2016年11月29日(火) 更新

インターンシップ長期型・短期型という期間の違いとメリット

長期間のインターンシップのメリット①:実務を長く体験出来る

長期間と短期間のインターンシップの最大の違いは、長期間のインターンシップの場合、実務を実際に体験が出来るということです。短期間のインターンシップは、どうしても一日やそこらでのインターンとなるので、実務を経験するというよりは、ちょっとのぞいたり、会社や業界について学ぶ程度の事しかできません。どちらも会社を知る上には大切ですが、経験という視点で見ると長期間のインターンシップに分があります。

長期間のインターンシップのメリット②:スキルアップに繋がる

長期間のインターンシップと短期間のインターンシップでは、実務を体験できるかどうかという違いがありますが、長期間のインターンシップで実務を体験するのは、仕事選びの参考になるという以外にもメリットがあります。高いレベルのプロの現場で仕事をするわけですから、スキルアップにつながるのは当然です。

実務の経験は仕事選びの参考になる

長期間のインターンシップを通して得られる実務の経験は、仕事選びの参考になります。実際に実務を通してみないと、それが自分の本当にやりたいことかどうか、その仕事に自分が耐えられるかどうかは見えてきません。ですから、長期間のインターンシップでそれが判断出来るというのは、仕事選びに際してすごく参考になるのも、メリットと言えます。

短期間のインターンシップのメリット①:たくさん参加できる

では、短期間のインターンシップにはどういうメリットがあるのでしょうか。実務は経験できない代わりに、一日で仕事の内容がはっきりと分かり、業界の事が分かり、会社の事が分かります。どういうことかと言いますと、たくさん参加して、多くの会社を比べるられるのです。それは短期間のインターンシップならではのメリットでしょう。

短期間のインターンシップのメリット②:いい会社を見つけやすくなる

そうしていろいろな会社の短期間のインターンシップに参加していくと、いい会社を見つけやすくなるでしょう。会社側が公表している情報だけでは、会社の情報は計り知れません。しかし、短期間のインターンシップに参加して実際に目で見て身体で感じた情報で会社を選べば、良い会社を絞りやすいのです。長期間のインターンシップは、期間が長いので何社ものインターンに参加するのは不可能です。

スキルを磨ける体験は他ではできない

どちらのインターンシップにせよ、プロの現場で自分のスキルを磨けるような経験は、他では出来ません。それhインターンシップならではのメリットです。どちらにしてもスキルを学べれば、これから先の選択肢も増えていくでしょうし、それもまた仕事選びの判断基準となるでしょう。もちろんそれにより就活へのモチベーションや、今後の独力でのスキルアップへのモチベーションも上がるということも言えます。

それぞれのメリットと自分がどのくらいの期間インターンシップしたいかを照らし合わせよう

長期間のインターンシップと短期間のインターンシップでは、学べること・やることに違いがあり、それぞれのメリットももちろん違うというのがお分かりいただけましたでしょうか?一概に短期間のインターンシップが良い、長期間のインターンシップが良い、とは言いきれません。自分の今いる状況とメリットを、しっかりと照らし合わせて考えると良いでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント