2016年12月12日(月) 更新

百貨店が行うインターンシップの内容と学生が参加する意義

インターンシップでは学生が在学中に就業体験できる

大学生が行うインターンシップとは、学生が企業などで実習・研修的な就業体験をする制度のことです。日本の大学で推進するインターンシップでは、学生が在学中に自分と関係のある専攻や、将来のキャリアに関連した就業体験を行います。百貨店のインターンシップに学生が参加すると、実際に店舗内での職業体験が主になるでしょう。

学生の「仕事を知りたい」という強い気持ちが優先される

よくアルバイトとインターンシップを混合してしまう人もいますが、両者には決定的な違いがあります。アルバイトは雇用を目的としているのに対し、インターンシップは「仕事を学びたい・知りたい」という、学生の意思を尊重したものとなるのです。そのため企業側もインターンシップ参加者を、従業員としてではなく「研修生」として扱います。インターンシップに参加するときは、「働く」という意識よりも、「学んでいく」という意識を持った方が効果的な就業体験になるでしょう。

百貨店が行うインターンシップの内容は店頭での営業など様々

では、百貨店のインターンシップでは具体的にどういったことを行うのでしょうか。百貨店のインターンシップでは、実際の業務に携わることができます。たとえば、販売業務や販売促進に関する勉強会、店頭での営業などに参加できるでしょう。また、百貨店の社員の方と話をして、業務においてのやりがいや仕事の楽しさなど、直に話を聞くことが出来るチャンスです。百貨店を志望する学生は、ぜひ参加すると良いでしょう。また、インターンシップで行われる内容はこれだけではありません。

ワークショップや講演会などを行う企業もある

有名な百貨店と言えば、高島屋、伊勢丹、そごう、三越、大丸などが挙げられるでしょう。こういった百貨店では、1dayインターンシップなども開催しています。そいうったインターンシップでは、ワークショップやロールプレイングなどを体験できるでしょう。実際に百貨店がクリスマスや正月などにどういった企画を立ててるのか、販売業における接客などを体験できるのです。また、バイヤーや販売員の講演や百貨店業界に関するセミナーなども開催されるので企業研究にも役立つでしょう。

インターンシップに参加する意義はスキルの向上が望めること

百貨店のインターンは、実際に店頭に立ってお客様と接する時間が持てます。実際に入社した後のイメージが湧き、とても有意義な時間を過ごせるでしょう。それ以外にも、

・社会での実地体験を通して、学習の充実やスキルの向上に繋がる
・高い職業意識が生まれる
・社会における企画提案や課題解決能力を身につけられる

インターンシップでは、これらの効果を得ることができます。

百貨店側は人材育成の方法を改善する材料を得られる

インターンシップを実施することは、もちろん百貨店側にも意義があります。

・大学生への教育を通じて、高い実践力のある人材育成に貢献できる
・商品開発などにおいて、大学との連携を図るきっかけとなる
・企業に対する理解の促進、PRになる

これらの効果を得られます。また、その企業に興味のある学生について把握する材料となり、新たな人材育成に向けて、研修内容の充実・改善のきっかけにもなるでしょう。

インターンシップ中は笑顔で挨拶することが大切

インターンシップの経験をスキル向上や内定に繋げていくには、参加した際の挨拶が大切になります。実習前には、これからお世話になるという気持ちを込めて、挨拶のメールか電話をしましょう。また実習中は、百貨店の店内にいる社員の方や、一緒に活動をする人に会ったら笑顔で挨拶することが大切です。そして忘れ物や時間厳守にも、気を配る必要があります。

百貨店のインターンシップでは営業や商品企画が行われており学生はスキルの向上ができる

ここまで、百貨店が行うインターンシップの内容と参加する意義についてご説明しました。インターンシップは大学で学ぶことの出来ない体験を出来る、とても貴重な経験です。特にインターンシップを開催する百貨店は、大手の企業が多いと言えます。こういった大企業で社会勉強が出来るのは、学生の特権と言えるでしょう。就職活動を円滑に進めるためにも、社会に出る前の社会勉強をする意味でもぜひインターンシップには参加して下さい。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント