2019年11月27日(水) 更新

新聞配達員志望動機の書き方のポイント|あると便利な強みや現状・今後の動向もご紹介します

新聞配達員とは新聞の配達業務に従事する者を指す

新聞配達員の仕事内容

新聞配達員の仕事内容は、主に新聞の配達や集金・営業です。配達では、バイクや自転車に乗り、購読者の家に新聞を届けています。集金では、新聞の購読料を集め、営業では新規顧客の開拓をしているのです。そんな新聞配達員の、1日のスケジュールをみていきましょう。

新聞配達員の1日のスケジュール

新聞配達員の1日のスケジュールをご紹介します。一般的な新聞配達員の1日のスケジュールであるため、地域によって時間は前後するでしょう。新聞配達員は朝早く起きる必要があるため、就職後には時間感覚を掴むのに苦労するかもしれません。

1日のスケジュール

AM2:30 出社・配達準備
AM3:30 朝刊配達開始
AM5:30 朝刊配達終了・退社
PM1:00 再出社(伝票整理や昼食)
PM2:30 夕刊の到着
PM3:00 夕刊配達開始
PM5:30 夕刊配達終了
PM6:00 退社

新聞配達員にあると便利な強み

早起きが得意

新聞配達員は、業務開始時間が非常に早いのが特徴として挙げられます。朝寝坊をして新聞配達が遅れてしまうと、多くの購読者に迷惑をかけてしまうのです。毎日、新聞を読むのを楽しみにしている人は多くいます。そのため、早起きが得意という強みがあると、新聞配達員の仕事で活かせるでしょう。

体力がある

新聞配達員は、まとまった睡眠をとりにくく、疲れがたまりやすいです。現在は、バイクで新聞を配達するケースが多くなっていますが、自転車に積んで新聞を配達する場合もあるようです。これらのことから、新聞配達員は、ある程度の体力が必要だといえるでしょう。

新聞業界の現状

最近では、インターネットの普及に伴い、新聞の販売部数が減っている現状があるようです。そのため、広告収入が減り、経営状況が厳しくなってきている一面もあるといえるでしょう。 この現状をふまえたうえで、新聞配達員の志望動機の書き方のコツを、つぎでみていきます。

志望動機の書き方のコツ

企業研究して求めている人材を知る

新聞配達員の志望動機を書く際は、最初に企業研究をおこなうと良いでしょう。企業研究をすると、経営理念や仕事内容、求めている人材などを知ることができるのです。企業研究の方法としては、ホームページを見て情報を集めることが挙げられます。しっかり調べたうえで、企業の求めている人材に合うような志望動機が書けると良いでしょう。

自己分析で今までの経験を思い出す

志望動機を書く際は、自己分析で今までの経験を思い出すと良いでしょう。自己分析をすると、今までの経験から長所や短所を見つけられます。そうして見つけたなかで、新聞配達員として活かせそうな強みがあれば、志望動機に盛り込みましょう。

具体的にわかりやすく書く

志望動機の書き方のコツとしては、具体的にわかりやすく書くことも挙げられます。たとえば、「体力をつけるためにランニングをしました」よりも、「体力をつけるために、毎朝1時間のランニングを2年間続けました」と、数字を取り入れると具体的です。このように具体的にわかりやすく書いて、企業側に伝わりやすい志望動機にできると良いでしょう。

志望動機を書くうえでの注意点

企業側が悪い印象を持ちそうな内容は控える

志望動機を書くうえでの注意点1つ目は、【企業側が悪い印象を持ちそうな内容は控える】です。「福利厚生が充実しているから志望しました」「新聞が読みたいので志望しました」「配達する地区が自宅から近いので志望しました」といった志望理由だと、企業側は良い印象を持たないでしょう。もし、それが本心だとしても、企業が求めている新聞配達員に沿った志望動機を書くべきです。

一文が長くなりすぎないように気をつける

志望動機を書くうえでの注意点2つ目として、【一文が長くなりすぎないようにする】も挙げられます。一文が長くなりすぎると、企業側が志望動機を読みづらくなるためです。長くなりそうな場合は、文を分けるようにしましょう。また、見やすい文字で書くと、文章が読みやすくなります。

修正テープを使わない

志望動機を書くうえでの注意点3つ目には、【修正テープを使わない】ことが挙げられます。修正テープで訂正された志望動機だと、企業は良い印象を持ちません。間違えた場合は、逐一書き直すようにしましょう。あらかじめ鉛筆で下書きをしておくと、書き間違いを減らせるでしょう。

志望動機作成に役立つジェネレーター

志望動機を作成する際に、「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。

新聞配達員の志望動機例文2つ

例文①

新聞配達のアルバイトの経験がある人の例文をご紹介します。

例文①

私は高校時代、新聞配達のアルバイトを2年間していました。アルバイトには、誤配をせず時間内に配りきれるように、緊張感をもって取り組みました。毎朝3時に起きていたため、早起きは得意です。高校時代に原付バイクの免許を取得したため、バイクでの配達もしていました。このアルバイトでの新聞配達の経験を活かしたいと思い、貴社に志望させていただきました。

例文②

つぎに、運動部に所属して体力がある人の例文をご紹介します。

例文②

私は学生時代、バスケットボール部に所属しておりました。部活動での練習のほかに、毎朝3kmのランニングを部員と続けていたため、体力に自信があります。また、部活動を通して、チームワークやコミュニケーション能力を培うことができました。私は、社員の方々とコミュニケーションを取り、連携しながら、貴社の新聞を購読者に届けたいと思っています。新聞配達は未経験ですが、持ち前の体力やコミュニケーション力を活かしたいと思い、志望いたしました。

新聞配達員の志望動機は具体的にわかりやすく書こう

本ページでは、新聞配達員の仕事内容や志望動機の書き方のコツ、注意点や例文などをご紹介しました。新聞配達員は【早起きが得意な人】や、【体力がある人】が向いているといえます。新聞配達員の志望動機を書く際は、新聞配達への意欲を、具体的にわかりやすく書くと良いでしょう。数字で表すと、企業側に伝わりやすいです。また、【一文が長くなりすぎない】【修正テープは使用しない】ことにも、気をつけて作成してください。例文を参考に、新聞配達の意欲を盛り込んだ志望動機を作成しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Bc13609351f58bdb

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】