2019年11月28日(木) 更新

レストランマネージャーを志望する際にまずするべき職種研究

レストランマネージャーとは飲食店などの責任者

レストランマネージャーとは、レストランや飲食店の責任者のことを指します。調理場とフロア全体を統括し、衛生管理や健全な経営をおこないます。マネージャーと聞くと指示を出すだけと思われがちですが、実際は接客や新メニューの開発、教育活動などもしなければなりません。お店の運営に関わることは全てといっても良いでしょう。

レストランマネージャーになるには知識と経験が必須

レストランマネージャーになるには、3つの方法があります。1つ目は、素人の状態からアルバイトを始めて、長い期間を通じて知識と経験を積んで、最終的にマネージャーまで上り詰める方法です。
2つ目は、専門学校などに通って、知識・マナー・資格を身に付けてレストランに就職して経験を積んだ後、マネージャーになるケースです。
3つ目は、経験を積んだ上で、自分でレストランを開業してマネージャーになる方法です。いつかは自分のお店を持ちたいと思う人は多いですので、そういった夢を叶えて、レストランマネージャーになるケースも多いでしょう。
いずれにせよ、レストランマネージャーは未経験でなれるものではありません。

自分の面接力を確認してみる

「社会人になったらやってみたいこと」という質問は、自己分析を念入りにおこなった人であれば答えるのがそこまで難しくないはずです。面接の質問には、自己分析という土台ができていないとスムーズに答えられないため、全く考えつかないという人は、自己分析が不足している可能性が高いです。自己分析をはじめ、業界・企業理解や面接対策などが準備できているかを、一度確認してみてはいかがでしょうか。そこで活用したいのが「面接力診断」です。面接力診断で、今の実力を踏まえた上で対策を進めていきましょう。

レストランマネージャーには責任感や根気強さが必要

レストランマネージャーに向いている人は、責任感と根気強さがある人です。マネージャークラスになれば、当然仕事量が増えます。さらに、1店舗だけでなく複数店舗を任されるケースが多いですので、どのレストランも疎かにすることができません。全ての店舗の改善に努める根気強さと、任せられているという責任感を持ちながら仕事ができることが大事です。
そしてコミュニケーション能力は必須でしょう。接客や教育をする立場でもあるので、コミュニケーション能力がなければ話になりません。複数店舗を任された場合は従業員数が何倍もの人数になるので、顔と名前を覚えることも人間関係として重要になります。その上で、的確な指示を出さなければならないのです。

レストランマネージャーを志望する前に必ず職種研究は済ませておこう

ここまで、レストランマネージャーを志望する前にやっておくべき職種研究について紹介しましたが、いかがでしたか。レストランマネージャーは接客からお店運営まで、複数店舗にわたっておこなわなければなりませんので、とても大変な職種です。レストランマネージャーになるには知識と経験が必要で、責任感やコミュニケーション能力がある人が向いています。志望する前に、レストランマネージャーの職種研究を済ませて、希望するレストランの分析などもおこなうとより良いでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

確実に1社内定へ 独自エントリー枠

    08/21 (12:00~13:00) 【※電話/WEB面談※】