンサー」の職種。そして「総合職」、最後に「技術職」の3つの職種です。総合職はディレクターやプロデューサーなど、番組制作に関わる立場の職種で、技術職は音声マンやカメラマンへの募集職種となります。上記は一般的な区分けですが、テレビ局により職種の呼び名が異なる場合があります。必ず募集要項を良く読み、自分が希望する職種がどれにあたるのかを確認して就活を始めましょう。

テレビ局で働く女性の割合とは

テレビを見ていると、アナウンサーは女性を多く見かけますが、テレビに映らない裏側は想像がつきませんね。ディレクターやカメラマンなど、どうしても男性が多いイメージがあります。女性でも働く事は可能で、かつ、現場にはどれくらいの女性がいるのか、気になる方も多いのではないでしょうか。時間も不規則で力仕事が多いような印象もあるテレビ局。就活を始める前に女性でも働けるのかを知りたいですよね。

テレビ局で働く女性の割合は増加していて男女が同じ扱い

昔は確かに、テレビ局は男性が殆ど、という男女比だったようですが、年々女性の数が増え、技術職につく女性もいます。また番組によっては女性だからこそ、といった感性や視点が求められるので、女性である事を強みにした仕事も出来そうです。そしてテレビ業界は良い意味でも悪い意味でも、男女が同じに扱われる事が多いようです。女性には心強い半面、タフである事が求められます。就活をしながら、常に自分にタフであるよう、語りかけると良いですね。

テレビ局の就活は職種に関わらず面接やディスカッションが多い

テレビ局の就活は、他の多くの企業と同じで、筆記試験と面接です。この筆記試験で作文とクリエイティブな問題が出されます。この時に時事について詳しいと、作文とクリエイティブ問題をクリアしやすくなりますので、就活をしながらも、新聞やテレビはより細かくチェックしておきましょう。また、テレビ局の就活は面接が多い事でも有名です。集団面接はもちろん、グループディスカッションやプレゼンテーションも行われます。

テレビ局の就活ではどの職種でも常に明るく元気よくしよう

テレビ局の就活を潜り抜け、内定を取る人というのは、この面接の場で、明るく元気に意見を述べる事が出来る人が多いです。まず最初に結論を伝え、元気にハキハキと意見を話します。その場にいる人皆が分かり易く、好感を持てるように話す事がポイントです。最初に結論を伝え、元気にハキハキ話す練習は、就活が始まる前から、今からでも出来ますよね。普段からこころがけ、身に着けておく事で、就活ではすっかり板についた状態で面接が出来るようになりたいですね。

テレビ局への就活に見られる募集職種は「アナウンサー職」「総合職」「技術職」の3つ

テレビ局への就活で知っておきたい主な募集職種について紹介しました。テレビ局への就活を希望する場合、たくさんあるテレビ局の中でどこへターゲットを当てるのか、どの職種を希望するのかを決めたら、募集要項をしっかりとチェックしましょう。そして一番大切になる面接を乗り切る準備をするため、就活が始まる前から、時事問題をくまなくチェックし、話し方の訓練をしておくと良いですね。インターンを募集しているテレビ局もありますので、まだ就活が始まる前からインターンに応募して、視野を広げる事も出来そうです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント