2016年11月29日(火) 更新

就活で事務職に就くための志望動機のポイント

会社と事務職の両方の志望動機を盛り込む

就活で事務職に就くための志望動機のポイントとして最初に言えるのが、会社と事務職、両方の志望動機をひとつの志望動機に盛り込むということです。というのも、事務職というのはどこでやってもあまり大差はありません。だからこそ、会社側も就活では「なぜこの会社の事務職なのか」ということに重きを置いてチェックしてきます。だからこそ、会社と事務職両方の志望動機を用意しないとならないのです。

他社と比べながら差別化を図る

たとえば業務内容でも良いですし、人間関係、社内の雰囲気、会社の将来性、どのような内容でも良いので、しっかりと他社と比べて、なぜその会社の事務職でないとならないのかを明確にしていきましょう。就活では、それならば他の会社でも良いのでは、と思われるような志望動機が一番良くありません。ですから、そうならないように注意して下さい。

志望動機に事務職としてのスキルのアピールを盛り込む

就活で事務職に就くための志望動機のポイントとして、事務職で活かせるスキルのアピールを盛り込む方法があります。就活では、志望動機での自己アピールが大切です。ですから、コミュニケーション能力やPCスキル、気配りの力など、事務職としてアピールできるようなポイントを志望動機に盛り込んでいきましょう。

さりげないアピールは就活において大切

就活での事務職の志望動機は、「○○というアピールポイントを活かせるのが事務職だった」という形にしていけば、さりげなくも自分をしっかりと売り込める志望動機になります。ですから、そういう形にして、自分が事務職に向いていると伝えましょう。こういう志望動機なら、事務職に必要な能力が何かをわかっているというアピールにも繋がります。就活においてのアピールは大切なポイントです。

事務職としての展開の計画を志望動機に盛り込む

就活で事務職に就くためには、志望動機の中に、その会社の事務職に就けたらどういう風に仕事をしていきたいと思っているのかを盛り込むのも大切です。それは、最初に紹介したポイントである差別化にもつながりやすく、自分とまわりの事務職志望者の差別化を図る武器になります。ですから、就活で事務職に就くためには、志望動機に今後の展開の計画を盛り込むのも大切です。

事務職としての展開の具体的な計画を述べる

就活で事務職に就く志望動機として、計画の展開をアピールするなら、なるべく具体的に語る必要があります。なんとなく「努力して貢献していくつもり」と書かれても何も信憑性がないですし、イマイチ説得力がありません。そうではなく、この会社の事務職はこういう風にやっていると聞いたので、自分なりにこういう風に工夫していきたいと思っている。そして貢献したい」などという風に述べていくと良いでしょう。

就活で事務職に就くための志望動機は差別化と適正のアピールがポイント

以上、就活で事務職に就くための志望動機のポイントのご紹介でした。就活で事務職に就くための志望動機には、差別化と適正のアピールが重要になります。ですから、これらの事を参考にしっかりとそれらをおさえていって、強い志望動機を作り出していってください。そして、難関ともいえる事務職への就職を、勝ち取っていってください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 21年卒
  • 24年卒
  • 19年卒
  • 20年卒
  • 18年卒
  • 23年卒
  • 22年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

43137 view

おすすめの就活イベント