2016年11月29日(火) 更新

食品業界の企業への就職に有利な志望動機の書き方

志望動機の書き方①:食品業界の企業へを目指したきっかけを書く

食品業界に限らず、希望する企業に入りたいという気持ちが大切ですが、まずは自己分析をしっかりと行うのが先決となります。自身を振り返り、なぜ食品業界なのか?その企業でなくてはならない理由を明確にする必要があります。どんな小さなエピソードでも、自分自身の未来へつながると思ったら、書きだしましょう。志望動機では箇条書きにすると、より理解が深まり、食品業界の企業の就職に一歩近づくでしょう。

食品業界の歴史をひも解きながら説得力を生む

食品業界の企業を目指すにあたり、普段の生活がどう影響しているか、身近なところを志望動機に含ませて書くと説得力が生まれます。「食」というのは、人の生活に欠かせない大切なカテゴリです。食品業界の企業へ就職したいのであれば、そこに焦点を当てるとさらに説得力を高めることができます。古き良き時代に、食べ物がどう扱われていたかを想像してみてください。そうすると、現代の自分が取り組むべきことが明確となるはずです。そこを食品業界の企業への志望動機に繋げると、就職に有利に働くでしょう。

志望動機の書き方②:食品業界でその企業が扱っている商品について触れる

食品業界の志望動機に必要不可欠である要項が、その企業で「取り扱う商品」があるかどうかなのです。もしある場合は、その商品を綿密に研究しておく必要があります。商品のファンになり、たくさんの方に知ってもらいたい、という思いを全面的に伝えましょう。興味を持ったきっかけや、その商品に対する熱意を書くことで、より就職成功率が高まるといえます。

商品を持たない食品業界の企業の場合は就職したい職種を限定する

食品業界の企業で取り扱う商品が特にない場合(スキルを売り物にしている)も、食を扱うには違いがないので、いかに食に興味があるか伝えられるかが必要となります。志望動機には食べる・作るなど、食に対するエピソードを一つだけでも盛り込むと、その企業で何がしたいのか相手に想像させることが可能となります。管理栄養士など専門職になると、特にこの手法が有効的だといえます。

志望動機の書き方③:食品業界の企業へ就職して自分ができることは1つだけ書く

食品業界の企業といえども多くのカテゴリに分類されています。そこで志望動機には、食品業界に就職して出来ることを1つだけ書くのをおススメします。たくさん書く必要がないのです。なぜなら、たくさん書いてしまうと訴求力が俄然弱まり、本当に伝えたい内容が伝わらなくなってしまうからです。さらに、たくさん書くと、読み手の興味がそこで終わってしまう恐れがあるからです。少しだけ書いて、興味を惹き面接で聞いて欲しいという風に促します。

食品業界で求める人物像とは清潔感があり安全性があるかどうか

食品業界の企業が求めている人物像を、理解できているのを前提としておきます。いくら御社に興味があるという事を志望動機に書いていても、企業研究が浅ければその企業で持っているコンピテンシー(社員モデル)に近づくのは難しいでしょう。食品から連想される清潔感や安全性をいかに志望動機に繋げることが、キーポイントだといえます。

食品業界の企業に対する志望動機には目指したきっかけ・商品を知ってもらいたい思いや自分に何ができるかを1つ書く

食品業界の企業を目指している人の志望動機の書き方でした。いかがでしたか?志望動機を書く際は、食品業界でもし自分が人を採用する立場になった時、どんな人が欲しいのかも一度考えてみるとよいでしょう。客観的にみるのも重要なヒントとなり、志望動機のよいフレーズも浮かんできます。自分も他人も知らない自分を発見できれば、本当にそこで出来ることと必要なことが明確になってきます。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント