2016年12月12日(月) 更新

就活をコンサルに絞る!コンサルで内定をもらうノウハウ

コンサルへの就活は早ければ早いほど良い

コンサルから内定をもらった先輩方の話を聞くと、就活を始めるのは少しでも早いほうが良い、という声が多いです。たくさんの会社を回る事で、場に慣れてくる、といった意見や、他の就活生を見て学ぶことがあるので、自分のアピールの仕方の参考になる、といった意見も。これはどの業界でも共通ですが、のんびりせず、早めに就活に取り組みましょう。

コンサル業界で内定をもらうには熱意が伝わる行動を

本気でコンサル業界から内定をもらいたいのであれば、とことん会社を研究して就活に本気になるよりありません。コンサルで内定をもらったとある私立文系の学生さんの就活方法は独特。狙った会社へ何度も足を運び、社員と仲よくなり、ついには会社の近くのカフェで社長とばったり会って話をする事も出来たのだとか。どれだけ本気でその企業に入りたいと思っているかで、就活にかける熱意や行動力が変わってきます。狙う企業をとことん研究する事は、面接で内定をの準備にもなります。

コンサル業界は話下手な人には向いてない

コンサルというのは、お客様と直接話し、戦略やアイデアを提案する仕事です。当然ながら、明るく堂々と話せる人が業界に向いている適性がある人という事になります。就活の面接で、何でもないような話でも、自信ある語り口で説得力をもって聞かせる事ができれば、審査に残り易いのです。逆に話をするのが苦手な人は向いていない可能性が。明るく堂々と話せる、という自信が無いけれどどうしてもコンサル業界に入りたい、という人は早めにスピーチやディスカッションの対策と練習を開始する必要があります。

コンサルでは語学力が重視される

企業に向けて提案を行うコンサルという仕事の性質上、どんどんグローバル化が進む世界の流れの中にいる企業が海外進出を考えている可能性が大きく、語学力は非常に重視されます。また、外資系のコンサル企業の場合は上司が外国人という可能性もあるのです。ビジネス英会話が出来るレベルまで、自分の英語力を磨いておくと良いでしょう。

就活で内定をもらうには面接での演出力が必要

自分が狙うコンサル企業への就活について徹底的に調べていくうちに、その企業がどんな人材を欲しているのかが自然と見えてくると思います。明るく自信をもってハキハキ話す以外に、どのような自分をアピールすれば、他の就活生と差別化をはかり、面接官に「この人材が欲しい」と思ってもらえるようになるのか。面接でいかに、自分が「企業が欲している人材」「企業にとって役立つ人材」「面白いと思ってもらえる人材」であるかを演出できる事が、コンサル会社から内定を取れる鍵になります。

就活の面接はアイデア勝負

印象に残りたいからといって、奇をてらう事をするのは逆効果ですが、実際にコンサル企業から就活で内定をもらったという人の話を聞くと、「面接で写真を使った。写真をつかってはいけないという決まりは無いから」「10分で自己アピールをして下さい、と言われ、1分で終わらせた。短い時間でもアピールできるという自分を見せた」というような声も。「出来るかな、いいかな」と不安になり、アイデアがあるのにしない、という選択肢もあるでしょうが、企業の社風や自分の自信の度合いで「いける!」という確信をもってぶつかり、その姿勢をアピールするというのも一つの方法です。じうれにせよ、その企業の社風をしっかり研究し、就活の準備を万全にしておけば、勝負に出るべきなのか、そうでないのか、見えてきそうです。

コンサルへの就活は明るいキャラクターと語学力や演出力に力を入れて内定を手に入れよう

コンサル業界は、クライアントの情報を外にもらしてはいけない、という業務の性質上、外からは見えにくいところがありますが、徹底的に就活で情報を集めて研究をすれば、おのずと狙うコンサル企業が求めている人物像が見えてくるはずです。明るくハキハキ話し、語学力は磨けるだけ磨き就活を行いましょう。そして企業が求める人物像に自分をあてはめるように演出したら、あとは自信をもってアピールし、内定を勝ち取りましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント